2019.04.20

モーニング娘。'19のコンサート@オリックス劇場に行ってきた

2019年4月14日、オリックス劇場にて行われたモーニング娘。'19のコンサート「Best wishies!」に行ってきた。先月(3月24日)のNHK大阪ホール以来2回目の参戦である。

20190414mm191

開場時間に合わせて現地に到着。場内に入り指定された席へ向かう。今回の席は2階のほぼ中央前寄り、ステージまでの距離感はNHK大阪ホールの時より近く感じる。
開演を待っていると、いつものハロプロ関連CMに続いて、オープニングアクトとしてLovelysが登場、「ドレドレ」で会場を盛り上げる。
開演前のBGMには前回同様「U.S.A」などボーカル入りの曲に加えて、オルゴールによる「星に願いを」なども流れていた。
そして、いつもの注意Vが流れ、18時ちょうどいよいよ開演である。
以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・セットリストは先月と同じ。
・最初のMCで石田亜佑美さんから「暑い!」との言葉。確かに熱気がすごい。
・羽賀朱音さんよりこの公演はチケットが完売したとの報告!
・石田さんから、一人が1.2倍の力を出せばすごいエネルギーになると客席をあおり、この後の声援がさらに大きくなる。
・次のMCコーナーでは、加賀楓さんがバースデーイベントの練習でカラオケに行ったときに、前の人の履歴を見てしまうという話からはじまる。
・続いて野中美紀さんが履歴を見ていたらモーニング娘。の曲が続いていて、どこかで見覚えがあるなと思ったらツアーのセットリストそのままだったという話。
・さらに羽賀さんも履歴を見てハロー!プロジェクトの曲が並んでいて見覚えがあるなと思ったら、前日自分が歌っていた同じ部屋だったという話(笑)
・話の展開がうまい!
・牧野真莉愛さんはおばあさんの影響で演歌を歌うそうで、デュエット曲は一人二役をやる。
・ということで、「3年目の浮気」を実演。ちなみにカラオケデビュー曲は「雨の慕情」とのこと。
・さらに加賀さんのセリフ入りの歌が聞いてみたいということで、「大阪恋の歌」の冒頭セリフを実演(カラオケ担当牧野さん)。
・チャレンジアクト、メドレーを挟んでのMCは、全員で深呼吸とストレッチからはじまる。
・小田さくらさんが昨日あった面白い話をすると言い出す。
・石田さんが「面白かった話するって!」と煽ってハードルを上げる(笑)
・昨日ストレッチの時のBGMがアントニオ猪木さんの曲(「炎のファイター」と思われる)がかかっており、それに対して佐藤優樹さんが「今の曲ってさあ、6,5,4,3,2,1,ダー!の人?」
・ハードル上げられたけど確かに面白かった(笑)
・次の曲へ向けてのあおりで「2階席3階席の皆さん、元気ですかー!」「1階席の皆さん、もっともっとテンション上げていけますかー!」「1,2,3,ダー!」
・ここはプロレス会場か?(笑)
・最後まで盛り上がり続けて、本編終了。
・アンコール1曲目の後の各メンバーからのコメント、印象に残ったものをいくつか。
・牧野さん、今日のヒーローは僕じゃありません、みんなです!やったぜ!明日も勝つ!
・小田さん、今回のベストアルバムの中で「ペッパー警部」以外の曲は7年間ですべて披露している。
・佐藤さん、「What is Love?」の「Is it necessary?」パートについて野中さんの発音が良すぎて、恥ずかしくなってきたので、卒業前に英語を習いたい、悔しいと思ったので・・・いや、やっぱやんない、今年嘘つかないと約束したので。
・ライブ中もそうだったのだが、ここのMCでは特に声の調子がよろしくなかった佐藤さん、これ以上ひどくならないとよいのだが・・・。
・石田さん、階段の空間に人を入れないのだろう、もったいないと思って、スタッフさんになぜあそこに階段作らなくっちゃいけないですかと聞いたら「うん、消防法だね」(笑)でもそれくらい今の私達、私を見てもらいたいと欲が出たコンサートだった。
・生田さん、チャレンジアクトのMCでハロプロ研修生の米村姫良々さんのお姉さんといわれなかったことに対してくやしかったし、今後の目標にしたいとのこと(ちなみに米村さんは野中さんと回答)。
・譜久村さん、コンサートが「夢の国」でありたい。こんなハードな夢の国なんてない、世界に一つだけ。
3週間ぶりのコンサート参戦だったが、今回も大変楽しむことができた。GW期間中もハロプロの他のグループのコンサートへの参戦を予定しているので、今からとても楽しみである。

| | コメント (0)

2019.04.06

「ひなフェス2019~アンジュルムプレミアム」&「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2019」へ行ってきた

2019年3月31日、千葉県の幕張メッセで行われた「ひなフェス2019~アンジュルムプレミアム」と「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2019」に行ってきた。
今回のひなフェスは、3月30日の昼公演でモーニング娘。OGの辻希美さんと加護亜依さん(二人合わせて「W(ダブルユー)」)、さらには鞘師里保さんも出演されるということでこちらの公演もぜひ見たかったのだがチケットが取れず、さらに同日夜公演の「Juice=Juiceプレミアム」、3月31日夜公演の「モーニング娘。プレミアム」も取れず、何とか31日昼公演の「アンジュルムプレミアム」を確保しての参戦となった。
まずは3月30日の夕方にJALの便で東京入りし、都内のホテルで一泊。

Img_5355

翌日3月31日、電車を乗り継ぎ幕張メッセへ向かい、直接「ひなフェス」会場へ。

Img_5369

指定された席は、花道に囲まれた一角。花道は比較的近いが、ステージはかなり遠い。さらに席はパイプ椅子で、両隣が結構体格のいい方だったため、かなりの圧迫感でライブ参戦環境としてはかなり厳しいものであった。
開演前にはオープニングアクトとしてカレッジコスモスが「夢は意地悪」を披露。
いつもの注意Vが始まったのは開演予定時刻の11時、その後ハローのテーマのインストで会場が盛り上がる中、11時5分いよいよ開演である。
以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・1曲目はアンジュルムの新曲「恋はアッチャアッチャ」
・最年少メンバー3人がいいパートをもらっているなと感じた。
・MCでは5月15日に3枚食いのアルバムが発売されるとの発表があった。これはとても楽しみ!
・2曲目は「マナーモード」、自席の近くでパフォーマンスを見ることができた。
・ここで和田彩花さん(アンジュルム)と譜久村聖さん(モーニング娘。'19)の2人が登場し、ひなフェスについての簡単な説明。
・続いて3曲目にハロプロ研修生「目立ってDo Dance」
・続いてはBEYOOOOONDSのブロック。
・4曲目はCHICA#TETSU「都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて」5曲目は雨ノ森川海「GIRL ZONE」
・メンバーの自己紹介の後、6曲目は「アツイ!」
・後半のエアギターのところで、なんと宮澤茉凜さんが生ギター演奏で登場!これはかなり「アツイ!」
・続いてはつばきファクトリーのブロック。
・7曲目は「ふわり、恋時計」
・MCを挟んで8曲目は「春恋歌」、そして9曲目に「今夜だけ浮かれたかった」で会場大盛り上がり!
・続いてはカントリー・ガールズのブロック。
・10曲目は「革命チックKISS」
・MCでは小関舞さんが今回はステージ移動がないので「ひな!」「フェス!」のコールアンドレスポンスができないことを嘆く。
・しかし、山木梨沙さんの計らい(?)で移動せずに「ひな!」「フェス!」実施。
・11曲目は「書いては消してのI Love You」梁川奈々美さんの「もうかれこれごどくじかん(5,6時間)」は船木結さんが、「まるでやじろべえ」は森戸知沙希さんが受け継ぐ。
・「まるでやじろべえ」のパートはエコーのエフェクト部分に梁川さんの声が・・・「気ままな片想い」のももち先輩のコーラスのようにこれからも残っていくのだろうか。
そして12曲目に定番「浮気なハニーパイ」
・続いてはこぶしファクトリーのブロック。
・13曲目は4月24日発売の新曲から「Oh No 懊悩」作詞は児玉雨子さん、作曲は星部ショウさん。
・MCを挟んで14曲目は4月24日発売の新曲から「ハルウララ」何度聞いても生のハモリが心地よい。
・15曲目は「サンバ!こぶしジャネイロ」ちょっと意外な選曲でびっくり。
・16曲目は全員で「桜ナイトフィーバー」、最初の「夜は眠りたい」はアンジュルム伊勢鈴蘭さん、「理解者少ない」はJuice=Juice稲場愛香さん、「桜もこぶしも咲き誇れ」はBEYOOOOONDS里吉うたのさん、最後の「夜は眠りたい」はこぶしファクトリー井上玲音さんが担当。
・つばきファクトリー小片リサさんとBEYOOOOONDS高瀬くるみさんのMCでシャッフルコーナーの紹介へ。
・17曲目、ソロ曲はBEYOOOOONDS平井美葉さん「ブギウギLOVE」(カントリー・ガールズ)
・とても緊張しているのが伝わり、途中苦しそうな部分もあったが無事に歌いきる。
・18曲目は5人組ユニットCOOOOOUNGERME。で「最高ミュージック」(℃-ute)
・メンバーは、中西香菜さん、川村文乃さん(以上アンジュルム)、森戸知沙希さん(モーニング娘。'19兼カントリーガールズ)、小関舞さん(カントリー・ガールズ)、里吉うたのさん(BEYOOOOONDS)
・続いてはJuice=Juiceのブロック。
・19曲目は「Fiesta!Fiesta!」
・MCを挟んで20曲目は「微炭酸」、21曲目は「Borderline」
・続いてはモーニング娘。'19のブロック。
・22曲目は新曲「青春Night」
・MCを挟んで23曲目は「泡沫サタデーナイト!」最後のサビでアンジュルムの新曲「恋はアッチャアッチャ」の振り付けを取り入れる。
・24曲目は「I surrender~愛されど愛~」
・竹内朱莉さんと室田瑞希さん(以上アンジュルム)の2人によるMCでは、「泡沫サタデーナイト」での「恋はアッチャアッチャ」の振り付け取り入れについて触れ、自分たちではあんなに早く動かせないといったようなことを言っていた。
・続いては各グループによるアンジュルム楽曲の披露。
・25曲目はカントリー・ガールズ&こぶしファクトリーで「タチアガール」
・26曲目はつばきファクトリー&BEYOOOOONDSで「キソクタダシクウツクシク」
・27曲目はモーニング娘。'19&Juice=Juiceで「旅立ちの春が来た」
・稲場さんの振りでアンジュルムブロックへ。
・28曲目は「I 無双 Streong!」5月のアルバムでようやく音源化される模様。
・29曲目は「有頂天Love」
・30曲目は「夢見た15年」元アンジュルム福田花音先生の作詞、振り付けにも過去の曲のものが取り入れられている。
・31曲目は「46億年Love」
・和田さんのMCで全メンバーを呼び込み、最後の曲へ。
・32曲目は全員で「夢見る15歳」
・最後は「桜ナイトフィーバー」のインストでメンバーがはけ、最後にアンジュルムが一礼して終了。
約2時間のステージは大変楽しかったのだが、狭い座席で体が固まった状態になり、よろけながら会場を出て、隣の「SATOYAMA&SATOUMI」会場へ向かう。

Img_5361

すると、どこかで聞いたことのある声と曲が聞こえてくる・・・それは中島卓偉さんの歌声!歌っていたのは名曲「My Days for You」、最後のほうだけだが聴くことができた。
先日ハロー!プロジェクトを中心とした女性アーティストに提供した楽曲を集めたアルバムを発売され、5月には横浜でライブをされるそうなので、スケジュールが合えば参戦したい。
いろんな出展ブースはものすごい人だかりで近づくのも難しく、dtvチャンネルのブースに立ち寄り、ステッカーと加入で参加できるガチャに挑戦などしてから幕張メッセを後にした。

Img_5364
幕張海浜駅から電車に乗り込み、帰宅の途へ・・・とはいかず、秋葉原へ向かい、久しぶりにハロショ秋葉原店へ。
Img_5370

展示されている梁川奈々美さんの卒業ライブの衣装を拝見し、再び電車を乗り継ぎ羽田空港へ向かい、往路と同じくJALの便で帰宅の途へとついた。

Img_5380
今回は4公演開催のうち1公演しか参戦できなかったのは残念だったが、あのパイプ椅子で複数公演参戦していたら、もっと体はボロボロになっていたと思われるのでこれくらいでちょうどよかったのかもしれない。
といいつつ、この後本当に体調を崩してえらい目に遭ったので、来年の参戦は・・・あれ?来年って開催されるのだろうか?そういえば何の予告もなかったような気がする。
五輪イヤーでもあるし、もしかしたら・・・なのかもしれないが、もし開催されるようであれば、出来る範囲で参加できればと思う。

| | コメント (0)

モーニング娘。'19のコンサート@NHK大阪ホールに行ってきた

2019年3月24日、NHK大阪ホールにて行われたモーニング娘。'19のコンサート「Best wishies!」に行ってきた。
20190324mm_bk
開場時間の17時を少し過ぎた頃に会場に到着、場内に入り指定された席へ向かう。今回の席は2階の上手バルコニーやや上部。
開演を待っていると、いつものハロプロ関連CMに続いて、オープニングアクトとしてLovelysが登場。おなじみの(ご本人たち曰く「耳にタコができるくらい聴いてるかもしれませんが」)「ドレドレ」で会場を盛り上げる。
開演まで場内で流れるBGMに「U.S.A」などボーカル入りの曲が使われているのはちょっと珍しい気がする。
そして、いつもの注意Vが流れ、18時ちょうどいよいよ開演である。
以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・オープニングのVTRに過去のCDジャケットが登場、いろいろ懐かしい思いがよみがえる。
・1、2曲目から会場全体の盛り上がりが最高潮まで高まる楽曲で攻めてくる!
・3曲目以降、ちょっと懐かしめの楽曲が続く。'14、'15時代の楽曲の良さに改めて気づかされる。
・MCコーナーでは羽賀朱音さん仕切りでプライベートで来た大阪に関するエピソードなどから、休みの日の過ごし方の話へ。
・加賀楓さん「ガンプラしてればいいかな」
・野中美紀さんが加賀さんを誘う方法は「タピオカ」
・これに対してお台場のガンダムとタピオカならという選択肢に加賀さんの答えは「ガンダム」
・どんだけ好きやねん!(笑)
・ここからもちょっと懐かしめの楽曲が続いた後、ハロプロ研修生によるチャレンジアクト。
・途中から娘。メンバーも加わる!
・1曲挟んでメドレーコーナーへ。ここも直近と少し懐かしめの曲が混在。
・続いて小田さくらさんの仕切りによるMCコーナーで研修生時代の思い出を語る。
・羽賀さんは発表会の時に鼻血を出して順番を変えてもらった話。
・牧野真莉愛さんは℃-ute帯同時のことをドラゴンボールに例える(笑)
・加賀さんは発表会の時にベストパフォーマンス賞を取った話。
・ちなみに生田さんは発表会は必ずチェックするとのこと。
・ちなみに横山玲奈さんは発表会に出たことがない→石田さんの顔芸(笑)
・最後にリーダー譜久村聖さんがきれいにまとめて客席をあおるときに噛む(苦笑)
・ここから後半戦、まずはつんくさんによる新曲!
・さらに盛り上がる楽曲が続いていく。個人的に大好きなあの曲も入っていてとてもうれしい。
・本編ラストもライブで必ず盛り上がる定番曲!
・アンコールは最新シングルからスタート。
・各メンバーからのコメント、印象に残ったものをいくつか。
・横山さん、高校無事卒業を報告。
・加賀さん、アンコールは絶対にもらえるものではないので、いただけるのはありがたい。
・牧野さん、「メジャー」の曲?をハミングで歌う。
・小田さん、昼公演の話で客席でお客さんが口パクで「かわいい」といっているのを始めてみたとの報告。
・石田さん、楽しい感情を与え受け取り合える関係が素晴らしい。
・生田さん、今日はメンバーとの意思疎通が良くできた。
・譜久村さん、体力を使うツアーということで客席とともに体を延ばしたり手足をぶらぶらさせ、あったかい風呂に入ってクールダウンするまでがコンサートですとおっしゃる。
・アンコールラストも少し懐かしい楽曲。この曲のインストでメンバーがはけてコンサート終了。
2019年3月20日に発売された20周年のベストアルバムを引っ提げてのツアーということで、セットリストも個人的にハロヲタに復帰し始めたころの楽曲も多く、いつものツアーよりも楽しめたような気がする。
次は4月14日にオリックス劇場での公演に参戦する予定となっているので、再度楽しみたいと思う。

| | コメント (0)

2019.03.29

北海道&東日本パス+αの旅2019春(4)

旅最終日となる5日目はすすきの駅から地下鉄南北線に乗って南平岸駅へ。
訪れたのはもちろんこの場所。

20190316minamihiragishi01
平岸高台公園である。3月半ばでこんな雪景色の高台公園を見ることになるとは・・・
HTB旧社屋屋上のonちゃんも雪をかぶっていた。

20190316minamihiragishi02
再び地下鉄南北線に乗って大通駅へ。
次に訪れたのはこちら。

20190316htb01
挟まれonちゃんでおなじみ、現在のHTB社屋である。
1階のエントランス部分では、HTBの開局50周年を記念して製作されたドラマ「チャンネルはそのまま!」の展示が行われていた。
20190316htb02
20190316htb05 20190316htb04 20190316htb03 20190316htb06  20190316htb09 20190316htb10 20190316htb08 20190316htb12 20190316htb11 20190316htb13

パネルや小道具、のぼりなど、さらにいつもは「水曜どうでしょう」関連の展示がされているコーナーも「チャンネルはそのまま!」の衣装展示となっていた。
札幌駅へ移動し、千歳線の列車で苫小牧駅へ向かい、日高本線の列車に乗車。

20190316hidaka
現在運転が行われている鵡川駅までを往復乗車した後、新千歳空港へ。
空港内でお土産物を物色し、神戸空港行のスカイマーク便に搭乗、帰宅の途へとついた。

20190316skymark

今回は前半がいつものように朝から晩まで鉄道乗りまくりになったものの、中盤あたりから少し控えめに、後半にはレンタカーを組み込み、最終日はかなり余裕を持った行程を組んでみた。
それでもまあ「乗るのがメイン」の旅であったことに変わりはない。次こそはもう少し乗るのを控えめにした旅をしたいと思う・・・。

| | コメント (0)

2019.03.28

北海道&東日本パス+αの旅2019春(3)

旅3日目は秋田駅から奥羽本線の列車に乗って青森駅へ。

20190314ouu
青森駅からは青い森鉄道の列車に乗って野辺地駅へ。

20190314aoimori
野辺地駅からは大湊線の列車に乗って大湊駅までを往復乗車。

20190314oominato 20190314oominato_station
再び野辺地駅から青い森鉄道の列車で青森駅へ戻りこの日は青森駅近くの宿で一泊。
この日の乗車距離は391.8kmとそれなりの距離だったのだが、乗り換え回数も少なく疲れはあまりなかった。
旅4日目は青森駅から奥羽本線の列車に乗って新青森駅へ。

20190315oou
ここからは「北海道線特急オプション券」を使い、北海道新幹線「はやて」で新函館北斗駅へ。20190315hayate
新函館北斗駅からはレンタカーを借りて、旧江差駅に立ち寄り。

20190315esashi_station
その後、旧松前線の松前駅や線路跡を見ながらドライブ。

20190315matsumae_station01 20190315matsumae_station03 20190315matsumae_station02

20190315matsumae04 20190315matsumae05
さらに、茂辺地北斗星広場に立ち寄り、寝台特急北斗星に使用されていた車両を外部から見学。

20190315hokutosei01 20190315hokutosei02

夕方、函館駅でレンタカーを返却し、特急「スーパー北斗」に乗車。

20190315superhokuto
乗車前に駅近くのお店で購入した「ラッキーピエロ」のハンバーガーを食べながら札幌駅へ。

20190315luckyp
札幌駅からは地下鉄に乗ってすすきの駅へ向かい、狸小路沿いの宿で一泊となった。
この日の乗車距離は471.4km、レンタカーの移動距離も200km越えで今回の旅では最も疲れを感じた1日であった。

| | コメント (0)

2019.03.27

北海道&東日本パス+αの旅2019春(2)

旅2日目、まずは新庄駅から陸羽西線に乗って余目駅へ。

20190313rikuuwest
余目駅からは羽越本線の列車に乗り、途中酒田駅で乗り換えて羽後本荘駅へ。

20190313uetsu1
羽後本荘駅からは由利高原鉄道に乗る。
乗車した車両は2018年7月から運行を開始した「おもちゃれっしゃ なかよしこよし」

20190313yuri1
車内は木をふんだんに使い、木のおもちゃで遊べるスペースなども設置されている。

20190313yuri2
終点の矢島駅で折り返しの列車を待つ間、駅の待合室で待っていると、矢島駅売店のまつ子さんから桜茶をいただく。
約10年ほど前にも来たことがあることや(その時の記事はこちら)、その他いろいろとお話しさせていただいた。
折り返しの列車に乗り込むと、ホームからこんなお見送りをしていただいた!

20190313yuri3
ありがたいなあ・・・また訪れなければと思いながら、矢島駅を後にする。
車内では先ほど矢島駅で購入した「鮎めし」をいただく。

20190313yuri4
羽後本荘駅からは羽越本線の列車で秋田駅へ向かい、さらに男鹿線の列車に乗り、男鹿駅へ。

20190313oga0120190313oga02
男鹿といえば「なまはげ」である。駅構内や周辺にはたくさんの「なまはげ」がいらっしゃる。20190313oga03 20190313oga04

20190313oga05 20190313oga06
そんな「なまはげ」を見たり、近くの道の駅で時間を過ごしたのち、秋田駅へはこの列車で戻る。20190313oga08 20190313oga09
交流用の蓄電池駆動電車「ACCUM」EV-E801系である。
車内にはモニターが設置されており、電気の利用状況が分かるようになっている。

20190313oga10 20190313oga11
秋田駅からは別料金を支払い、秋田新幹線「こまち」で大曲駅まで乗車。

20190313komachi
その後普通列車で秋田駅へ戻りこの日は秋田駅近くの宿で一泊となった。
新庄駅から秋田駅まで、この日の乗車距離は388.2km、2日目もハードな行程であった。

| | コメント (0)

2019.03.26

北海道&東日本パス+αの旅2019春(1)

2019年3月11日のライブ参戦(記事はこちら)に合わせて、会社の連続休暇制度を使って旅に出た。  
ライブ終了後、りんかい線の電車に乗り込み、大宮駅で下車。駅前のバス停から乗車したのはこちら。2019031112bus
越後交通の深夜バスである。グッズ購入からライブ本番終了後まで長時間立ちっぱなしで疲れ切った身を3列シートの座席にゆだね、乗車すること約6時間、早朝の新潟駅に到着。

20190312niigata_station
新潟駅といえばやはりこの場所だなあ。
新潟駅からは「北海道&東日本パス」を使う。まずは信越本線の列車に乗り込み、新津駅へ。

20190312shinetsu
新津駅からは羽越本線の列車に乗り込み、坂町駅へ。

20190312uetsu

坂町駅からは米坂線の列車に乗り込み、米沢駅へ。

20190312yonesaka
米沢といえば、やはり米沢牛!

20190312yonezawa_staion

というわけで、駅のそば屋で牛丼をいただく。

20190312yonezawa_gyudon
米沢駅からは別料金を支払って山形新幹線「つばさ」で赤湯駅へ。

20190312tsubasa
赤湯駅からは山形鉄道に乗って終点の荒砥駅まで往復乗車。

20190312flowerline
再び戻ってきた赤湯駅から山形線の在来線で山形駅へ。

20190312yamagataline
山形駅からは左沢線に乗って終点の左沢駅まで行き、折り返して北山形駅へ。

20190312aterazawa
北山形駅からは仙山線に乗って仙台駅へ。

20190312senzan
仙台といえば、やはり牛たん!というわけで駅ビル内で牛たん定食をいただく。

20190312gyutan
仙台駅からは東北本線に乗って小牛田駅へ。

20190312tohoku
小牛田駅からは陸羽東線に乗って途中鳴子温泉駅で乗り換えて新庄駅へ。

20190312rikuueast
この日は新庄駅近くの宿で一泊となった。
新潟駅から新庄駅まで、この日の乗車距離は496.7km。初日からかなりハードな行程であった。

| | コメント (0)

«カントリー・ガールズ/Juic=Juice梁川奈々美さんの卒業ライブ@Zepp Tokyoに行ってきた