2019.11.20

演劇女子部「リボーン〜13人の魂は神様の夢を見る〜」を観てきた

2019年11月16日、こくみん共済coopホール/スペース・ゼロにて行われた演劇女子部「リボーン〜13人の魂は神様の夢を見る〜」を観てきた。
2011年にモーニング娘。が出演した舞台の再演で今回はこぶしファクトリーとBEYOOOOONDSが出演するということで、気になりながらもファンクラブ先行ではチケットを押さえず、今回は見送りかなあと思っていたのだが11月16日・17日の土日にLovelysのイベントスケジュールがないことが分かったため、チケットを購入し観に行くことにした(すっかりLovelys中心の生活である)。
当日は伊丹空港からJALに搭乗。

Dsc_1125_2
Dsc_1135

先日就航したボーイング787−8で、個人用モニターに映し出される飛行ルートを見ながらあっという間に羽田空港に到着。エンジンの音も静かで、耳の違和感もなし、帰りの飛行機も同機種の予定なので楽しみにしながら、京浜急行に乗り換え、大門駅から都営大江戸線に乗り換えて新宿駅へ。歩くこと数分で会場に到着。

Dsc_1149

ロビーまで入り、パンフレットやDVDマガジンなどを購入し、待つことしばし、ようやく自分の席へ。下手側の中央よりやや後ろ、舞台全体が見渡せるまずまずの席である。
開演時間が近づくに連れて埋まっていく座席、しかし自分の1列前の席は空いたままで開演の時を迎えた。以下、いつものように箇条書きで。
・小林萌花さんの生ピアノが思った以上にたっぷり聴ける!
・平井美葉さんのダンスに目を奪われる!
・浜浦彩乃さんの天真爛漫さ!と対象的な井上玲音さん!
・その他メンバー一人ひとりに見どころがあっていくつ目があっても足りない!
・その他にも触れたいところは多々あるのだが、ネタバレになってしまうので割愛。
観劇後は、電車を乗り継いで羽田空港近くのホテルへ。日付け変わって11月17日の午前2時10分からテレビ東京で放送された「新shock感」という番組にLovelys八木沙季さん(以下さきぴょん)が出演するのを見届ける。初出演ということもあってか、「うぱぎ」いじりや元よしもと(元つぼみ)の話、現在アップフロント所属に対して司会の山里亮太さんから「よかったねー」と言われ「最高の移籍」などというテロップも出されるなどかなりの高待遇であった。次週も出演とのことなのでぜひ見てみたいところではあるが、他の系列局では放送されていない(放送内容からするとテレビ東京のローカル枠パブ番組と思われる)のが残念。
午前3時過ぎに就寝し、4時間ほど寝た後起床。身支度を整え、ホテルをチェックアウトし、送迎バスで羽田空港へ向かい、往路と同じくJALのボーイング787−8に搭乗。

Dsc_1152

睡眠不足を解消すべく離陸直後から着陸まで爆睡し、伊丹空港から帰宅の途へとついた。
2019年11月18日、ニコニコ生放送で放送された「リボーン」の上映記念SP番組で、モーニング娘。が上演した舞台の一部分を観ることができた。実際の舞台とパソコンの画面で観る舞台映像では伝わってくるものが全然違うことは十分分かっているつもりだが、やはり今回生で観た舞台の方が圧倒的に良く、観に行くことができて本当に良かったと改めて思った。

| | コメント (0)

2019.11.16

Lovelysクワトロワンマン成功企画「Lovelys3周年イベント」に行ってきた

2019年11月15日、ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ大阪店(以下ハロショ大阪店)にて行われたLovelysクワトロワンマン成功企画「Lovelys3周年イベント」に行ってきた。


Dsc_1119

2016年11月15日、Lovelysが2人組として再スタートを切った日からちょうど3年となるこの日のイベント、いつものように仕事を終えて急いでハロショ大阪店へ向かい、整理券を引くとなんとまさかの1桁!カントリー・ガールズのラストライブ、年末のハロプロカウントダウンのチケットと連敗続きだったチケット運がここで爆発するとは・・・開場時間も近かったので3階へあがると、平日にも関わらず大変多くの参加者が待機している。開場時間となり、4階へあがり最前列の空席に着席。この場所で約1時間、極度の緊張感の中イベントを観なければならない(苦笑)
待つことしばし、19時を少し回ったところでイベントがスタート。
以下、いつものように箇条書きで。
・衣装は3年前にも着用していた衣装。ということは、3年前のモーニング娘。’16のコンサート(2016年11月23日)のオープニングアクトのときと同じ。そこで自分もLovelysというグループを知ってから3年だということに改めて気づく。
・1曲目は「いいことある記念の瞬間」モーニング娘。のアルバム「4thいきまっしょい」に収録されている楽曲である。このアルバムはハロー関連で初めて購入したCDということもあり何度も何度も繰り返し聴いていたことを思い出した。
・最初のMCは近況報告中心。クアトロワンマンライブに向けての準備で撮影したりラジオの収録をしたりなどしているとのこと。
・次の曲の準備に入り立ち位置を移動する中、しゃべる立ち位置が3年間で染み付いたという話をする2人。歩くときもジェットコースターに乗るときもご飯食べるときも同じ位置にいる。
・次の曲は「この曲が珍しくなるなんて」と言ったりーたんさんに対してポロリ曲名を言ってしまうさきぴょん(笑)。オープニングアクトの時に曲名だけでクスクス笑い声が起きる曲ってある?でも、先日の娘。コンでオープニングアクトがなかったことに「おらんのや」という反応があったことが嬉しかった。というわけで2曲目は久々の「ドレドレ」
・続いて3曲目「愛の意味を教えて」は2人になった時に初めてカバーした曲。その頃のことを思い出して緊張する。「ドレドレ」で出だし失敗したことも思い出した。3年前のLFPの前、初ステージはひらパーのライブ。振り付けも2人用に変わって大変だった。OAに出られるようになったのも1年目。
・最初はりーたんさんに対して敬語を使っていたさきぴょん。りーたんさんいわく、ここまで仲良くなかった(笑)今はプライベートも一緒に過ごす何でもお互い知ってる友達みたい。何考えてるかも分かる。さきぴょんが眠いのも分かる。最近はkbやんにも「八木さん眠いでしょ」と指摘される(笑)2年目はCD出せてラジオ始まってOAみてライブに来てくれる人が増えた。
・ハローのメンバーとも仲良くなった。娘。生田さんとはラジオの公開収録を通じて仲良くなった。TIFや@JAM、アイドル横丁、音霊などのアイドルフェスに出ることができた。
・内部事情で言うと東京のスタッフさんがLovelysのことを知ってくれるようになった。以前はハロプロとの関わりもあまりなかったのだが、この間東京の事務所に行ったときに「お、Lovelys!」と声をかけてもらえた。
・「梨緒アップフロントや!」と10年目でやっと感じたというりーたんさん。
・今年は150人動員企画でクワトロワンマンも決まり、シングルも出せるようになった。それまで100人いかなかった定期ライブに、今年のりーたんじょうびはりーたんさんの体調不良で手売りできなかったのに150人動員できた!
・この1年で今まで出会ってなかった方に手売りなどで出会うことができたのが大きい。そのうちの1人が私なのだが。
・大人になってからの3年はあっという間だけどこの3年間はものすごく濃い3年間だった。ハロショイベントも平日でこんなに来てくれるようになった。クアトロにも来てくれたらいいねんけど。さきぴょん「人っていっぱいおるのに何でワンマンには来てくれないの?」
・6歳のりーたんさんの弟が「(りーたんさんの妹は5月生まれで)なんでねえねは8月生まれなのにお姉ちゃんなの?」という質問と一緒だと同列に扱われる八木沙季さん26歳(笑)
・「愛の意味を教えて」の歌詞から、たこ焼きにはソースとマヨをかけるさきぴょんに対して「塩とマヨ」のりーたんさん。サラダにもドレッシングかけないのは「私素材楽しんでます感出てる」というさきぴょんにお怒りのりーたんさん。
・小分けにされたお弁当が好きなりーたんさんに唐揚げ!コロッケ!エビフライみたいなお弁当が好きなさきぴょん。すき家で10分迷った挙げ句きのこのメニューがなかったことにクレーム、入ったときに言うといて!、昨日上着を来てこなかったさきぴょん、元町でコートを探すもニットの目が荒いカーディガンを買うが結局着用せずなど3年間の振り返りが直近の振り返りに(笑)
・続いて新曲「一発逆転」を披露。間違いたくないのでざわつかない、手は膝に、お口チャックで清聴。最初のフレーズのインパクト大!そんなん歌にするんですか?これはLovelysにしか歌えないわ。番組の企画とかで使えそう。
・続いて「戦う大人」のMV先行公開!歌詞の世界をうまく表現できていて何度も見たくなるような仕上がり。二人の理想が実現したこだわりのMV、19日にUPされるとのことなのでとても楽しみ。
・ハロショイベント、タワレコイベントの告知に続いて、さきぴょんのテレビ東京「新Shock感」出演告知。先日の東京遠征でりーたんさんと別仕事というのはこの番組のことだった!東京のスタッフさんいわく「30点(の出来)」だったとのこと。
・ラジオ関西「さしよりからし蓮根」出演などの告知に続いてじゃんけん大会。さすがに「連勝」は無理。
・この3年間はいいことばかりではなかった、4年目も悔しいことがあるかもしれないけど負けずに二人で足を這いつくばって(笑)がんばっていきたい。粘り強く納豆のように。
・若いアイドル出てくるけど!BEYOOOOONDSかわいいし、ほまたんかわいい。でも私達の良さもある。みなさんにももっといい景色を見ていただきたい、4年目もよろしくお願いします。感謝の気持ちを込めて「スーパーマン」
・ラストは「OH YEAH」「Lovelysホントはね」の後は「4年目も頑張ります!」でイベント終了。
終演後の物販は大行列!極度の緊張で背中や肩や腰に痛みを感じながら並ぶのは結構疲れた(苦笑)写真も最初に用意されていたものは完売し、別の写真を購入。合わせてペンライトも購入した。
さきぴょんの干支当てクイズはまたもやはずれ(笑)明日東京へ「リボーン」観劇に行くので「新Shock感」も観られることを伝える。りーたんさんへのクイズ、2人回答(松浦亜弥さん、柴田あゆみさん)もはずれ。まずはOGからという攻め方が果たしてどう出るか。
ヒントは「今日のカバー曲」さて、次回の回答につながるかどうか。

| | コメント (0)

2019.11.14

ハッピーちゃんいらっしゃいSP! vol.26@大阪RUIDOに行ってきた

2019年11月12日、大阪RUIDOにて行われた「ハッピーちゃんいらっしゃいSP! vol.26」に行ってきた。Yes Happy!(以下イエハピ)さんのさやかさんの誕生日当日(9月10日)に行われた「~山田大勝利ナイト!!~」(記事はこちら)以来の大阪RUIDOさんでのライブである。

Dsc_1117_2

当日は仕事を定時で終え、地下鉄に乗って心斎橋駅から大阪RUIDOへ。取り置き列に並び入場し、前回同様前方の壁際に場所を確保し待つことしばし、まず登場したのはYes Happyの「血のつながった妹」ことミケネコカンパニー研修生によるオープニングアクト。パフォーマンスもMCも会場全体が「暖かく見守る」雰囲気の中、次はいよいよLovelysの登場である。以下、いつものように箇条書きで。
・SEに続いて登場したLovelysのお二人、1曲目は「Merry-Go-Round」
・MCでは八木沙季さん(以下さきぴょん)が某回転寿司にて110円ぼったくられた話。
・お会計の金額が1枚分合わなかったとのこと。
・でもその110円を支払ったのは宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)
・皿のカウント数は信じてはいけない、でも美味しいから行ってほしい(笑)どっちやねん!
・研修生の初々しさに対して、「りーたんは最初っからフレッシュじゃなかった」とイエハピのさやかさんから言われたというりーたんさん。
・りーたんさんのオーディションのときに受付をしていたラブリーさんに確認したところ、「うーん」と頭を抱えていたとのこと(苦笑)
・一方さきぴょんのオーディションのときは芸歴が4,5年あったにも関わらず初々しさがあったとのこと(笑)
・そんな25歳と26歳の2人がこの度発売する1stシングルの中から今日は持ち時間が長いので7分近くある曲を披露。
・2曲目は「ロンリネスロード」
・歌い終わってさきぴょんが一言「誰も出ていかなかったね」(笑)
・梅田クラブクアトロワンマンライブ、ハロショイベント、タワレコイベントの告知を挟んで、1stシングルからもう1曲ということで「社畜コール」の説明と練習。ちょっと説明がくどくなったような気がする(笑)でもそれくらいでいいかも。
・3曲目は「戦う大人」ショートバージョン
・続けて4曲目は「低温火傷」(つばきファクトリー)この歌が似合う季節になってきたなあ。
・更に続けて5曲目は「お願い魅惑のターゲット」キターーーー!!
・ラスト6曲目は「OH YEAH」
・「Lovelysホントはね」の後は「110円返して!」
以上でLovelysの出番は終了。その後カラフルスクリームさん、Yes Happy!さんの出番があり、ラストは出演者全員がステージ上で挨拶して終了。
終演後の物販では、りーたんさんへ新クイズ(ハロメン&ハロOGで好きな人ベスト5)を出題。初回サービスとして3名(安倍なつみさん、保田圭さん、加護亜依さん)を回答も残念ながらはずれ。人数も多いし、いわゆる「エース」とか「センター」のメンバーではないので正解まではかなり長い道のりになりそう(それを狙っているわけだがw)。
さきぴょんの干支当ては今回もはずれ。ここまで来たらあえて最後まで当てないことを狙ったほうが逆にすんなり当たるのかもしれない(苦笑)

| | コメント (0)

2019.11.10

Lovelysクアトロワンマン成功企画「宮崎梨緒プロデュース公演」に行ってきた

2019年11月9日、ハロープロジェクトオフィシャルショップ大阪店(以下ハロショ大阪店)にて行われたLovelysのイベントに行ってきた。梅田クラブクアトロワンマンライブ成功に向けて毎週行われているこのイベント、今回は宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)のプロデュース公演である。11月5日にハロープロジェクトオフィシャルショップ秋葉原店(以下ハロショ秋葉原店)で行われたソロイベントから始まった「ハロショツアー」もこの日がファイナルである(笑)
当日は午前中にブログ記事を2本書き上げた後に家を出てハロショ大阪店へ行き、参加整理券を手に入れる。

Img_20191109_134613

その後周辺の電気屋などを徘徊、時間を潰した後ハロショに戻り、番号順に4階へ。今回は壁際の席を確保することができて一安心。待つことしばし、いよいよイベントがスタートする。以下、いつものように箇条書きで。
・1曲目はまさかの「candy pop love」をLovelysの2人で!
・先日のハロショ秋葉原店では2番の歌詞を飛ばしてしまったりーたんさん、今回はきちんと歌う♪
・衣装は「不思議の国のアリス」の白うさぎ(りーたんさん)とアリス(八木沙季さん、以下さきぴょん)。二人になってすぐのハロウィンのイベント(3年前)のときに着用したものとのこと。
・最初のトークでは先日千秋楽を迎えた舞台「魔界煉獄プルガトリオ」の話をたっぷり。
・お二人だけでなく他の出演者の方も「ロス」に陥っているとのこと。
・さきぴょんがりーたんさんに対しての嫉妬がすごい話はどこかで聴いたなあと思ったら「ドレドレ10ミニッツ」(#82)で同じような話をしていた(笑)
・壁ドンの写真はさきぴょんの提案なのにりーたんさんが先に掲載したことにクレームをつけるさきぴょんなど。
・ハロショ秋葉原店でのソロイベントは5人くらいしか来ないと思っていたら40人ぐらい来てくれた。
・AbemaTV「矢口真里の火曜TheNIGHT」はずっと前から出たかったとのこと。
・矢口さんに存在を知ってもらえたことが嬉しかった。
・生放送よりも矢口さんに対して緊張した。
・放送終了後は渋谷に行ったが「パリピ」がいっぱいいて、kbやんが大変だったらしい(笑)
・その後カラオケに行ったがさきぴょんはほぼ寝ながら歌っていたとのこと。動画もあるらしいが載せられない、10年後なら公開OKとのこと。
・カラオケでは次の日のライブのセトリを練習。やっぱり真面目なんよねえ。
・かなり長いトークコーナーの後、東京で一人で歌った曲を2人で歌うということで2曲目へ。
・2曲目は「もしも・・・」続いて3曲目は「私の魅力に気づかない鈍感な人」
・クアトロワンマンライブの目玉の一つはグッズ(複数)とのこと。
・映像コーナーも体を張っているとのこと。
・今回のライブは二人の今までのアイドル人生の集大成であり、この先続けていくためのものでもある。
・間違いなくここ(クアトロワンマンライブ)がターニングポイントになる。そんな大事なところを現場で観ることができるのはなんと幸せなことか!
・チケット持っている人は1人友人を連れてくるようにとのお達しあり・・・ごめんね、それだけは無理です、友達いないから(苦笑)
・続いて今回のプロデュース公演の目玉「パートチェンジ」へ。
・4曲目「スーパーマン」続けて5曲目「OH YEAH」
・「あえて練習してない」ことを強調する2人(笑)
・お互いのパートをちょっと茶化すような歌い方があったり(笑)、気がついたらいつもの自分のパートを歌っていたり、客席からも笑いが起こる。
・それに対して「やってみーや!」とお怒りのお二人(笑)すみません、できないです(謝罪)。
・ドレドレ♡Lovelysの新コーナーは、ばんばひろふみさんからの提案でできたコーナーとのこと。実際聴いてみたがこれはかなり面白かった!
・今後のハロショイベントの告知では15日は新曲披露ともう一つなにか目玉があるっぽい。
・じゃんけん大会ではまさかの勝利!ありがたいことにりーたんさんの写真をいただくことができた。
・6曲目「戦う大人」ショートバージョンに続いてラスト7曲目は「お願い魅惑のターゲット」キターーーー!!!
以上でイベントは終了。その後の物販でりーたんさんがクイズ(出身校当て)に正解するも、隣にいたマーティーさんに先日出したヒント(共演したことがある事務所の先輩と母校が同じ)について直接聞くという暴挙!(笑)それはズルすぎないか!?まあでも正解は正解なので、また次回に向けて新しいクイズを考えなければなるまい。
そしてさきぴょんはクイズ(干支当て)に見事ハズレ(笑)当たる気が全くしないのだが、残る選択肢はあと9つなので、後何回で当てることができるのか楽しみである。
次のLovelys現場は11月12日の「ハッピーちゃんいらっしゃい!SP」。久しぶりの大阪RUIDOさんでのライブになるので当日は残業せずに参戦したいと思う。

| | コメント (0)

2019.11.09

女子箱#149「ミライスカート児島代表 生誕式典2019」に行ってきた

2019年11月6日、OSAKA MUSEにて行われた女子箱#149「ミライスカート児島代表 生誕式典2019」に参戦してきた。

Dsc_1073_2

仕事を終えて電車を乗り継いで心斎橋駅へ向かい、徒歩にて会場であるOSAKA MUSEに到着するとKRD8のみなさんのライブ中。しばし待機の後会場内へ。するといつものSEが流れてLovelysの出番である。以下、いつものように箇条書きで。
・1曲目は「初めてのハッピーバースディ」と生誕式典にふさわしい選曲。
・途中のコールは「まーりちゃん!」「こーじま!」
・いや、「こじま」はおかしいやろ!(笑)

・「まりちゃんはすごくいい人」と語り始める八木沙季さん(以下さきぴょん)、宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)の説明によれば曲振りに入っているとのこと。

・「びっくりするぐらい良い奴なんで」といって次の曲はタイトルだけで選ばれた「良い奴」

・児島代表(以下まりちゃん)の誕生日と歌詞全然関係ないやん!(笑)
・続いて3曲目は「戦う大人」(ショートバージョン)
・梅田クラブクアトロワンマンライブ、ハロショイベント、1stシングル発売の告知。
・新曲「一発逆転」については覚悟してほしいとのこと。初めて聴いたとき耳を疑ったらしい(気になる!)。
・まりちゃんは同じアイドルで仲良くなって仲間と言える、家族みたいな存在で生き様がかっこいい。
・さきぴょん「生き様っていうか何様っていうの?」いやそれ生き様であってるし(苦笑)会場内に広がる「?」の空気(笑)
・それをりーたんさんがうまく拾うからおもしろくなるんだよなあ。
・4曲目は歌詞もまりちゃんにぴったりということで選曲した「友情 純情 Oh 青春」
・続いて5曲目に「お願い魅惑のターゲット」キターーーー!
・ラスト6曲目は定番「OH YEAH」
・「日本の夜明けぜよ」→「こじまー」に変更
・「Lovelysホントはね」の後は「児島おめでとう!」
・どんだけ「こじま」推すねん!(笑)
・その後Yes Happy!さんも「児島、誕生日おめでとう!」という始末(苦笑)
その後のミライスカートさんの出番では、なんとミライスカートの楽曲「COSMOsSPLASH」をYes Happy&Lovelys(Lovelys!!!!じゃん!)で歌い、それをまりちゃんが客席に降臨してサイリウムを振り、MIX・コールを打って応援する(事前に練習されたとのこと)という普通ではありえない光景を目の当たりにした!個人的にはMIXは好きではないのだが、実際に歌っている御本人が楽しそうにMIXを打つ姿を見て、「本人が楽しいんだったらそれはそれでいいか」と思えた(少し許容範囲が広がったかも?)。
アンコールでは、この日の出演者が全員登場し、ハッピーバースデーが流れる中ケーキが持ち込まれるサプライズを挟んでの「逆境ガール」で終演。
その後の物販での恒例のクイズでさきぴょん(干支当て)は今回もはずれ。回答の選択肢はあと10個しかないので、ここまで来たら最後まで当たらない方が面白そうだ(笑)
りーたんさん(出身校当て)は正解ならずも、共演したことがある事務所の先輩と同じというヒントに対してその方をズバリ当ててきた!やはりりーたんさんはものすごく勘がいい。調べると言っていたので次は確実に正解が出るはずである。また次のクイズを考えねば(苦笑)

| | コメント (0)

Lovelys宮崎梨緒さんソロイベントatハロショ秋葉原店に行ってきた&AbemaTV「矢口真里の火曜TheNIGHT」にLovelysが出演!

2019年11月5日、ハロープロジェクトオフィシャルショップ秋葉原店(以下ハロショ秋葉原店)にて行われたLovelys宮崎梨緒さんのソロイベントに行ってきた。
10月29日のハロショ大阪店でのイベントで発表されたこのイベント、前日の舞台「魔界煉獄プルガトリオ」終演後のサイン会で宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)から「来て〜!」とお願いされたので(笑)、当日午前中に出先での仕事を終え、一旦会社に戻り事務作業を少しこなした後、「午後の半日休暇」を取得し(事前申請済み)、最寄り駅から電車に乗り込み新大阪駅から東海道新幹線「のぞみ」で一路東京へ。

Img_0012_burst0010025_2

東京駅で山手線に乗り換え、秋葉原駅で下車し、歩いてハロショ秋葉原店に到着。

Dsc_1065_2

店内に入ると、すでに数名の方がステージ前の椅子に着席されている。

Dsc_1064

ステージにはBEYOOOOONDSの「Go Waist」のMVで使用されていたトランポリンが展示されていたが、そのうちに撤収されイベントの準備へ。開演時間が近づくに連れて観客の数もどんどん増えていき、後方は立ち見の方もいらっしゃったようである。そして18時半を少し回ってからいよいよイベントがスタートする。以下、いつものように箇条書きで。
・「スーパーマン」のイントロとともに登場したりーたんさん。上はふぁみりーずのTシャツ、下は「戦う大人」のスカート。
・1曲目「スーパーマン」(ショートバージョン)
・予想では観客5人だったというりーたんさん、思っている以上にお客さんが来ていることにお喜びのご様子。
・夏の@JAMぶりの東京、いつも夏とカウントダウン出演時の冬に来ることが多いので、秋に来るのは珍しい。
・八木沙季さん(以下さきぴょん)は先程まで一緒で、今は別スケジュールで、夜は合流してAbemaTV「火曜TheNIGHT」へ出演するとの告知あり。
・今日は挑戦をするというりーたんさん、「Lovelysといば何の曲ですか?」ということで「ドレドレ」を一人で歌うとのこと。
・2曲目「ドレドレ」(ショートバージョン)
・3曲目「もしも・・・」(ショートバージョン)冒頭の台詞が全部りーたんさん!これは貴重!!
・一人で歌うとしんどいというりーたんさん。最初はソロで活動していたのにその記憶がない。センターの立ち位置にも違和感があって、ちょっとずつずれていってしまうとのこと。
・「そんな感じです」とさきぴょんの口癖が思わず出てくるりーたんさん(笑)
・前日まで舞台だったので歌を歌うのが久しぶりでアイドルをしている違和感がある。
・今日は事務所に行ってご飯を食べてからハロショ秋葉原店に来た。
・また「そんな感じです」と言った後「八木沙季がいないと調子が狂う」というりーたんさん。ちょっとさきぴょんがソロでイベントやっていたときの雰囲気とも重なって見える。
・TIF終わりで体調を崩して休んでいた間、さきぴょんが一人でイベントやってたときに「大変やったよー」といろんな人に言われた。今日は相方の大事さをひしひしと感じる。
・普段はさきぴょんと同じくらいふわふわしていると自ら告白。
・インスタのストーリーで歌ってほしい曲を募集したら、たくさん送られてきた曲を次に歌うのだが、この歌はさきぴょんがソロで歌っているイメージがある。
・舞台での役柄ハーピーが許婚に対して「気づいてよ!」という気持ちで歌うということで4曲目へ。
・4曲目は「私の魅力に気づかない鈍感な人」(ショートバージョン)
・ハロショ大阪店イベントの告知で次回のりーたんさんプロデュースでの企画内容発表!それは「パートチェンジ」さきぴょんは自分の歌えないパートをいつもりーたんさんに歌わせているので、さきぴょんは嫌がっているけどやるとのこと(笑)
・今日がハロショ秋葉原店で11月9日がハロショ大阪店でのイベントということで「ハロショツアー」みたいなもの、大阪はツアーファイナル(笑)
・ラジカルビデオジョッキーの出演告知(11月8日)もあり!お知らせ忘れてたとのこと。
・今日はいろんな現場があったのに来てくれて嬉しい。続いてはソロ活動していたときのソロ曲を封印していたのだが久々に歌うとのこと!!
・5曲目「First Love」に続いて6曲目「candy pop love」では2番の歌詞の一部を飛ばす!
・MVがあるのでYouTubeでみてくださいとのこと(笑)
以上でイベントは終了。物販もかなりの人数が参加したため、自分の順番が来たときにはチェキが売り切れていた!東京方面のりーたんさんのファンにとってはとても貴重なイベントの機会だったのでそれも致し方ない。物販の終了を見届けてからショップを出て徒歩で秋葉原駅へ。京浜東北線に乗り込み、東京駅で東海道新幹線に乗り換える。



Dsc_1067_2

しかし、このまま自宅まで帰ると日付けが変わってしまい、Lovelysのお二人が出演するAbemaTV「矢口真里の火曜TheNIGHT」が最初からは見ることができない。というわけで新幹線を京都駅で下車し、駅近くのホテルにチェックイン。部屋に入ると、備え付けのテレビが「ミラーリング」対応だったのでスマートフォンとテレビを接続して待機。番組が始まってしばし、「ホウレンソウ」のコーナーの2組目でついにLovelysが登場!

Img_6109_original

テレビの大画面にLovelysのお二人が映し出される!!
登場してすぐに「やぐ姉」を連発するさきぴょん、事務所所属10年目で矢口さんからツッコミを入れられるりーたんさん、出産祝いと共に「戦う大人」のCDを渡すも返されそうになるという「お約束」もあり、短い時間ながらインパクトのある出演になったのではないかと思う。

Img_6122_original

それとMCのお二人や1組目に出演されていたたこやきレインボーさんとやりとりするお二人の姿を見ながら、前日のりーたんさんのソロイベントや、8月のさきぴょんのソロイベントのことを思い出し、やっぱり二人揃ったときの面白さが圧倒的だなあと感じた。11月9日のハロショ大阪店でのイベントが本当に楽しみである。

| | コメント (0)

2019.11.07

伊藤えん魔プロデュース「魔界煉獄プルガトリオ」を観てきた

2019年11月4日、近鉄アート館にて行われた伊藤えん魔プロデュース「魔界煉獄プルガトリオ」を観てきた。

Dsc_1059_2

普段お芝居を観に行くことはあまりないのだが、Lovelysのお二人が出演するということで千秋楽であるこの日の昼公演「妖怪ver.」夜公演「魔物ver.」2公演のチケットを予約。当日朝、宿泊した「ファーストキャビンステーションあべの荘」を出て近鉄アート館のあるあべのハルカス近鉄本店へ。その移動中、八木沙季さん(以下さきぴょん)に目撃されたらしいのだが全く気づかず(サイン会のときに言われた)。近鉄アート館のある8階には鉄道模型のポポンデッタがあり、7階の書店と合わせて時間つぶしでウロウロした後、受付にてチケットを引き換え、11時半に会場内へ。グッズコーナーで宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)とさきぴょんの写真を購入してから指定された席に向かうとなんと前から2列目!
これはちょっと近すぎるなあと思いながら開演を待つ。出演者によるパンフレットの販売や、えん魔さんの「ええ声」での注意事項アナウンスの後、ついに開演の時を迎える。以下、いつものように箇条書きで(昼夜まぜこぜで)
・りーたんさん演じる「ハーピー」はかわいいのかたまり。
・さきぴょん演じる「雪女」は美しさの極み。
・「スカボロー・フェア」や「The Sound of Silence」といった楽曲が随所に使われており、個人的にも好きな曲なので心に染み入る。
・座敷童が配る「かわら版の文字がいずれ世界を支配する」という台詞をふと現実の世界に置き換えてしまう。それはいいことなのか悪いことなのか、それともそんな「2択」で答えを出していいものなのかどうか。
・終盤で時間が戻った後の「記憶の残り方」や「登場人物」が2つのver.で少しずつ違っているところが絶妙。
・この部分について個人的には「魔物ver.」の方が好き。なぜならハーピーも雪女も「生きている」から。
・ラストシーンは冒頭シーンと重なる。2つのver.を続けて観たことでその「連続性」がより強く心に刻まれる。
・そしてまた同じことが繰り返されるのか・・・話の内容は全く違うが、以前観たJuice=Juiceの舞台「タイムリピート」を思い出した。
・争うことなく平和に平凡に暮らしていく未来が訪れないかなあと思いながら、でもそれだったら舞台にはならんなあと思ったり。
・夜公演終了後、カーテンコールの最後にえん魔さんを除く出演者がやっているという気合入れを再現するということで、出てきたのはなんとさきぴょん!
・さきぴょんが「ご唱和ください、プルガトリオ!」と言った後、りーたんさんがさきぴょんの頭を叩いている姿を観て「ああやっぱりLovelys最高!」と思った!
11月30日には秘密集会「茶会天国プルガトリオ」という今回の出演陣による何やら面白そうなイベントがあるとのことで早速予約。6時間という長丁場のイベントだが「他言無用のやばステージ」(チラシより)とのことなので、とても楽しみである。
Lovelysの演技は6月のつばきファクトリーの舞台で少し拝見していたのだが、いつもの歌やダンス、漫才(違)とは違う一面を観ることができてとてもよかった。また舞台に出演することがあればぜひとも観にいきたいと思う。

| | コメント (0)

«秋の関西1デイパス+「トワイライトエクスプレスでの一泊」を味わう旅(2019年)