2021.07.27

Angel Stage×女子箱〜エン箱〜に行ってきた

2021年7月25日、LIVE SQUARE 2nd LINEにて行われた「Angel Stage×女子箱〜エン箱〜」に行ってきた。2nd LINEの近くには毎週1回は来るのだが(勤務先があるので)、ライブで来るとなると2019年12月以来と随分久しぶりとなる。
この日は開場時間ちょうどくらいに会場に到着。

Horizon_0001_burst20210725135056297_cove

検温、コロナシステムへの登録確認、消毒、受付を済ませて場内へ入り、前回同様寄り掛かれる柱付近に場所を確保しLovelysの出番を待つ。
1組目が終わり、しばらくするとSEが流れてLovelysの登場である。以下、いつものように箇条書きで。
・この公演は「浴衣着用」ということで浴衣姿のお二人が登場!思わず目を奪われる可愛さ!
・1曲目はBuono!の夏の名曲「夏ダカラ」まさに今の時期に聴きたい曲!
・続いて2曲目は「もしも・・・」浴衣で動きが制限されているぶん振り付けがより可愛く見えるのが素晴らしい!
・MCではSEが流れている最中も準備に追われていたという八木沙希さん(以下さきぴょん)が、喋り始めたのも束の間、すぐ舞台袖に下がる。
・一人で場をつなぐ宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)。こういう場面でも難なくトークを展開できるのがりーたんさんの強みである。これが逆になると(以下略)
・戻ってきたさきぴょん、歌っている間に浴衣の前がめくれている(はだけている)のではないかと気になっていて確認しに行っていたとのこと。
・いやいや、そんなんなってたらなんぼ何でも客席から指摘するわ!www
・告知などもあったのだが記憶に残っているのは浴衣がめくれる話が大半であった(苦笑)
・3曲目はモーニング娘。の「サマーナイトタウン」前2曲とのギャップ!大人Lovelysを魅せてくれる。
・続いて4曲目は「好きやねん、好きなんよ。」ライブで聴くのはかなり久しぶり(自分調べによると2019年12月の「ハッピーちゃんいらっしゃい!〜おとなアイドルSP〜」以来)。
・5曲目はLovelys夏の定番曲「渚のヤケド」
・6曲目ラストは「スーパーマン」
季節感があり、可愛さと大人さのギャップも魅せつつ、対バンではあまり聴くことのなかった楽曲も多いよく練られたセトリであった。
この後、トリのYes Happy!さんまでしっかり堪能し、物販もないのでそのまま帰宅の途についた。
本当は遅い昼食としてJR福島駅前の「焼き肉ライク」に寄るつもりだったのだが、もしかしたらLovelysちゃんが立ち寄っているかもと思い行かなかった。後でさきぴょんのインスタグラムを確認したところ、やはり「焼き肉ライク」に行っていたようである。実際は時間帯がずれて遭遇することはなかったのかもしれないが、少しでも「遭遇」は避けたいので(笑)これでよかった。
8月以降、Lovelysの現場が増えつつあるので、今後も体調に万全を期しながら参戦していきたいと思う。

| | コメント (0)

2021.07.22

樋口了一LIVE@熊本CIB Vol.60に行ってきた

2021年7月22日、熊本CIBにて行われた樋口了一さんの定期ライブに行ってきた。
約4ヶ月ぶりの開催となった今回の定期ライブ、参戦するのは2017年1月以来(エンドレスライスのライブを入れると2017年3月以来)と随分久しぶりである。
この日は午後休暇を取得し、新幹線で一路熊本へ。市電に乗り換えて電停から歩くこと数分でCIBに到着。

Center_0001_burst20210721190743101_cover

入口で消毒・検温、氏名や連絡先などの記入を済ませた後、着席。ステージと各テーブルにはアクリル版が設置され、1テーブルおきに着席させるなど対策は万全である。
Img_8030

開演時刻になるとDr.マーサーさんがステージに登場し、物販などの説明後、出演者を呼び込む。ピアノ、ギター、ドラムのバンドメンバーに続いて、樋口さんが登場!ライブのスタートである。
セトリは以下の通り。
【1stステージ】
憧れのレイナ
windy train
朝花
ぼくたちは
咲ける花
【2ndステージ】
いまでも
みみらく霊歌
ウツヤ
手紙〜親愛なる子どもたちへ〜
1/6の夢旅人2021
【アンコール】
GOGH
久しぶりの樋口さんのライブなので、どんな曲でも聴ければうれしいのだが、なんといってもアンコールの「GOGH」である!「無類のGOGH好き」と言い続けて10数年、ライブに行ったからと言って毎回聴けるわけではないこの名曲を久しぶりのライブ参戦で聴くことが出来た。次に聴けるのはいつになるのだろうか・・・早く世の中が落ち着いて気軽にライブ参戦できる日が来ることを改めて願うばかりである。

| | コメント (0)

KYOTO HAPPY LIVEに行ってきた(2021年7月)

2021年7月18日、KYOTO MUSEにて行われたKYOTO HAPPY LIVEに行ってきた。KYOTO MUSEへのライブ参戦は2020年1月以来、Lovelysにとってもそれ以来の京都での対バンライブである。
ビルの階段を上がりながら「そういえば前回来たときもこの階段は厳しかったなあ」と思いながらなんとか開演前に会場に到着。
1組目は都の国のアリスさん。京都四条河原町ドンキホーテ6FのCafeを拠点に活動するアイドルとのこと。25分の持ち時間がありながら5分ほど時間を残して終了。MCにあまりなれていない感じだったので、時間調整がうまくいかなかったのかもしれない。
続いて2組目はYes Happy!さんが登場!楽曲もさることながら、MCでも初めてのお客さんをしっかり掴んで会場を盛り上げていく。
そしていよいよいつものSEがながれてLovelysの登場である。
以下、いつものように箇条書きで。
・1曲目は「今夜だけ浮かれたかった」これは1曲目からテンションMAXにならざるを得ない!
・続いて2曲目に「レディーマーメイド」と夏曲で攻めてくる!
・MCでは八木沙季さん(以下さきぴょん)が大暴走!(笑)
・まず京都の信号機が薄い・紙みたいと主張するも宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)に否定される。
・「私事(わたくしごと)」をLovelys2人のことという意味で(と思われる)「私たちぐしごと」というさきぴょんに対して「串挟まってる」「ささってる」とツッコむりーたんさん(笑)
・さきぴょんの言い間違いにはいくつかパターンが有り、その一つに「余計な言葉が入る」というのがある(例えば「肩たたき機」→「肩たたたききき」など)。今回の「私たちぐしごと」もそれと同じパターンなのだが、「余計な言葉が入ってる」というツッコミではなく「串挟まってる」「ささってる」という的確なツッコミができるりーたんさんの凄さにぜひ気づいていただきたい!
・そしてその「私たちぐしごと」が「円陣を変えた」というこちら側では一切ナンノコッチャわからない内容(苦笑)
・また朝からイエハピさんに会ってテンションが異常に高く「朝からすごいなあ」と言われ「そんなほめられても」というさきぴょんに「褒めてない」とバッサリ切り捨てさらに「後で(イエハピさんに)聞いてみ?」というりーたんさん、それに対して「うん、聞いてみる」とさきぴょん。
・このMCの面白さ、Lovelysを初めて観た人たちに伝わっていたらよいのだが。
・3曲目は久しぶりの「ドレドレ」それもフルサイズ!思わずオリックス劇場で歌う姿が頭の中に浮かんできた。
・4曲目は「一発逆転」対バンでこの曲を持ってこれるのがLovelysの強み。
・5曲目は「リズムが呼んでいるぞ!」はコールが出来ないライブの定番になりそう。手拍子後のさきぴょんのセリフ「京都においでやす」、この部分のバリエーションに今後期待。
・6曲目、最後に持ってきたのが「いちばん大事なこと」これはちょっと意外な選曲だったが、セトリの締めとしては収まりよく感じた。
以上でLovelysの出番は終了(物販なし)、この後15時からオリックス劇場でハロー!プロジェクトのコンサート(ハロコン)があったためここで会場を後にし、無事開演前にオリックス劇場に到着することが出来た。
少々慌ただしい参戦ではあったが、有観客ライブへの参戦はやはり楽しい。今後も有観客ライブのスケジュールが次々続々発表されているので、可能な限り参戦できればと思う。

| | コメント (0)

2021.07.21

2021年夏のハロコン@オリックス劇場に行ってきた

2021年7月17日・18日の2日間、オリックス劇場にて行われたハロー!プロジェクトのコンサート「Hello!Project 2021 Summer Sapphire & Ruby」に行ってきた。
今回のハロコンはハロプロメンバーを2つのチームに分けて行われる。各チームのメンバーは以下の通り(敬称略)。
【team Sapphire】
モーニング娘。’21(譜久村聖・石田亜佑美・野中美希・羽賀朱音・横山玲奈・森戸知沙希・岡村ほまれ)
アンジュルム(佐々木莉佳子・上國料萌衣・橋迫鈴・川名凜・松本わかな)
Juice=Juice(植村あかり・稲場愛香・工藤由愛)
つばきファクトリー(山岸理子・浅倉樹々・小野瑞歩・小野田紗栞)
BEYOOOOONDS(西田汐里・前田こころ・山﨑夢羽・岡村美波・清野桃々姫・里吉うたの)
【team Ruby】
モーニング娘。'21(生田衣梨奈・小田さくら・牧野真莉愛・加賀楓・北川莉央・山﨑愛生)
アンジュルム(竹内朱莉・川村文乃・笠原桃奈・伊勢鈴蘭・為永幸音)
Juice=Juice(金澤朋子・段原瑠々・井上玲音・松永里愛)
つばきファクトリー(新沼希空・谷本安美・岸本ゆめの・秋山眞緒)
BEYOOOOONDS(一岡伶奈・島倉りか・江口紗耶・高瀬くるみ・平井美葉・小林萌花)
さらに、先日新メンバー4名が加わり8名体制となったハロプロ研修生ユニット(米村姫良々・石栗奏美・窪田七海・斉藤円香・中山夏月姫 ・広本瑠璃・西﨑美空・北原もも)が帯同。また、Juice=juice新メンバー3名(入江里咲・有澤一華・江端妃咲)とつばきファクトリー新メンバー4名(河西結心・八木栞・福田真琳・豫風瑠乃)はパフォーマンスは行わないものの帯同する。
今回のオリックス劇場での4公演は、7月17日が昼夜ともに「team ruby」7月18日が昼夜ともに「team Sapphire」となっていた。
これまでのハロコンと同様にコロナ追跡システム登録、検温、チケットチェックと消毒を済ませてから自責へと向かう。今回は17日昼公演が1階下手最後方、夜公演が2階下手中程、7月18日は昼夜ともに3階席上手後方での観戦となった(左右は空席)。
では4公演まとめていつものように感想などを箇条書きで(若干のネタバレあり)。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021.07.11

「Yes Happy!レコ発記念&こころバースデー ハッピーちゃんいらっしゃい!SP」に行ってきた

2021年7月11日、OSAKA MUSEにて行われた「Yes Happy!レコ発記念&こころバースデー ハッピーちゃんいらっしゃい!SP」に行ってきた。

Eil9m3

Yes Happy!さん(以下イエハピさん)のアルバム発売を記念して発売当日の4月29日に行われる予定だったものが延期となり、この日無事に有観客で開催されることとなった。有観客での対バンライブへの参戦は、4月にイエハピさんとの2マンに参戦して以来、3組以上の対バンとなると2020年3月の女子箱以来となる。
当日は開場時間の11時少し前に到着、予約した番号の呼び出しを待ち、コロナ追跡システムへの登録や検温・消毒を済ませて会場内へ。先日のLovelys八木沙季さん(以下さきぴょん)のバースデーライブのときと異なりスタンディング、それもチケット完売とのことですでにかなりの観客がライブの開始を今か今かと待ち構えている。最後方の壁にもたれながら待つことしばし、「Holidays of Girls」が流れて本日の主役であるイエハピさんが登場し、最初からトップスピードで盛り上げてくる!コールもなくフリコピもほぼせず手拍子していただけのはずなのに、イエハピさんが終わった時点で体力がかなり奪われた(苦笑)
続いて登場のミケネコガールズでも同様に体力を削り取られ、さらにミライスカート+まりちゃんで体力ゲージはほぼ0に。
これはもうダメかもわからん・・・と思ったのだが、いつものSEが流れると体力ゲージが一気に回復!(笑)いよいよLovelysの登場である!
1曲目「おねがいラブリーズ」からの2曲目に「恋ならとっくに始まってる」(アンジュルム)はちょっと意外な選曲に感じたが、先日のバースデーライブで今後対バンで歌っていきたいとさきぴょんが言っていたので、それを早速実践したということなのだろう。
MCではイエハピこころさんのTO(トップヲタ)と言いはるさきぴょんへ宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)が「(毎年着ている)法被はどこにやった?」と指摘。これに対してさきぴょんは「法被は家にある」「法被着てなくてもTOに認められたから」と主張していたが、りーたんさんによればステージ袖にいたこころさんは首を傾げていた模様(笑)
また他のグループのファンの顔を見れたことの喜びや、コール&レスポンスできないことの難しさなども語っていた。
3曲目はこころさんへ向けて「初めてのハッピーバースディ!」(カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。))声を出せないので「こころ」コールは心の中&口パクで(笑)
4曲目は先日解禁したばかりのLovelys夏の定番曲「渚のヤケド」からのみんな大好き「Merry-Go-Round」、そして最後は久しぶりの「すっちゃかめっちゃか〜」(Berryz工房)。この曲が締めは珍しいのではないだろうか。さきぴょんのブログによれば今回のセトリは配信なし、声出しNGの有観客ライブということで組むのが難しかったとのこと。それに加えて久しぶりに他のグループのファンの前で歌うことも意識したセトリだったように感じた。
体力ゲージ0状態で最後に登場したのがつぼみ大革命。生で観るのは2020年2月のイエハピさん7周年記念ライブ以来。楽曲とメンバーとファンの「圧」に圧倒されながら、それでもつんくさんプロデュースの「逆襲のYEAH!」を生で聴くことが出来たのはとてもうれしかった。
最後はイエハピさんが登場し、物販のことなどを説明(Lovelysと蕾大革命は物販なし)した後、ステージからはけてライブは終了。
今回は久しぶりの対バン、そしてスタンディングということで終わった後の体へのダメージは相当なものがあったのだが、各グループともに聴いたことのある知っている楽曲が多くてとても楽しいライブであった。
次のLovelys現場は7月18日の「KYOTO HAPPI LIVE!」なのだが、この日はオリックス劇場での夏のハロコン2日目である。Lovelysの出番を終えてから急いで行けばなんとか昼公演の開演時間には間に合いそうなので両方とも参戦できればと思う。

| | コメント (0)

2021.06.29

Lovelys八木沙季バースデーライブ~お誕生日当日じゃなくても・・・検証します。~に行ってきた

2021年6月27日、OSAKA MUSEにて行われたLovelys八木沙季さん(以下さきぴょん)のバースデーライブ~お誕生日当日じゃなくても・・・検証します。~に行ってきた。
緊急事態宣言のため誕生日当日からこの日に延期となったとはいえ、無事有観客にて開催されたのは実にありがたい。
当日は整理番号ごとに決められた集合時間に間に合うように会場へ向かい、コロナ追跡システムへの登録や消毒などを済ませ、チェキ(前日のSHOWROOM配信終了後に撮影すると言っていた)を受け取り場内に入る。

Img_7967

場内には背もたれのある椅子が一定の間隔を開けて並んでおり、前方はフェイスシールド必須とのことなので、それより少し後方の上手側に席を確保、開演まで1時間弱静かに待つ。
3月末の単独ライブに比べると話をしている人は少ないようだが、その分話している人の声がとても目立つ。話している本人からすれば「会話は控えめに」しているつもりなのだろうが・・・そんな事を考えながら待っていると10分前に「Lovelys泥棒」の映像が流れ、いよいよ開演の時を迎える。以下、いつものように箇条書きで。
・オープニングSEで最初の検証内容が発表される。
・【検証①】3か月ぶりの単独ライブで10曲ノンストップでライブをしたらしんどいのか?検証します。
・「いや、そらしんどいやろ!」と心のなかでツッコむ笑
・黒い衣装で大人な雰囲気のLovelysが登場!1曲目からプラチナでパワー全開!
・以降、踊りまくる楽曲が次々続々!観ている側も圧倒される!
・照明がかっこいい(赤色レーザーに撃たれまくる!)
・夏の定番曲「渚のヤケド」解禁!
・10曲ノンストップの後、ようやくMCへ。ここまで約30分自己紹介もなし!
・検証①の結果は「しんどい」
・宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)「しんどいに決まっとるがな!」「やる前からわかってた」「アホちゃうかっていう検証」
・リハでも通してやったが本番がいちばんしんどかったとのこと。
・「誕生日の人が言うことは絶対」というさきぴょんに対して毎年選曲を否定されるというりーたんさんが「今年は強行突破する」と宣言!今からりーたんさんのバースデーライブの内容が楽しみで仕方がない。
・続いての映像コーナーで2つ目の検証へ。
・【検証②】八木沙季が八木崎駅に行って駅員さんに「私八木沙季です。」と伝えるとどんな反応をされるのか?検証します。
・新幹線と電車を乗り継いで東武野田線八木崎駅へ向かうさきぴょんの映像が!
・八木崎駅には約2年前、東京遠征のついでに訪れたことがあるのだが、まさか本人が行くとは!(その時の記事はこちら
・駅員さんの反応は半笑いで微妙な反応(苦笑)まあそらそうなりますわな。
・検証結果は「八木崎駅の駅員さんは優しい!!」
・映像時間わずか2分!このためだけに埼玉まで行くというさきぴょんの実行力とそれを認めたスタッフさんとカメラを回したりーたんさんに拍手!笑
・さらにこの八木崎駅で撮影した写真を含めたフォトブック「しゃき、しょか。」をグッズとして発売するとのこと!
・「攻めた写真」もあるとのことだが個人的には八木崎駅の写真を見たい笑
・リハーサル中にりーたんさんから「昔はバースデーライブやから仕切りや!って怒られてたな」と言われたという話から、自分は成長していると主張するさきぴょん。
・それは自分で言う話ではないと諭すりーたんさん笑
・妹さんに「その歳で何がそんなにめでたいねん」と言われたというりーたんさん
・でもファンにとっては何歳でもめでたいしお祝いしたいものである!
・さきぴょんの肩に「うぱぎの親戚のおばさん」が載っているのは1歳年取ったため笑
・声を出せないのにここからも「声出す曲」が続く!
・いきなり「みかん」はズルいぞ!
・「リズムが呼んでいるぞ!」はリズムのコール&レスポンスがあるので、声を出せない代わりとしてはとても良いなと感じた。
・「けけけ・・・検証します!」はワロタ
・そしてライブ定番曲「お願い魅惑のターゲット」の最中、ステージの袖からスタッフkbやんがひょっこり顔を出す!
・何らかの企みか?と思っていたら、さきぴょんがkbやんから消毒してもらい、何かを受け取った!
・そして落ちサビを歌うりーたんさんの後ろでその受け取ったもの=バナナを食べた!!
・そのためさきぴょん自分のパートを歌えず笑
・【検証③】ライブ中にバナナを食べたら気付かれるのか?検証結果「気付かれる」笑
・りーたんさんはkbやんと目があったとき「写真取るタイミングと間違えたのかな?」と思ったとのこと。
・さらにkbやんが途中でカメラを他の人に託したところを見ていたというりーたんさん、すごい観察力!
・みんなの顔を直接見ることができてうれしかったというさきぴょん、これはこちら側も同じこと!
・最後の曲に入る前に「手拍子前のね」というりーたんさん笑
・アンコールは準備していないけど手拍子してほしいというさきぴょん笑
・というわけで本編最後は「Merry-Go-Round」
・曲終わりではけていくLovelys・・・誰も手拍子をしようとしない(苦笑)
・前日のSHOWROOM配信でも手拍子の話題が出ていて、ノリで「笑点のテーマ」を手拍子するみたいな流れになっていたので、この後どうなるのか不安になる・・・
・しばらくすると普通に手拍子が始まったのだが、速度がどんどん早くなったり、また元に戻ったりと不安定(苦笑)
・そんな手拍子の中、さきぴょんが再登場!
・さきぴょん「面白い手拍子ありがとう」
・りーたんさん、さきぴょんのイラストと「検証します」が書いてある誕生日ケーキを持って登場!客席を背景に記念撮影!1枚はピース、もう1枚は検証しますポーズで。
・6月30日でLovelys加入7年となるさきぴょん、去年はどうなっていくのか不安だったけど、今は前に進んでいくぞという空気がある。東京のスタッフさんにも「何か明るいオーラが出てるね」と言われたり(りーたんさんいわく「何か元気だね」と言われたw)、卒業とか解散するアイドルがたくさんいる中、梨緒ちゃんとまだまだ頑張って行きたいとこれまで以上に思っているとのこと(今までがOSAKA MUSEの天井だとすると、今は突き抜けている!)。これからがすごく楽しみ、Lovelysとして叶えたい夢がたくさんある、叶えられてない夢があるからこそこれから先が楽しみ、その先にみんながいてほしい、いなくならないでほしい、みんな健康でいてほしいので手洗いうがいしっかりしてほしいとのこと。アイドルが大好きでみんなの人生の一部になれてたら良いなと思う、しんどいときにLovelys見たら元気出るわという存在になりたい。
・「でもそれを一人でやっていくのではなく、この人と」「最近ちょいちょい名前忘れるのやめて」とりーたんさんすかさずツッコミ笑
・事務所の中もガラッと変わって同じ方向を向いているからこそ、観ていてほしいしついてきてほしい。
・さきぴょんがなにか言うたび梨緒ちゃんやファンが「おいおい!」と言う雰囲気がすごく好き。これからもふぁみりーずの輪を広げていきたい、みんなをてっぺんにつれていきたい。
・さきぴょん「終わりたくないんやけど」りーたんさん「すいません終わりまーす」
・りーたんさんの感想。加入して1年後ぐらいにバースデーライブしたときから振り返ると2人の関係性も変わったし沙季ちゃんがすごく変わった、めっちゃ成長した、セトリも一人で考えるようになった。よく沙季ちゃんが梨緒がいないとできないと言うけど、梨緒も沙季ちゃんおらんかったら何もできない。
・さきぴょん「以心伝心じゃん」りーたんさん「相思相愛」と訂正笑
・みんなが想像するより一緒にいる、家族より一緒にいる、沙季ちゃんと疎遠になることは考えられないので、梨緒がLovelysをやっていくことに対してみんなも責任をとってほしい。
・梨緒は何回もやめると言いはってるし、この1年間も危機がいっぱいあったけど、それでもやってこれたし、この先多分それを思わないくらい自分が前向きなのは沙季ちゃんのおかげで、沙季ちゃんといっしょにやれてうれしい、来年も再来年もこの先も沙季ちゃんといっしょにお誕生日をお祝いしたい。
・いやあ本当に「相思相愛」よね❤
・ラストの曲はうちわを持って「OH YEAH」
・「Lovelysホントはね」の後は「検証しまーす!」「声が大きいねん」
最後はいつものように客席の一人ひとりと目を合わせてステージからはけて終演。その後、出口付近でお二人のお見送りを受けながら会場を後にした。その際お二人からは「体大丈夫?」と気遣う言葉をかけていただいた。
この後、遅めの昼食をとってから帰宅の途へついたのだが、帰宅途中にインターネットカフェに立ち寄り、今回のライブの配信アーカイブを視聴。さらにさきぴょんとのトークポートにも参加し、八木崎駅に行った話などをさせていただいた。つい先程までステージ上でかっこよくパフォーマンスしていた人と画面を通じて直接話すというのはとても不思議な感覚であった。
というわけで、久しぶりのLovelys現場は当然のことながら最高に楽しかった!この先状況がどうなっていくのかはわからないが、現場も少しずつ増えていってほしいし、できる限り参戦していきたいと思っている。

 

| | コメント (0)

2021.05.31

2021年5月を振り返る

気がつけば月末、今月は一度もブログを更新していないことに気づいた。そこで今更ではあるが今月(2021年5月)を振り返ってみようと思う。
その1 ハロコン@岡山に参戦する
2021年5月2日、岡山市民会館にて行われたハロー!プロジェクトのコンサート「Hello!Project 2021 花鳥風月」に行ってきた。ハロプロメンバーを花・鳥・風・月の4ユニットに分けて行われるハロコン、今回は1公演目が「鳥」、2公演目が「花」。これで3月のNHK大阪ホールで観た「風」「月」公演と合わせて4ユニットすべての公演に参戦することができた。元々ハロプロDDなので以前の「ハロコン」も楽しかったのだが、今回のコンサートは人数も少なめでそれぞれのパフォーマンスもじっくり見ることができた点が良かった。先日つばきファクトリーの日本武道館公演が発表されたので、今後は各グループでの単独コンサートが行われることも予想される。単独であれ合同であれ、行ける現場にはできるだけ参戦したいと思う。
その2 ながの東急百貨店HTBグッズショップに行く
2021年4月28日から5月9日までながの東急百貨店にて行われた「駅前グルメ博2021」にHTBグッズショップが出店しており、期間中である5月8日に行ってきた。今回は往復の「足」として神戸空港ー信州まつもと空港を結ぶフジドリームエアラインズ(FDA)に初搭乗。長野までの所要時間は、松本空港から長野までの所要時間が結構かかる(バス+JR)ため、トータルでは新幹線+特急しなのとそれほど変わらないのだが、金額ではFDAの割引運賃のおかげでかなり安く行くことができた。グッズショップではonちゃんにも遭遇できたし、ステッカーもいつもとは違う形で、「グルメ博」で購入した場合も色柄違いのものをいただくことができた。またいつもの参戦時のように朝から並ぶこともせず(昼過ぎに到着)、売り場も展示コーナーもゆったり見ることができた。

Img_7869
Img_7832
Img_7839
Img_7859

その3 配信でヲタ活
予定されていたライブが中止や延期となる中、Lovelysのお二人は配信ライブや配信番組へ出演されていた。
ほぼ毎週あったSHOWROOM配信では二人のトークが中心、5月5日にはプレミアムライブ配信(有料)、5月30日、31日には八木沙季さん(以下さきぴょん)のバースデーを祝う配信「ヤギフェス」も開催された。対バン系でいうと5月11日の「ラグなじかん!」ではYes Happy!、ミライスカート+、三毛猫ガールズとのライブ&トーク、5月27日の「女子箱#222」ではつぼみ大革命とトーク配信、いずれもお二人のトーク力が光るものであった。さらに5月22日にはオンラインチェキ会、5月29日には王子動物園70周年記念特別番組にも出演。それ以外にもTikTok、Twitter、インスタへの毎日投稿もあり、充実したヲタ活動をさせていただいた。6月末には延期となったさきぴょんのバースデーライブが有観客で予定されているので、無事に開催されることを願っている。

| | コメント (0)

«Yes Happy! × Lovelys ツーマンライブ 〜OSAKA RUIDOにいらっしゃい!〜に行ってきた