« 「Tシャツ着てみろ!」 | トップページ | 大泉さんは奇跡 »

2004.02.13

「みまさか」復活希望!(リバイバルでOK)

JR西日本さん、またリバイバル列車をやるようで・・・。
@nifty:NEWS@nifty:JR「白兎」「但馬」が復活(共同通信)

JR西日本のニュースリリースより

昭和36年にデビューして以来、全国の急行列車として活躍してきた28・58系気動車のうち、国鉄時代のオリジナル塗色を施した車両は、平成15年9月末をもって定期運用から外れ、順次廃車されています。

28・58系には個人的な思い入れが強い。夏休みや正月に田舎に帰るとき、乗った急行「みまさか」が使用していた車両であった。4人がけのボックスシート、ディーゼルエンジンの音、排気ガスのにおい、どれも忘れられない思い出である。
よく乗っていたのが大阪を12:30ごろに発車する「みまさか3号・みささ3号」だった。姫路から姫新線に入り、津山でみささと別れて、最初は新見まで急行だったように思う。それが月田行きになり、次には津山-新見間普通列車になったころまでは覚えている。「但馬7号」と併結していた「みまさか5号」などもなぜか印象に残っており、幼少のころは停車駅や列車の併合分割も完璧に覚えていたようだ。
いつしか、田舎に帰ることも少なくなり、気づけば「みまさか」の本数も1往復になっていた。廃止されたのは平成元年3月11日のダイヤ改正。1往復になってからは一度も乗る機会がなかった。
それからは、青春18切符を使って快速や普通列車を乗り継いで田舎に帰ったこともあった。朝10時過ぎに姫路をでる津山行きの快速は、「みまさか」時代とほぼ同じダイヤ・停車駅だったのではないだろうか。
今では、車を使い、中国自動車道経由で2時間ちょっとで田舎に帰ることが出来る。津山行きの高速バスも多数運行されている。「みまさか」が廃止になってしまったのは仕方のないことだ。
姫新線も、列車本数が激減している。時刻表を見る限りでは姫路から津山までの直通列車はない。
実現可能性が非常に低いことは分かっているが、「みまさか」のリバイバル運転などやってくれないだろうか。岡山北部から関西に出てきている人は結構多いので、それなりの客が集まると思うのだが。

|

« 「Tシャツ着てみろ!」 | トップページ | 大泉さんは奇跡 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

キハ58系急行「みまさか」のリバイバル運転は私も希望し
ます。DMH17Hエンジンの音をもう一度楽しみたいと思います。

投稿: 美甘 淳一 | 2004.05.28 21:52

美甘様、いらっしゃいませ。
エンジンの音、いいですよね。私はあの排気ガスのにおいも好きだったりします。

投稿: K_S | 2004.05.30 22:36

親の実家が月田で、夏休みの帰省では大阪12:30発みまさか3号を毎年利用しました。当時は大阪-月田、全区間急行運転でした。
津山ではみささ3号と分割。そのみささ3号に併結される岡山発の砂丘4号が入線してくるのを眺めつつ、月田に向け発車していました。乗客の大半は中国勝山までで下車してしまい、勝山-月田間は我が家族だけの貸切列車状態でした。津山から先が普通列車になった頃(確か新見行に変わってた)には、マイカーで中国自動車道を利用するようになり、廃止まで一度も乗る機会がなく、何年もたってから廃止されてるのに気付いたくらいでした。
往時は大阪を同時刻に出た新快速と併走し、抜きつ抜かれつの競争をしていたのが懐かしいです(当時、新快速は電車線を走ってたのでしょうか?)。

投稿: 堺の美作人2世 | 2004.06.06 01:54

堺の美作人2世様
ようこそいらっしゃいませ。
そうそう、12:30発でした、みまさか3号。私もこの列車を一番よく使ってました。
新快速の件ですが、その通りで当時は電車線(通称内側線)を走っていました。列車線を新快速が走るようになったのは、JRになってからではないでしょうか?

投稿: K_S | 2004.06.06 21:57

僕は昭和58年生まれなのでみまさかのことはよく知らなかったのですが、キハ58物語という本を読んでみまさかのことを知りました。僕もキハ58系ファンなのでぜひリバイバル運転を希望しますね!

投稿: キハ58系親衛隊 | 2004.08.27 21:54

キハ58系親衛隊さん
そうですね、リバイバル運転して欲しいんですけど、JR西日本でのキハ58自体どんどん廃車されているようですし、現実は厳しいでしょうね。
今は東日本や四国に行けばまだ乗れるようですが、それもそんなに先は長くないような気もします。

投稿: K_S | 2004.08.27 22:07

この記事へのコメントは終了しました。

« 「Tシャツ着てみろ!」 | トップページ | 大泉さんは奇跡 »