« 道後温泉の旅(1)最初からつまづく・・・ | トップページ | 道後温泉の旅(3)銭形砂絵 »

2004.06.06

道後温泉の旅(2)うどん三昧

明石海峡大橋から淡路島へ渡り、さらに大鳴門橋で四国上陸。高松道津田の松原SAで1回目の休憩をとる。ここは、セルフのさぬきうどんが味わえる。うどん小をとり、「テボ」(ちっちゃいざるみたいなやつ)で、うどんを温め、オプションのてんぷらをとる(ちくわとじゃこ天)。お会計500円也。一気に平らげ、「うまい!」と一言。

しかしなんで写真とってないかな。

もちろん、これ1杯で終わるつもりはない。車は善通寺インターへ向かう。目的地は、「ひやあつ」「ひやひや」でおなじみの「宮武」さん。
ところが、道をまちがえ迷い込む。時間はすでに11時を回っている。そろそろうどん屋が込み始める時間だ。「急がないと」交差点を曲がったところで、見つけてしまった。

2004_060405shikoku0002「山下うどん」である。ここも一度は訪れたかった店である。これ幸いと、店に入る。無事に席を確保し、ぶっかけの冷たいの小を食らう。お会計250円也。やっぱり「うまい!」

しかしなんで写真とってないかな。

食べている間に、店は一気に満員御礼に。「いいタイミングで入れたねえ」といいながら、本来の目的地である「宮武」を目指す。店から少し離れた駐車場に車を入れる。駐車場はまだまだ空いている。「案外すいてるね」といいながら、早速店へ。
2004_060405shikoku0004_2ここでも無事に席を確保。「ひやあつ」(うどんが冷たくてだしが熱い)の小を食らう。お会計250円也。何度も申し訳ないが「うまい!」

しかしなんで写真とってないかな。

またもや食べている間に、店は大混雑。外に出るとそこにも行列が!「これは日ごろの行いだね」と嘘八百言いながら、車へ。

|

« 道後温泉の旅(1)最初からつまづく・・・ | トップページ | 道後温泉の旅(3)銭形砂絵 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うわぁ☆四国上陸、そしてめくるめく「おうどんの旅~」ですね。『山下』は超有名ですが、店内はかなり地味ィなので「ここが本当にあの山下か?」と思ってしまいますよね。私も『宮武』、気になります~。こちらではマーケットなどで、『山下』を始め『高木』など数件の代表的なおうどんがシリーズになって、箱入りで売られています。

投稿: | 2004.06.08 04:36

あれ?☆すみません名前入れ忘れてしまいました。
あるとでございます~。

投稿: あると | 2004.06.08 04:37

K_Sさん、こんにちは。
山下!宮武!いいですねー。いつかさぬきうどん聖地を回りたいと思っている私にとってあこがれの地です。山越で釜玉食べて、なかむらでネギを刻むのが夢です。

投稿: くりおね | 2004.06.08 09:48

あると様
こんにちは。地味な店構えのうどん屋ほど(あるいは「あやしい」店構えとも言う)うまいという法則があるように思います。
箱入りのうどん、こちらでも見かけますが、やはり家で作るとあのうまさは再現できません。湯で加減や、しめ加減も重要な要素なんですね。

投稿: K_S | 2004.06.08 10:00

くりおね様
こんにちは。山越・なかむら、いずれも超有名店ですね。私自身はまだどちらにもいったことがないので、いつかは訪れたい店ですね。
個人的には赤坂製麺所のおばちゃんに写真を撮ってもらいたいんですけどね(笑)。

投稿: K_S | 2004.06.08 10:02

この記事へのコメントは終了しました。

« 道後温泉の旅(1)最初からつまづく・・・ | トップページ | 道後温泉の旅(3)銭形砂絵 »