« モーニング娘。と平井堅さんの「I WISH」 | トップページ | 「水曜どうでしょう」に続け!地方発!面白テレビ番組を探せ(日経エンタテイメント) »

2004.08.03

嬉野DによるOnちゃん秘話(?)

水曜どうでしょうの中では、「Onちゃん」でおなじみ、チームナックスの安田顕さんにお子様が誕生されたということで、各方面いろいろと取り上げていらっしゃるようだ。その流れに遅ればせながら乗ってみようと思う。
で、何を書こうか迷っていたところ、どうでしょう公式HPのBBSに嬉野Dがこんなレスをしていた。
(以下引用)

嬉野
私としては、安田さんといえば、どーしてもOnちゃんなのでございます。
あれは1998年のことでしたかHTB30周年を記念してマスコットキャラとして捏造された「Onちゃん」の等身大の着ぐるみが、実は社にあって、しかもそれがアメリカ製で100万円もする上物だという話を聞き「十勝二十番勝負」で、安田さんにその舶来品のOnの着ぐるみをすっぽり着ていただいてOnになってもらったのがはじまりだったのでございます。
そーしたところが、安田さん、マスコットになりきるというより、マスコットであるという認識がありながらあくまでも御自分の生活観をそこに持ち出してくるという、性質はしごく繊細であるにもかかわらず理解力はスコブル乱暴という安田さんらしい仕事振りで、テレビ局のマスコットには似つかわしくない縦横無尽な生活態度で、昼間からロケ先で酒に酔うわ、大泉さんをおちょくり乱闘沙汰になるわと大暴れで、大泉さんの拳がめり込むたびに御茶の間の人気を独り占めし、その余勢をかって「ぬいぐるみOn」の売り上げも右肩上がりとなり、集金に告ぐ集金。いまやOnは局社屋上に立つ巨大なモニュメントとして札幌市平岸界隈に威を払っておるのでございます。
これもひとえに安田さんの偉業と、私嬉野は未だにひとり密かに畏怖するところなのでございます。Onパパ、Onママ、OKちゃんという可愛らしくも平穏無事なマスコット社会のイメージをを引きずったまま、他所の女と結婚して子供まで作って、それでも安田さんは、HTBのマスコットOnなのだと、またしてもわたくしは深く感心するばかりなのでございます。
夕日を見つめて立つOnの哀愁、あの黄色くて丸いだけの着ぐるみの背中で人生の深い悲しみを表現する安田くん。あなたは凄い。奥さん綺麗な人なんでしょ。今度写真見せて~。長くなりすぎたか…、悪かったな、諸君。
(引用ここまで・一部改行位置および文字加工)

Onちゃんって舶来品だったのか!それも100万円とは!!いやー嬉野D、いいネタを提供してくださった&いつもながら素晴らしい文章をお書きになる!
各放送局がいろんなキャラクターを作っているけれども、その中でもダントツの人気と知名度を誇っている「Onちゃん」は、安田さんの活躍があってこそここまでのキャラクターになったのだと改めて実感。

さすがにもう「Onちゃん」はやらないかな、安田さん。「どうでしょうまつり」あたりでやってくれたらうれしいんだけど。

|

« モーニング娘。と平井堅さんの「I WISH」 | トップページ | 「水曜どうでしょう」に続け!地方発!面白テレビ番組を探せ(日経エンタテイメント) »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。