« 掲示板をつけてみた | トップページ | 北海道物産展に「どうでしょうグッズ」(伊勢丹新宿店) »

2004.08.23

「どうでしょうの本」ねえ・・・

水曜どうでしょう公式HPにて、「どうでしょうの本」発売が発表された。価格は1890円(税込み)。
9月1日から全国のローソンさんで予約開始(商品番号 166391) 、発売は11月24日とのこと。

写真集だ、扇子だ、ポスターだ、カレンダーだ、そして今度は本だと、グッズ乱発気味のどうでしょう。
・・・いやね、多分買うんだよ(扇子は買えなかったけど)。道外人だからさ、「どうでしょう」に飢えてるわけ。
でもね、

「水曜どうでしょう」って何?テレビ番組だよね。レギュラー放送が終了した目的は何だった?
ひとつはDVD全集を作ることだったね。もうひとつの目的が、藤村Dが「ウラ」で書いていたことだね。(以下引用)

「水曜どうでしょう」以外で、みなさんを楽しませることは、できないだろうか?
そういう欲求です。

(引用ここまで)
この「ウラ」の続きでは「芝居」をしたいと書いてある。それがあの「水曜天幕團」につながるわけだ。

もう少し拡大解釈をしてだ、その「どうでしょう以外で楽しませる」というのが、写真集その他のグッズだと捕らえることにしてもだ、そちらばかりがメインになってるんじゃあないだろうか?

DVD全集とグッズ、果たしてどちらを待っている人が多いのだろうか?あるいは、そんなものより「新作・どうでしょう」を待っている人が多いのだろうか?

思うに、結局「どうでしょうファン」が求めているのは、「テレビに映るどうでしょう」なんじゃないだろうか?
それが電波に乗る形であろうと、DVDという媒体であろうと、自分の家のテレビの中で、動くミスターや大泉さん、藤村Dの声やたまに入る嬉野Dの声を見たり聞いたりしたい。そう思うのは私だけだろうか・・・。

|

« 掲示板をつけてみた | トップページ | 北海道物産展に「どうでしょうグッズ」(伊勢丹新宿店) »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。同じどうバカのたいぷです。
私も同じ。早くDVD全集を、というかリソースをそちらに集中して欲しいと思います。
難しいかもしれないけど、1年に2本ぐらい出して欲しい。

投稿: たいぷ | 2004.08.28 23:43

たいぷ様
ようこそいらっしゃいました。
そうですね、もう少しDVDの制作ペースはあげていただきたいですね。

投稿: K_S | 2004.08.28 23:58

DVDのペースが落ちてますよねぇ。次のDVDの受け取りは来年ですから・・・

毎年新作が1つ追加されたとして、1年間に発売されるDVDが1つだとするとDVD全集を完結させることが本当にできるのか疑問に感じます。

「まつり」という名のトークライブの詳細も未定ですし。

投稿: ともともすもも | 2004.08.29 15:36

ともともすもも様
D陣が(というか藤村Dが)、「あれもしたい、これもしたい」といろいろと手を伸ばしすぎのようにも思えますね。
何せ、「どうでしょうビデオ」の例がありますからねえ(もともと「サイコロ1」ビデオのあとに「闘痔の旅」をビデオ化する話があったそうですから)。同じようにならないとは思っていますが・・・。

投稿: K_S | 2004.08.29 16:26

はじめまして。
『水曜どうでしょう』をテレビの中だけのモノにしておくのは勿体ないと、予てよりずーっと思っておりました。
だから、本にしてほしいだの、ラジオ水曜どうでしょうが聴きたいだの、映画も有りなんじゃないか!?...などと勝手なことを公式の掲示板に書き込んでいた事もございます。
多方面に才能のある方達だと思いますから。
4人が旅する『どうでしょう』も勿論大好きですし、それ以外のカタチの『どうでしょう』も好きですよ。
まぁ...それでもグッズをバカスカ買えるような財布環境ではないので、時には涙を飲んで我慢...の場合もありますが。
私は文句無く楽しみにしております。そして、来年予定の『濃厚牛追い暴れ旅』も。

投稿: とびいりじょーんず | 2004.08.30 23:39

とびいりじょーんず様
公式BBSの書き込み、よく拝見いたしております。
コメントいただいた内容も理解は出来ます。
「『どうでしょう』のカタチを変えたものは必要ない!」なんてことは、ひとっつも思ってないです。「天幕團」もよかったと思いますし(少し不満はありますが)、映画やラジオもやってくれたら多分見たいし、聞きたいと思うのです。
今回この記事や、別記事で「どうでしょうの本」について、ネガティブなことを書いているのは、「どうでしょう班」としての動きが見えないことなのです。
4人そろってこそ「どうでしょう班」であって、D陣2人だけが何かをしてもそれは「どうでしょう班」が動いているのではないんじゃないかなと思うわけです。
もちろん、何かを「どうでしょう」として行う前に、D陣が事前に動くこと(ロケハン等)はあるでしょう。でもそれを「これが『どうでしょう』ですよぉ」と言われるのは、ちょっと違うかなと。
ミスターがいて、大泉さんがいて、D陣2人がいて、4人がそろって何らかの表現がなされる。それがどんなカタチをとっても「どうでしょう」と名乗るのは、納得できるのです(そういう意味では「R-14」や「天幕團」は、ミスターがいないところがちょっと残念なわけですが)。
もう少し条件を緩めたとして、ミスターか大泉さんのどちらか1名とD陣まではまだいいのです。もっと緩めれば、「どうでしょう班」が行動したあとに、D陣がそれに対して何か行う(DVDの副音声みたいなもの)のはいいと思います。
D陣が先に動いたことがメインコンテンツになるのは、本末転倒ではないかと思えてなりません。
なんだかだらだらとまとまりのないことをコメントで書いてしまいましたが、そんなことを考えている人もいるんだなあ程度にとっていただければと思います。

投稿: K_S | 2004.08.31 07:09

この記事へのコメントは終了しました。

« 掲示板をつけてみた | トップページ | 北海道物産展に「どうでしょうグッズ」(伊勢丹新宿店) »