« 「水曜どうでしょう」は重要な道産品 DVD無断複製、公判で検察が称賛-札幌地裁(北海道新聞) | トップページ | 「南のHTB」を訪れる »

2004.08.20

ブロスを持って旅に出た

Riezoさんの記事を見て、「テレビブロス」さんを購入した。
確かに読み応えは十分あった。あと、他の地方番組も取り上げてあった(このあたりは先日のサイゾーとネタ的にかぶっているような)。そこで気になる記述を見つけた。
KBC九州朝日放送さんの「ドォーモ」の記事の中にあるこんな文章だ(以下引用)

・・・列挙すると福岡県ならではの企画というものが少ないように感じるが、これは開始当初から「北海道で放送されても耐えられる普遍的な面白さを目指していた」(広報資料)ためだという。
(引用ここまで) 番組を見たことがないので言及できないけれども、「どうでしょう」さんが全国で放送されているのに対して、「ドォーモ」さんは九州内のネットにとどまっている。番組販売の戦略が違うというのもあるのかもしれないが、企画意図がそういうものであれば、もっと全国に打ってでてもいいのではないかと思う(もちろん「どうでしょう」さんのように、多くの方に受け入れられるかどうかはわからないが)。

あと、秋田朝日放送の「ぷぁぷぁ金星」や、以前の記事でも取り上げた「西田二郎の無添加ですよ!」も紹介されており、ディレクターの西田二郎さんのインタビューも掲載されていた。

そんな記事を読みながら、たどり着いたら「佐賀」だった。嬉野D出身地である「佐賀」、通過したことは何度かあるが、今回は駅前のホテルで一泊する。
明日は、「どうでしょう」ゆかりの「あの地」を訪れる予定である。

|

« 「水曜どうでしょう」は重要な道産品 DVD無断複製、公判で検察が称賛-札幌地裁(北海道新聞) | トップページ | 「南のHTB」を訪れる »

旅行・地域」カテゴリの記事

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。