« どうでしょう新作、千葉・神奈川も! | トップページ | 「どうでしょう記念日」 »

2004.11.20

「混雑した車内での「ヲタ話」はお止めください」

秋の観光シーズン真っ盛り。電車の混雑はかなりのものである。
そんな中、大声で周りを気にせず話をしている人がいて、混雑で姿が見えずに声だけが聞こえるというのは本当にイライラする。そんな話をひとつ書いてみる。

座った席からは見えない位置に、大学生だろうか、男たちがなにやら話をしているのが聞こえた。
最初はギャンブルの話から始まり、学生時代の数学の成績だの、他人にとってはどうでもいい話だが、彼らにとっては楽しい話をしているようだ。というか、一人が大声で・早口で・甲高い声で話をしていて、他の人間は相槌を打つだけである。

「聞かなきゃいいのに」と思われるだろうが「聞かないでおこう」と思えば思うほど「耳につく」ものなのである。

とはいえ、若干睡眠不足だったためうつらうつらしかけたそのときであった。

「裕ちゃんとなっちが出てきたんだよ」

さらにその後には

「圭ちゃんとごっちんとあっちゃんと、その後4期も出てさあ」

昨日のポップジャム(NHK)で、モーニング娘。他「ハロープロジェクト」のメンバーが勢ぞろいした「ハロプロオールスターズ」が出演しており、その話をしているらしい。

・・・確かに、旧モーニング娘。メンバーが並びで出てたし、見ごたえはあったかも知れぬ。
だがな、電車の中なんだよ!ものすごーく混んでるんだよ!お前らのヲタ話は誰も聞きたくねーんだよ!!!

彼らは途中の駅で降りていった。その後、後ろの席からこそこそと先ほどの彼らのことを嘲笑うような言葉が聞こえてきた。彼らはきっと気づいていないのだ。自分たちが行ったことがどれだけ人に迷惑をかけているのか、そして馬鹿にされているのかということを。

・・・とここまで書いて、ふと思った。これが「ハロープロジェクト」の話じゃなくて「どうでしょう」の話をしていたら、どう感じただろうか・・・やっぱり不快に感じると思う。興味のある人にとっては楽しい話でも、知らない人にとっては「雑音」にしかならない。
まあ、小さな声で周りに気遣いながら話をしていたのなら、そうは思わないだろうが。

自分が電車やその他他人が大勢いるところで話す時には気をつけなければと、改めて思わせてくれる出来事であった。

|

« どうでしょう新作、千葉・神奈川も! | トップページ | 「どうでしょう記念日」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。