« 鈴井さんの「広人苑」BGMについて | トップページ | 前泊の宿と帰りの切符を押さえる »

2004.12.08

掲示板の書き込みについて考える

水曜どうでしょう公式HP掲示板の嬉野Dのコメントを引用。

嬉野
あんましねぇ、みんなねぇ「尿泉」さんとか、みんな気軽に書いてるけどねぇ、止めた方がいいよぉ。へたすっと嫌われるよ。立派な人なんだよ大泉さんて。奥さんもそう思ってるんでしょ。だったら気ぃ使ったほうがいいよ、そういう細かいとこにも。ねぇー。年寄りのアドバイスよ。またおいで。
(引用ここまで)

ものすごく当たり前のことをコメントされているのだが、考えさせられるコメントでもあった。

最近の公式HP掲示板の書き込みを見ていると、出演者・スタッフに対しての言葉遣いがあまりにもひどいような気がしてならない。
原因は・・・藤村Dではないだろうか。

藤村Dは大泉さんを「にょういずみ」と呼んでみたり、掲示板でも書き込みに対し、結構ひどいコメントをつけていたりする。
もちろん、「にょういずみ」なんていう呼び方は藤村Dと大泉さんの信頼関係の中で成立しているわけだし、コメントにしても藤村D流のジョークだったりするわけで、読んでいる人が「予定調和」だと理解していればそれでよいのだろう。
しかし、そのことが書き込みをする人々にも影響を与えていて、出演者やスタッフが「連れ」のような感覚で書き込みしているような気がする。こういう書き込みは、読んでいてあまり気分のいいものではない。そういう書き込みをしている人は、これらの書き込みが不特定多数の人に読まれることを全く意識していないのだろう。

まあ、そんなことを思っているのなら掲示板なんて読まなければよいのだが、時々トップページにも書いていない情報や嬉野Dの味のあるコメントがあるから、やっぱり目を通してしまうわけで、掲示板を読んでいて感じる違和感やストレスが解消されることはこの先無いのかもしれない・・・。

|

« 鈴井さんの「広人苑」BGMについて | トップページ | 前泊の宿と帰りの切符を押さえる »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。