« いかなごのくぎ煮を作る | トップページ | 昔の写真を見直してみる-上海で見たいろんな看板- »

2005.04.06

K_Sのおススメの旅「冬の北海道・流氷」

ゆみぞうさんの「【100000hitsありがとう】あなたのおススメの旅、教えてください」にTBさせていただいております。

ゆみぞうさんのこの企画、「旅」といわれれば何か書かずにはいられないので参加してみることにする。
ほとんど毎月(月によっては毎週)旅に出ている身として、おススメの旅といわれると、いろいろあり過ぎてなかなか絞れないのだが、ここは頻繁に旅に出るようになったきっかけとなる旅について語ってみたい。
その行き先は「北海道」である。「ああ、どうでしょうで・・・」と思われるかもしれないが、どうでしょうさんを知るずっと前から北海道には何度も訪れていた。
初めて訪れたのは、1993年の冬。大学生活最後の冬休み、列車を乗り継いで北海道へ向かった。目的は「流氷を見る」ことだった。
北海道への漠然とした憧れは、ずいぶん昔からあった。JRがまだ国鉄だった頃、「チャレンジ2万キロ」キャンペーンの冊子にある北海道の路線図を見て、「これ、全部乗ってみたいなあ」と思ったのが北海道へ行きたいと思った最初のきっかけだったように思う。時刻表を見ながら、効率よく全線走破する計画を立てるのがとても楽しみだった。でも結局実行することなく、路線はどんどん廃止され、国鉄はJRになっていった。それでも北海道へ旅をしたいという思いは、ますます強くなっていった。
それからというもの、テレビで北海道の特集があれば必ず見ていた。そんな中、冬の北海道特集の番組で「流氷」が紹介されていた。見た瞬間に「これを自分の目で見てみたい」と思った。そして、その夢を実現するために、初めて北海道の地を踏むことになったのである。

大阪から急行きたぐに-特急いなほ-急行はまなす-特急オホーツクを乗り継いで、まずは網走へ。砕氷観光船「おーろら」へ乗るためである。しかし残念なことに流氷はそこには無かった。
夕方、網走からオホーツクで札幌へ戻り、今度は夜行急行「利尻」で稚内へ。稚内から紋別までバスでオホーツク海を南下した。遠くの方に流氷らしきものは見えたが、よくはわからない。紋別では、砕氷観光船「ガリンコ号」に乗りたかったのだが、満員で乗れず、そのままバスで網走へ。網走からは釧網本線で釧路へ、釧路からは夜行急行「まりも」で札幌へ。札幌からは「トワイライトエキスプレス」で大阪へ戻るという、ホテル泊なし・車中泊のみという今考えるととんでもない旅行であった(今思えば、こんな旅をしているから「どうでしょう」にハマったのかもしれない)。

それから毎年冬には流氷を見るために北海道へ渡ったのだが、「昨日まではあった」とか「帰った翌日に一面流氷だらけ」など、すれ違いばかり。結局流氷を見るまで6年の歳月がかかってしまった。そのときに撮った写真がこれ。
ryuhyo
そして、この写真を撮った年に秋田で「どうでしょうリターンズ」を初めて見て、その魅力に取り付かれたのは単なる偶然ではあるが、北海道への思いがさらに強くなったのは言うまでも無い。
それから年に数回、多いときは年7回も上陸したこともあった(2002年)。今年はまだ1度も上陸していないが、秋のどうでしょうまつりにはぜひとも参加したいと思っている。

春・夏・秋・冬、いつ旅をしても北海道は魅力がたっぷりではあるが、おススメはやはり「冬」である。寒いときこそ寒いところへ行く。これが一番だと思っている。そしてやはり「流氷」は一度は見ていただきたい。

|

« いかなごのくぎ煮を作る | トップページ | 昔の写真を見直してみる-上海で見たいろんな看板- »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。