« オフィシャルホテルで「どうでしょう班」気分を? | トップページ | 名古屋パーソナリティビッグ3(?)夢の共演! »

2005.06.24

月刊アピーリング7月号は「どうでしょう」

この記事は、Riezo@大阪さんの記事「百円玉で買えるぬくもり」にトラックバックさせていただいております。

ローソンさんだけで買える雑誌「アピーリング」、7月号の表紙は、「どうでしょうファン」をかなりびっくりさせてくれる。見慣れた「公園」の風景に、「おっさん」二人の後姿が映っている、そして真ん中には、「どうでしょう祭り」のロゴが燦然と輝いている。
「おっさん」二人などと、失礼なことを書いてしまったが、この後姿のお二人、どうでしょう班D陣の藤村Dと嬉野Dである。地方局のサラリーマン二人を、それも後姿で表紙にするとは、ローソンさんもなかなか思い切ったことをするものである。こんな表紙で普通の人は買わないんじゃないだろうか。

そして巻頭特集も、このお二人へのインタビュー記事である。
5ページに渡るインタビュー記事は、かなり「濃い」内容である。これを読むだけでも「100円以上」の価値はあるだろう。さらにそのあとの記事は、「鈴井貴之インタビュー」こちらが2ページ。さらにその次は「TEAM-NACS]の東京公園直前囲み取材のレポートが2ページ。もう「おなかいっぱい」である。これで100円なんて、信じられない。

本の内容については、あえて触れないでおく。これはぜひ手に入れていただきたい。
「でも概要くらいは知りたいなあ」なんていう方は、TBさせていただいたRiezoさんの記事をご覧いただければと思う。Riezoさんが記事を読んだ感想を、思い入れたっぷりに語っておられる。

|

« オフィシャルホテルで「どうでしょう班」気分を? | トップページ | 名古屋パーソナリティビッグ3(?)夢の共演! »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます。
表紙でいきなりやられて、中身見てさらにやられて、熱くなり思いの丈をかいちゃったという感じです。まだまだ書き足りないぐらいですが(苦笑)
あれで100円はほんとありがたすぎです。

投稿: Riezo | 2005.06.24 23:31

Riezo様
コメントありがとうございます。
世の中にいろんな「100円」で買えるものは存在しますが、今回の「アピーリング」ほど「お買い得感」のあるものはないような気がします(ただし「どうラー」限定)。
まだまだ書き足りないということでしたら、ぜひ書いていただきたいなあと思います。

投稿: K_S | 2005.06.25 06:17

この記事へのコメントは終了しました。

« オフィシャルホテルで「どうでしょう班」気分を? | トップページ | 名古屋パーソナリティビッグ3(?)夢の共演! »