« 「うどんガイド」かと思った | トップページ | 「賽は投げられた」は「旅ブログ」です。 »

2005.06.29

「ミュースカイ」で「セントレア」へ

昨日のことである。いまさらながらGWの振替休日が取れた。取れたといっても1日だけである。あまり遠出は出来ない。さて、どうしたものかと思いながら、とりあえず家を出た。
歩きながら考える。西へ向かうか東へ行くか。どこか行きたいところはないか・・・あ、あった!

というわけで、近鉄特急アーバンライナーに乗ってついた先は「名古屋」である。
名古屋といえば、「愛・地球博」といいたいところではあるが、もうひとつ、名古屋(というか愛知)のニュースポットがある。そこへこれまた新しい乗り物で行くことにした。
D1000017
名古屋鉄道(名鉄)の空港アクセス特急「ミュースカイ」である(名鉄さんの車両紹介ページはこちら)。



D1000018

これに乗っていく行き先は、もちろん決まっている。その「行き先」まで、名鉄名古屋駅からわずか28分である。

D1000026



そう、中部国際空港・「セントレア」である。





D1000024

ホームには自動ドアが取り付けられている。といっても、いわゆる「ホームドア」タイプではない。



駅と空港の距離は、関西空港のそれよりもかなり近い感じがした。また、関西空港と違って国内線・国際線の出発ロビーが同じフロアにあり、乗継が非常に便利になっている。

せっかく来たので、空港内をうろうろしてみることにした。

D1000027空港内は、平日にもかかわらず多くの見学者や出発する人たちでにぎわっていた。その賑わいを抜けていくと、「スカイデッキ」がある。スカイデッキの下は吹き抜けになっており、かなりゆったりとした空間となっている。





D1000031
スカイデッキは全長約300メートルもあり、総板張りである。
大阪国際空港(伊丹空港)にも、スカイデッキはあるが、規模は比較にならないほど広い。またエレベータで簡単にあがってこられるほか、段差もなく、徹底したバリアフリー化が図られている。これは、デッキだけではなくすべての空港施設についてもいえる。

D1000033

飛行機をこれだけ間近で見ることが出来る。滑走路での離陸・着陸も迫力がある(見学者が多すぎて写真が取れなかったのが残念である)。


一瞬ここから飛行機に乗ってどこかへ行こうかと思ったのだが、さすがにそこまでの「勇気」は無く、1時間弱の滞在で今度は空港バスで名古屋駅へ戻った。所要時間は約60分。電車の倍の時間がかかる。でも、新幹線の改札に近いところが降り場なので、乗り継ぎには便利だろう。

そこから岐阜の市内線廃線あとを少し見に行ってから、帰宅の途についた。帰りは、何に乗るか迷った末に、これを利用した。

D1000035長野からの特急「しなの」大阪行きである。「しなの」といえば、普通は名古屋までなのだが、1日1往復だけ大阪と長野を結んでいる。
時間はかかるが、乗り換えなしで大阪までいけるのはやはり楽である。

|

« 「うどんガイド」かと思った | トップページ | 「賽は投げられた」は「旅ブログ」です。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うーん、「名鉄名古屋」ですか・・・
「新名古屋」で馴染んでしまっているので、どうもまだ違和感が(^^;
岐阜市内線はもう痕跡がだいぶなくなっているのかな?熱心な運転再開運動もあるようですが。

投稿: MARU | 2005.07.05 01:05

MARU様
コメントありがとうございます。
分かりやすさでは「新名古屋」や「新岐阜」よりも「名鉄名古屋」「名鉄岐阜」なんでしょうけどね。
岐阜市内線ですが、線路はまだありましたが架線はなかったですね。といっても名鉄岐阜駅前の道路部分しか見ていませんから、他のところがどうなっているかは分かりませんが。また時間を作って他の場所も見に行きたいと思っています。

投稿: K_S | 2005.07.05 07:02

この記事へのコメントは終了しました。

« 「うどんガイド」かと思った | トップページ | 「賽は投げられた」は「旅ブログ」です。 »