« 小野田線に乗る | トップページ | 始発でGO! »

2005.07.23

7月23日の旅のまとめ

朝、起床とともに、時刻表とにらめっこ。最近は「東」へ向かうことが多かったので、今回は「西」へ向かうことにする。パソコンでネットのできる宿を探しつつ、大まかな行き先を決める。
そういえば、中国地方のJR路線完乗まであとわずかである。この機会に乗ってしまうことにしようと決めた。宿は新山口駅の近くのホテルを押さえて、旅支度を整えたら出発である。

ひとまず、三宮まで出て「青春18きっぷ」を手に入れる。西へ向かう最初の列車は、「新快速」である(写真はこちら)。車内では、さらに時刻表をチェック。乗り継ぎを考えていくと、今日と明日で完乗するためには、このままの乗継では不可能なことが判明。何か手段は・・・再度時刻表をめくり、解決策を見つけた。それは・・・

相生駅から岡山駅まで「新幹線」を使うこと、通称「ワープ」である。これによって、今日中に小野田線を走破することができる。
相生駅では、乗り換え時間わずか5分。一度改札を出て、切符と特急券を購入し、再度改札を抜けて、新幹線ホームへと走る。ホームに上がるとちょうど列車が入線したところであった。
席を探して車内を移動している間に扉が閉まる。なんとか乗り継ぐことが出来た。
新幹線は本当に早い。在来線で約1時間かかるところをわずか16分で駆け抜ける。
岡山からは「快速サンライナー」に乗り換える。このサンライナーに使われている車両は、以前は関西圏で新快速として走っていた117系という車両である(写真はこちら)。小学生のころに、この車両が登場し、わざわざ試乗会に行ったり、友達と明石まで小旅行したりした思い出がある。
この列車、行き先は福山だが、次の列車に福山で乗り換えるとホームが違うので階段の上り下りが必要となる。そこで一つ前の停車駅である笠岡で乗り換える。
笠岡といえば、どうでしょう班も訪れた場所である「白石島」への玄関口である(写真はこちら)。一瞬「それ魅力」とも思ったのだが、ここは先を急ぐことにする。
途中糸崎駅・岩国駅・新山口駅で乗り換えて、宇部駅に到着。ここからは宇部線に乗車する。車内は、浴衣姿の人が多い。後で知ったのだが、どうやら花火大会へ向かっているようだ。電車は宇部市の中心部に位置する宇部新川駅に到着(写真はこちら)。ここで大半の乗客が下車する。ここで乗り換えのため、しばし待つ。
こんどは、今来た線路を一駅戻り、居能駅から小野田線に乗車する。いよいよ、初乗り線区である。さらに雀田駅で乗り換え。長門本山駅へ向かう視線に乗り換える。以前は「クモハ42」という年代ものの車両が走っていたのだが、いまは123系という車両に置き換えられている。
D1000065


ふと車番を見ると「クモハ123-4」と番号が並んでいた。




終点の長門本山駅に到着(写真はこちら)。折り返しの電車が1日5往復ある電車の最終電車になる。来た線路を戻り、雀田駅で乗り換え、小野田駅に到着。これで小野田線を完乗した。後は宿のある新山口駅へ戻るだけである。
19:50、無事に新山口駅に到着。改札に向かう途中でこんなポスターを発見した。
D1000074

「オーサカキング」のポスターである。
山口から毎日放送のイベントを見に行く人がいるのだろうか?
宣伝効果に疑問が残る。




宿は駅前なので、とりあえず夕食を調達しようと、以前立ち寄ったことのある駅近くのスーパーへ向かおうとしたのだが、様子がおかしい。いってみると、閉店していた。
ホテルは結構新しいものがいくつか建っているのだが、やはり郊外型の大型スーパーには勝てないということなのだろうか。
仕方がないので、駅前のコンビニで夕食を調達し、ホテルにチェックイン。新築のホテルが立ち並ぶ中、少々古めかしいホテルではあるが、室内は結構広く、ネットも使える。値段も安い(4500円)ので、十分である。
さて、明日はいよいよ残りの路線を走破することになる。

山陽本線厚狭駅から山陰本線長門市駅を結ぶ「美祢線」
その長門市駅から仙崎駅まで延びる山陰本線の「支線」
そして、山陰本線の益田駅から今いる新山口駅までを結ぶ「山口線」

この3路線に乗れば、中国地方のJR線にはすべて乗車したことになる。JR四国の路線はすでに走破済み、JR九州も南九州の一部を残すのみなので、西日本についてはもうまもなく完乗できるものと思っている。とはいえ、東日本、とくに東北地方や、北海道に乗っていない路線が山ほどあるので、全線完乗にはまだまだ時間がかかりそうだ。まあ、無理に全線乗りつくす気はないので、ゆるゆると乗っていって気がつけば全部乗っていたというのが理想である。

|

« 小野田線に乗る | トップページ | 始発でGO! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

またまたおじゃましますよぉー。
今日はお疲れ様でした。
長門本山駅は、今年の春に関口さんも訪れてはった駅ですね。
そして明日は記念すべき中国地方制覇ですね。
山口では祇園祭が行われているようです。
SLやまぐち号には出会えるかな?!
はたまた乗っちゃうのか?
楽しみにしてマッスル!
では、気を付けて帰ってきてねん。

投稿: みぃ | 2005.07.24 00:11

みぃ様
コメントありがとうございます。
長門本山駅、そうそう、関口さんはたしかそこから歩いて駅へ向かっておられたような記憶がありますね。
SLやまぐち号は多分どこかの駅で行き違いをするはずなので、うまくモブログできればと思っております。
・・・乗っちゃうという手もありますよね、指定席が取れれば。ただそうなると「長距離ワープ」が必要になるので、財布がちょっと痛いんですけど・・・検討してみます。

投稿: K_S | 2005.07.24 04:56

この記事へのコメントは終了しました。

« 小野田線に乗る | トップページ | 始発でGO! »