« 「AERA」で「大泉洋どうでしょう」 | トップページ | 「週アス女子部」に「イケメン」佐藤重幸さん »

2005.07.12

10回乗って1回タダになる高速バス

先日の旅で利用した高速バス。お金を節約した旅には欠かせないアイテムのひとつである。夜行高速バス(どうラー的には「深夜バス」と呼ぶべきか)の世界では、格安・激安バスなんていうのがあって、大阪東京間が3000円台というのもあるようだ。
そんな中、JRハイウェイバスが打ち出したサービスが「ポイントカード」システムである。これは、京阪神と東京・新宿を結ぶ高速バス(昼行・夜行いずれも)に片道1回乗ると、ポイントカードにスタンプが1つ押され、10個集まると、京阪神-東京・新宿間の希望する区間の片道にタダで乗れるというものである。
ちょっと考えてみよう。

現在、京阪神-東京・新宿間を結ぶJRハイウェイバスは次のような分類に分かれる。
3列シートの夜行バス ドリーム号(大阪・京都・奈良・神戸の各都市と東京間)
3列シートの夜行バス ニュードリーム号(大阪・京都・神戸の各都市と新宿間)
4列シートの夜行バス 青春ドリーム号(ドリーム号と同じ区間)
4列シートの夜行バス 青春ニュードリーム号(ニュードリーム号と同じ区間)
3列シートの昼行バス 東海道昼特急(大阪・京都の各都市と東京間)
3列シートの昼行バス 中央道昼特急(大阪・京都の各都市と新宿間)
この中で一番安いのは、「青春ドリーム号」で片道5000円(往復割引で9500円)である。一方一番高いのは、ドリーム(ニュードリーム)神戸号で片道8690円(往復割引で15640円)である。つまり青春ドリーム号で10回(5往復)乗って、ドリーム神戸号に1回タダで乗ると金銭的には一番トクではある・・・が、さすがにそれをやる気はおこらないなあ。

ちなみにポイントカードの有効期限は、最初のスタンプ捺印から1年間。スタンプが10個になった日から6ヶ月以内に乗車することが条件となる。ちなみに、GWやお盆・年末などは無料乗車は出来ないとの事。

ちなみにこのポイントカード制度、なんば-高松間を結ぶ「フットバス」でも「ハッピーポイント」という名称で同様のサービスが行われている。10回乗車で1回タダになるそうだ。こちらは、スタンプ5個で「スルッとKANSAI」カード1000円分がプレゼントされるそうなので、ちょっと魅力。

|

« 「AERA」で「大泉洋どうでしょう」 | トップページ | 「週アス女子部」に「イケメン」佐藤重幸さん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。