« さぬきうどん食べたい! | トップページ | 外付けSATAハードディスクを買う »

2005.08.12

「20年前の精神年齢」に「実年齢」が追いつく

あれは高校に入って間もないころだっただろうか、何かの授業で「精神年齢チェック」をした。たぶん授業にはまったく関係なくて、教師(確か非常勤講師だったと思う)が、お遊びで行ったものだと思う。
いくつかの質問項目があって、その項目の回答値ごとにポイントが加算されていく。そのポイントで「精神年齢」を判断するというものであった。そのとき、「20ポイント」で「精神年齢30歳」ということだったのだが、私のポイントは「25ポイント」もあった。20ポイント超の「精神年齢」は設定されておらず、そのとき以来、事あるごとに「精神年齢35歳」というのを話のネタにしてきた。
とはいえ、実年齢とのギャップがあるから「ネタ」になるわけで、実年齢を重ねるうちにネタとしては成立しなくなってきていた。
そしてついに、実年齢が20年前の精神年齢に追いついてしまった。今、あの時と同じ精神年齢チェックをしたとすれば、いったい何歳になっているのだろうか。あまり変わっていないのか、もっと「おっさん」になっているのか、いや逆に若返っているのか・・・。
恐らく、考え方や行動パターンは当時から大きくは変わっていないような気がするので、同じくらいか、もう少し「おっさん」になっているのだろう・・・まあ気にはしないが。

|

« さぬきうどん食べたい! | トップページ | 外付けSATAハードディスクを買う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。