« 「20年前の精神年齢」に「実年齢」が追いつく | トップページ | オフィシャルツアーの予約確認書キター! »

2005.08.12

外付けSATAハードディスクを買う

以前、ビデオの取り込み用にUSB2.0接続のHDD(160GB)を購入したのだが、もうすぐいっぱいになりそうだったので、もう1台HDDを購入することにした。
USB接続では、ビデオの取り込みでコマ落ちなどが発生していたので、できるだけ高速なHDDがほしいと思い、いろいろと探してみると、SATAの外付けHDDというのがあるのを発見した。幸い、自宅のPCのマザーボードには内蔵SATAポートが2つある。HDDに付属しているパーツを利用すれば、内蔵SATAでも接続できる。
会社帰りに、ソフマップに立ち寄った。最初は、外付けSATAHDDケースとSATAHDDを組み合わせて買おうと思ったのだが、ケースが売り切れていた。ついこの間までは在庫があったはずなのに、結構売れているのだろうか。

普段ならここであきらめて帰るところなのだが、頭の中は家に帰ってビデオを取り込む算段でいっぱいになっていて、何としてでもHDDを購入せねば!という気持ちになっていた。
HDD売り場を探してみると、バッファローの外付けSATAHDDを発見した。値段もそれほど高くはない。気がついたら、箱を持ってレジに並んで、カードで決済していた。

急いで家に帰り、PCに接続して、設定。さあ、早速取り込みを・・・あれ?認識してない!
調べてみると、BIOSの設定でSATAを切っていたことが判明。使えるように設定しなおし、再起動すると、今度はドライブを認識した。
それではと、取り込みを始めてみる。今まで使っていたUSBのHDDに比べても音が静かで、コマ落ちしている様子もない。これはいい!と思っていたら、突然メッセージが表示された。
取り込みサイズを超えたというのである。HDDがFATフォーマットだった。これでは使い勝手が悪い。いったん取り込みを中止し、HDDをNTFSで再フォーマット。これがなかなか終わらない。ビデオの取り込みは明日以降になりそうである。

|

« 「20年前の精神年齢」に「実年齢」が追いつく | トップページ | オフィシャルツアーの予約確認書キター! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。