« 本当に「実用性」があるのか? | トップページ | まったく思いつかないので思いつくままに書いてみる »

2005.09.10

「はしご男」あらわる

「電車男」が流行りだからといって、この記事タイトルはあまりにも安易ではないだろうか>共同通信さん

はしご男、電車止める 時速100キロで10分走行(yahoo!ニュース-共同通信-)

車両と車両の間のすきまに入って、車両に取り付けてあるはしごに10分間乗車していたそうだ。最近の電車には、車両の間に入ることが出来ないよう「転落防止幌」がつけられていることが多いのだが、この列車にはついていなかったようである。
しかしこの男性も、そこそこの年齢であるにもかかわらず、列車の発車時刻を確認してからホームに降りるという基本的なことができていないのが不思議である。まあうっかりかもしれないが。

|

« 本当に「実用性」があるのか? | トップページ | まったく思いつかないので思いつくままに書いてみる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。