« 本日いよいよどうでしょう最新作ON-AIR! | トップページ | 北海道で新作どうでしょうを見る »

2005.10.19

10月19日の旅をまとめる

今日も早朝からの出発となる。
ホテルをチェックアウトして、目の前にある「函館朝市」をスルーして駅へ向かう。本当なら、朝市でうまい海鮮丼などを食べればいいのだが、何せ低予算旅行ゆえ、一食たりとも贅沢は出来ない。駅の売店でおにぎりやお茶を購入する。後で函館駅に戻ってくるので、大きくて重いキャリーバッグをコインロッカーに預ける。
函館7時発のスーパー白鳥10号で、木古内を目指す。

2005_1019matsurihokkaido_trip0001

実は、木古内で乗り継ぐ列車は函館7時4分発なので、函館から乗ればいい話なのだが、スーパー白鳥に乗ってみたい!ということでこのような乗り継ぎとなった。7時38分に木古内到着。

2005_1019matsurihokkaido_trip0019

木古内での乗り継ぎ待ちの間に、駅の外に出て木古内湾まで出てみる。

2005_1019matsurihokkaido_trip00142005_1019matsurihokkaido_trip0013

天気もいいし、海も穏やかである。

駅へ戻ってしばらくすると、乗り継ぐべき列車がやってきた。

2005_1019matsurihokkaido_trip0020

8時10分木古内を出発。ここからは江差線を走破する。イメージ的には海岸沿いを走ると思っていたのだが、結構山間を縫うように走っていく。一部紅葉しているところも見られたが、まだ時期が早いようである。

9時18分、江差駅到着。

2005_1019matsurihokkaido_trip0023

2005_1019matsurihokkaido_trip0025

折り返しの列車が出るまで約50分。町のはずれに駅があるため、駅の周辺にも見るべきところは特にない。駅前の商店で飲み物を買い、駅の待合室でしばし待つ。
10時10分、折り返しの列車が江差を出発。来た道を戻って、11時11分木古内着。
階段を上り、11時23分発の函館行き白鳥71号に乗り換える。函館到着は12時4分。

2005_1019matsurihokkaido_trip0037

最初に立てたスケジュールでは、ここから12時17分発のスーパー北斗9号に乗り、長万部へ。長万部からは函館本線の通称「山線」を経由して小樽へ。さらに札幌に出て、本日の宿泊地旭川へ向かう予定だったのだが、せっかく函館に来たので一度訪れたいと思っていた場所へ行くことにした。

2005_1019matsurihokkaido_trip0048

駅前から市電に乗車して約30分、終点の湯の川で降りて、適当な方向へ歩き出す。昨日の夜にネットで調べて大体の場所は理解しているつもりだったのだが、いざ歩き出すと不安になる。

自分の「勘」を信じて歩いていくと、その場所はあっけなく見つかった。

2005_1019matsurihokkaido_trip0041

「コーヒールームきくち」
対決列島の第1戦目の種目・ソフトクリームはこちらの名物である。
やや寒いことと、もともと甘いものは好きではないということもあって、ソフトクリームの購入はやめて、今度は対決した場所を探してみる。ところが、これがよくわからない。番組の記憶を頼りに川沿いを歩いてみるのだが、やはりよくわからない。一応数箇所写真を撮っておいたので、帰宅してから確認することにした。

目的が達成できれば後は駅へと戻るだけである。帰りも市電にしようかと思ったのだが、ちょうど函館駅経由函館バスターミナル行きのバスが見えたので、こちらに乗車。函館駅へ戻る。時刻は13時40分。次の特急スーパー北斗13号の発車時刻が14時26分。それほど時間はない。函館で何も名物らしきものも食べていないので、何か食べようと思い、駅周辺で探してみる。
ちょうど駅の向かいのビルにラーメン屋があったのでそこに入り、塩ラーメンを注文。550円也。

2005_1019matsurihokkaido_trip0046

見た目も味もシンプルで、それなりに満足。以前ホタテだのカニだのいろいろ入ったラーメンを函館で食べたことがあるのだが、大してうまくもなく、値段だけがべらぼうに高かった(1500円位したような記憶がある)。それならシンプルで、値段もお安いのこの塩ラーメンのほうがよっぽどいい。もともと青函連絡船で営業していたラーメン屋の流れを汲んでいるようである。

コインロッカーから荷物を取り出し、改札へ向かうと発車5分前。少し急ぎ足でホームへ向かい、列車に乗り込む。
14時26分発スーパー北斗13号で函館を出発。

2005_1019matsurihokkaido_trip0056

途中大沼公園や駒ケ岳の景色を眺めつつ、16時29分、東室蘭に到着。

2005_1019matsurihokkaido_trip0050 2005_1019matsurihokkaido_trip0051

2005_1019matsurihokkaido_trip0057

16時56分発の室蘭行きに乗り換える。

2005_1019matsurihokkaido_trip0061

電化されている区間なのだが、列車は気動車2両編成。17時9分室蘭に到着。

2005_1019matsurihokkaido_trip00622005_1019matsurihokkaido_trip0064

この室蘭駅、平成9年に今の場所に移ったそうで、以前の駅舎は保存されているという。せっかくなので、その旧駅舎を見に行くことにした。
駅前の地図をさっと見て、歩き出す。また「勘」だけで歩いていくと、ライトアップされた旧駅舎を発見。

2005_1019matsurihokkaido_trip0069

2005_1019matsurihokkaido_trip0067

看板によれば、この駅舎は明治45年に出来たそうで、北海道の駅舎では最古の木造建築物とのこと。写真に収める。

思ったよりも駅から距離があったので、少し急ぎ足で駅に戻る。18時10分発の長万部行きに乗車、先ほど乗ってきた同じ車両である。18時24分、東室蘭に到着。階段を上り、乗り換えである。

18時30分発のスーパー北斗17号で一路札幌へ向かう。もう外は真っ暗で何も見えない。
19時43分、札幌に到着。またホームを移動して、旭川行きのスーパーホワイトアロー27号に乗車する。20時ちょうど、札幌駅を出発。
座席にはパソコン用の電源コンセントがついている。

2005_1019matsurihokkaido_trip0073

これ幸いと、パソコンを取り出し今日の旅のまとめを打ち込んでいく。ついでに携帯も充電しておく。写真を撮りまくっているので、携帯の電池が本当に持たない。やはりデジタルカメラを買っておくべきだったかなあといまさらながら思う。
21時25分、定刻より5分遅れで旭川に到着。

2005_1019matsurihokkaido_trip0076

今日も長い一日が終わった。
明日は今日よりもさらに早い時間の出発となる。

|

« 本日いよいよどうでしょう最新作ON-AIR! | トップページ | 北海道で新作どうでしょうを見る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。