« 北海道で新作どうでしょうを見る | トップページ | 10月21日の旅をまとめる »

2005.10.20

10月20日の旅をまとめる

本日も早朝からホテルを出発。キャリーバッグを駅のコインロッカーに預けて、旭川5時47分発富良野線の始発列車で富良野を目指す。

2005_1020matsurihokkaido_trip0005

出発時点では3、4人だった車内は、途中の駅で通学する学生を乗せていくものの、車内には空席も十分あり、関西での通勤・通学ラッシュを思えば、あまりにものどかである。
7時4分、富良野に到着。

2005_1020matsurihokkaido_trip0012

ここで滝川からやってくる根室本線の列車に乗り換える。
7時22分、通学する学生を乗せた列車が出発。こちらも混雑しているとはとてもいえないほどの乗車率である。
途中、幾寅駅で学生全員が下車。幾寅といえば、映画「鉄道員」の舞台ともなった駅である。駅には映画で使われた車両のモックアップらしきものも展示されている。

2005_1020matsurihokkaido_trip0021

列車は狩勝峠を越えて、9時4分、そばで有名な新得へ到着。

2005_1020matsurihokkaido_trip0039

駅前には数軒の蕎麦屋さんがあるようだが、営業時間前である。でもせっかく来たのだからと思い、駅の立ち食いそばを食べる。

2005_1020matsurihokkaido_trip0047

10時13分、快速狩勝で新得を出発。

2005_1020matsurihokkaido_trip00532005_1020matsurihokkaido_trip0055

今来た道を富良野まで戻り、富良野からは根室本線を経由して滝川へ向かう。滝川到着は12時35分。

2005_1020matsurihokkaido_trip0060

滝川からは、12時49分発のスーパーホワイトアロー11号で次の停車駅深川へ。

2005_1020matsurihokkaido_trip0065

ここで携帯電話の電池がかなり少なくなってきていることに気づく。ちょうど駅前にコンビニを見つけたので、緊急用の電池を購入。事なきを得る。

12時23分、留萌本線の列車で深川駅を出発。

2005_1020matsurihokkaido_trip0068

途中には、NHKの連続テレビ小説「すずらん」のロケ地となった「恵比島」がある。

2005_1020matsurihokkaido_trip0095

そのとき使われた駅名「明日萌」の駅名表示板も残っている(撮影できず)。
線名の由来でもある留萌駅を過ぎると、鉄橋を通過する。隣にも同じ形の鉄橋があるのだが、こちらには線路はない。これは。1987年3月に廃止された留萌と宗谷本線の幌延を結んでいた羽幌線の後である。廃線から18年、しばらくいくと右手方向に分かれていく線路跡も確認することが出来た。

14時48分、終着駅増毛に到着。

2005_1020matsurihokkaido_trip0075

折り返しの列車までは約1時間ある。このまま列車で折り返してもよいのだが、並行する道路には路線バスが走っている。留萌まではこのバスに乗ってみようと思い、駅から少し離れた場所にあるバスターミナルへ向かう。

2005_1020matsurihokkaido_trip0077

2005_1020matsurihokkaido_trip0078

2005_1020matsurihokkaido_trip0079

日本最北の酒蔵など、昔から残る建物を見ながら歩いていったのだが、バスターミナルがなかなか見えてこない。思ったよりも遠くて少しあせりながらも、なんとかバスターミナルへ到着。

2005_1020matsurihokkaido_trip0082

ところが、待合室には誰もいない。

2005_1020matsurihokkaido_trip0084

乗客だけではない、窓口にもシャッターが下ろされていて誰もいない。掲示された張り紙などを見ると、どうやら朝10時30分までは人がいるようで、それ以降は無人になるらしい。
本当にバスが来るのかどうか不安になりながら待つことしばし、定刻15時31分、待っていたバスがターミナルに入ってきたので、乗車。

2005_1020matsurihokkaido_trip0085

バスは増毛駅を経由して留萌へと向かう。途中、帰宅する学生を乗せたり降ろしたりしながら、列車よりも早く16時5分に留萌駅前バス停に到着。駅までは数分歩かねばならないが、列車の発車時刻には余裕で間に合った。
深川行きの列車が来るまで、駅構内を撮影していると、こんな看板を発見。

2005_1020matsurihokkaido_trip0090

増毛駅は無人駅なので、こういった入場券は留萌駅で発売している。しかしこのイラスト、使って大丈夫なのだろうか・・・。余談だが、「増毛」の逆(?)で「ハゲ」という駅も高知県にある(漢字は「半家」)。

16時15分、留萌駅を出発。外は一気に暗くなってくる。17時14分、終点深川に到着するころには外はすっかり日が暮れていた。
深川17時40分発のライラック15号で、次の停車駅であり、列車の終着駅旭川に向かう。

2005_1020matsurihokkaido_trip0101

乗車時間20分、18時ちょうどに旭川到着。コインロッカーの荷物を取り出し、売店で夕食の弁当を購入する。
旭川18時45分発のスーパー宗谷3号で今日の目的地・稚内を目指す。
外を見ても明かりらしきものがほとんど見えない。時折車のライトと思われう光が見えるくらいだ。それも一瞬、ほとんどは闇の中である。明日折り返すときにはしっかりと景色を楽しみたいと思う。
22時20分、列車の終着駅、そしてJR最北の駅稚内へ到着。

2005_1020matsurihokkaido_trip01112005_1020matsurihokkaido_trip0110

今日も長い一日だった。

|

« 北海道で新作どうでしょうを見る | トップページ | 10月21日の旅をまとめる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。