« ステッカーを貰う | トップページ | 10月15日・祭第2日目(2) »

2005.10.16

10月15日・祭第2日目(1)

祭二日目も、朝から順に書いていくことにする。
朝9時にホテルを出て、会場へは向かわずにバスと地下鉄で南平岸へ向かう。HTB本社を訪れると、かなりの人が祭のために少なくなっている展示物に群がっている。
その横の喫茶で、昨日のうちにコンプリートしておいた祭のスタンプラリーシートを渡して、ステッカーをもらう(写真はこちらの記事)。

その後会場に戻って、メインスタジアムに座るや否や、本日最初のステージイベント「本日の日記」がスタート。藤村Dと嬉野Dの二人によるトークショーである。「日記」のタイトルどおり、公式HPのトップページに書かれる日記のような感じで、特に嬉野Dがたくさんしゃべってくれたのはうれしかった。嬉野Dのたとえ話、「どうでしょうは人間が作っていない」「どうでしょう班はきつねだ」といった一連の話は、まさに「嬉野日記」そのものであった。お話が終わった後には観客から拍手が沸きあがっていた。

そしてその後は、昨日夜の部で発表された「どうでミー賞企画部門入賞作品」の放送である。ステージ横のモニターに、どうでしょうさんが流れて、会場の人間が一緒に見て同じようなところで笑いが起こるというのは、面白い光景である。

午後の部は、ライブから始まって、続いてどうでしょう班+安田さんによるトークショーである。
前日大泉さんが「パレードをしたい」といったところから、今朝予定が変更され、アイスアリーナに飾ってあった衣装をカリスマスタイリストが持ってきて、仕立て直し。
にわとり星人の大泉さん、Onちゃん、タコ星人の3人がスタンド下から登場し、アリーナの真ん中の通路を通って登場してきた。あれを「パレード」ということにしたいようだ。大泉さんは不満いっぱいだったようだが。

今回はシークレットゲストとして、大泉さんのご両親が登場。 ディレクターと鈴井さんが、大泉さんを騙したり、いきなりいろんなところに連れて行ったことに対してご両親に土下座して謝っている姿はかなり面白かった。
また、大泉さんのお母さんだけでなくお父さんもなかなか面白い方であることがわかった。観客に対しての挨拶の中で、「息子に対して言ってきた」という内容が、大泉さんにとっては「始めて聞く内容」だったようである。
また、お父さんの持ち物としておなじみの「雪面の飛び魚」が登場。現在はHTB玄関に飾られているがもともとは大泉さんのお父さんの通勤用の靴だったらしい。そしてお母さんによると、生協で購入したものらしい(自分のものはいいところで、それ以外は生協で買われるらしい)。
さらに、サイコロ3でおなじみ「バレンチノ」も登場。こちらもお母さんが、ブランド物は教育によくないからニセモノで・・・などというとんでもないことを言い放っていた。
そして、この2点を大泉さんが着用。それまで紛争していた鶏を脱ぎ捨て、白タイツに、バレンチノと雪面の飛び魚の組み合わせで、ファッションショー歩きや、サイコロ3後編でおなじみの飛び魚走りを披露していた。

|

« ステッカーを貰う | トップページ | 10月15日・祭第2日目(2) »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。