« 「青春18きっぷ」利用期間スタート! | トップページ | 第14位・大泉洋!『水曜どうでしょう』はネットでも人気 »

2005.12.11

九州から「前からやってみたかった手段」で帰ってくる

さて、昨日の記事で書いていた「前からやってみたかった手段」について、書いてみる。

九州から帰ってくる手段といえば、新幹線か飛行機がまず思い浮かぶ。後は、青春18きっぷを使った在来線の乗り継ぎか、寝台特急の利用、そして「深夜バス」だろう。大阪-博多を結ぶ深夜バス「ムーンライト号」は、3列シートバスを導入した深夜バスの先駆けとも言える存在である。これに乗るというのも手段としてはあったのだが、やはり「深夜」はつらい。

今回は、バスはバスでも「昼間のバス」である。博多とJRなんば駅を結ぶ「山陽道昼特急博多号」が今回の「対戦相手」となる。乗車時間は8時間が予定されている。

D1000212JR九州さんのコーポレートカラーである「赤」一色の2階建てバス。もちろん3列シート車である。

朝9時20分、博多駅を出発。2階の最後列が指定された席である。乗り心地は他の3列シートバスとなんら変わりはないが、結構いい天気で日差しが入ってくるので車内が暑く、乾燥している。
深夜バスの「湿っぽい」感じとはまた違った感覚である。このままでは「やられて」しまいそうだ。休憩地点で水分補給をしなければと思う。

途中小倉南インターに立ち寄った後は、関門海峡を渡り本州へと向かう(といってもちょうど寝ていたので関門海峡も「壇ノ浦SA」もわからずじまいだった・・・)。

休憩は途中3箇所。そのうち2回目の休憩は昼食をかねて20分強の休憩となる。SAの建物の外にいくつか飲食のテントがあったので、見てみると「お好み焼き」が売っているのを発見。D1000213
いわゆる「広島焼き」である。価格は650円也。オタフクソースとマヨネーズがついている。
外にあったテーブルで食べると、思った以上においしい。キャベツも結構な量でボリュームもあり、満腹。

再びバスに乗り込み、うつらうつらしながら乗り続ける。山陽道はトンネル連続区間が多いので、自分で車を運転していると非常にしんどくなるのだが、バスならそんな心配もなく安心して寝ていられる。

山陽道から神戸淡路鳴門自動車道・第二神明・阪神高速神戸線を経由して、定刻より少し早く17時ちょっとすぎに三ノ宮駅に到着。

「対戦」の結果であるが・・・判定で何とか「勝利」といったところだろうか。車内の暑さや乾燥にも途中のSAでの水分補給がうまくできたこともあり、あまり疲れを感じることもなく到着した。在来線の乗継であればもっと疲れていたに違いない。これで料金6,700円なら、また使ってもいいかもしれない。

|

« 「青春18きっぷ」利用期間スタート! | トップページ | 第14位・大泉洋!『水曜どうでしょう』はネットでも人気 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。