« 忘年会のシーズン突入・・・ | トップページ | 皆さん東京ですか? »

2005.12.16

今度は「出雲」廃止か?

この秋に「彗星」がなくなり、一部の豪華列車を除いて衰退の一途をたどる寝台列車の一つがまた廃止になるかもしれない。

寝台特急「出雲」廃止も JR西、乗客減で検討(Yahoo!ニュース-共同通信-)

東京と出雲市を結んでいる寝台特急出雲は、京都から山陰線経由で出雲市へ向かう。使用している車両は老朽化も進み、高速バスや飛行機にも利用客をとられて、記事によれば利用率もピーク時の1/3に落ち込んでいるという。

一方同じ区間を走っている「サンライズ出雲」は、京都から東海道線・山陽線を経由し、岡山から伯備線を経由して出雲市へと向かう。こちらは個室寝台を中心としたまだ新しい車両(電車)で、人気も高い。

「同じ区間走っているのなら、別に廃止してもいいのでは」と思うかもしれないが、「サンライズ出雲」が通らない地域、特に鳥取県や兵庫県北部の利用者にとっては、やはり問題である。

兵庫・鳥取・島根3県は、JR西日本に存続を要請しているとの事。
さらにこんな記事も見つけた。

JR社長が寝台特急「出雲」の廃止、代替策示す(山陰中央新報)

JR西日本の社長が、鳥取県知事に対して「出雲」廃止の代替策として、山陽線の上郡駅で「サンライズ出雲」に乗り換えることの出来る特急を鳥取から走らせると説明したとの事。

「上郡駅で乗り換え?はぁ?」である。

乗り換えなしで、東京までいけることがメリットなのに、「乗り換えられるように列車運転するからいいでしょう」という態度がふざけている。

ただ、鳥取県知事の「山陰線の余部鉄橋(兵庫県香美町)の改良の遅れが乗車率低迷の要因」というのは、ちょっとこじつけっぽく感じる。

乗車率低迷の要因は、例えば他の交通機関(飛行機や高速バス)が便利だったり、競合する「サンライズ出雲」の車両設備に比べて老朽化していて快適とは言いがたい車両であることだったりと、いろんな要素が絡んでいる。鉄橋の問題だけではないだろう。

鳥取・兵庫両県は、余部鉄橋の改修工事についてはそれぞれ費用の一部を負担することになっているようで、その予算案に「出雲」の存続を訴える付帯意見をつけるそうだが、それ以外にも、利用率を上げるような施策をやっていかないとなかなかうまくは行かないように思う。

個人的には、多少ダイヤが不便であっても車両の快適度が高ければ、利用率は多少上がるのではないかと思う。新造が無理でも改造で「サンライズ」並みの設備を整えたり出来ないものなのだろうかねえ・・・。

|

« 忘年会のシーズン突入・・・ | トップページ | 皆さん東京ですか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。