« スタレビさんの新譜「いのちのこたえ」を購入する | トップページ | 「いっそ九州」バス三昧 »

2006.01.27

これもまた「一人遊び」

本日のどうでしょう公式HP・嬉野D日記を読んで思うこと。

テレビで見た書店のブックカバーを収集する集団を、彼らは「無価値なものに価値を見出す人」で、そういう人たちは「一人遊び」ができる人だと定義。そこから、「一人遊び」出来ない人たちが犯罪を起こすんだという嬉野Dらしい論理の飛躍はあるものの、「なるほどねえ」と納得させられる内容であった(これが「嬉野マジック」なんだろうなあ)。

そこでふと考えてみると、全国に散らばる「どうでしょうファン」のブロガーも「一人遊び」が出来る人たちなのだろうなあと思った。

番組を知らない人にとっては、何の意味もない「ロケ地探訪」を記事にしたり、大泉さんがテレビや雑誌に出るとなれば、チェックしてまた記事にする。「どうでしょう班」と同じ事をしたいと思って、サイコロの旅に出たり、甘いもの対決したり、果てはビデオまで回したりする。

嬉野Dがテレビで見たという書店のブックカバー収集集団は、旅館の大広間で笑って盛り上がっていたそうだが、どうでしょうファンだって昨年、真駒内の寒空の下で大爆笑したり大合唱して盛り上がっていたではないか。

嬉野Dは、この日記の中で、どうでしょうファンのことにはひとっつも触れちゃいないのだが、それを連想させるような文章を恐らく「無意識」に書いている。まあこっちがそう解釈しているだけなのだが、こうした解釈で記事を書くこともまた「一人遊び」といえるだろうねえ。

こういうことを書かせてくれるから嬉野Dの日記は好きなのだが、重要なことを書き忘れていたり、言葉が不足していたりすることもあるので要注意(笑)

今回の日記の最後、「EX系列」って一般の人わかんないでしょう?「テレビ朝日系列」って書きなさいよ(笑)

※無駄知識:EXとは、テレビ朝日のコールサイン「JOEX-TV」から来ている。フジテレビのことを「CX」というのも同じ(JOCX-TV)。

|

« スタレビさんの新譜「いのちのこたえ」を購入する | トップページ | 「いっそ九州」バス三昧 »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

「EX系列」で思い出したんですが、JOBK(NHK大阪放送局)のことを
「『Japan Osaka Banbacho Kado』の略や」って言っている人がいました。
偶然そうなっているのを冗談で言ってたんでしょうけど。
「馬場町の交差点の角にある」って聞いてたんですが、
ググってみたら角地は大阪歴史博物館で大阪放送局はその西隣でした……。

投稿: りびん | 2006.01.27 21:54

夕方嬉野先生の日記にほのぼのし、今、
K_Sさんの解釈をみてふむふむと納得させられた次第です。
個人的には昔から一人遊びが好きな性質でしたが、
どうでしょうにはまってそれに拍車がかかったことは
まぎれもない事実ですな(^^;
「どうでしょう」というものでいかに遊ぶか。
番組を見ることももちろん大好きですが、それ以上に
いろんな遊びを提供くれているものだなぁと強く思っております。

投稿: Riezo | 2006.01.27 22:11

りびん様
コメントありがとうございます。
BKの話ですが、今のNHK大阪放送局・大阪歴史博物館の建物の道路を挟んで東側(今は空き地のようです)に、旧の大阪放送局がありました。
新局舎に移転したのが2001年の11月ですから、その前までは、確かに馬場町の角にNHK大阪放送局はあったのです!

蛇足ですが、AKはNHK東京放送局、CKはNHK名古屋放送局ですよぉ。

ちなみにHTBさんは、JOHH-TV。リターンズの「30時間テレビ」でクロージングとオープニングで大泉さんが読み上げていたのを思い出します。

投稿: K_S | 2006.01.27 22:15

Riezo様
コメントありがとうございます。

>「どうでしょう」というものでいかに遊ぶか。

確かにそのとおりですね。これほど遊び方が無限に広がるテレビ番組は他にないような気がしますね。

私も幼少の頃より「一人遊び」の達人(笑)でしたから、「どうでしょう」さんは、まさに「いいおもちゃ」ですな。

投稿: K_S | 2006.01.27 22:25

この記事へのコメントは終了しました。

« スタレビさんの新譜「いのちのこたえ」を購入する | トップページ | 「いっそ九州」バス三昧 »