« それ魅力!神戸空港発行き先不明の旅 | トップページ | どうでしょうDVD第7弾は3枚組? »

2006.01.17

1月17日に思うこと

毎年この日だけは早朝に目が覚める。テレビをつけると、昨日のライブドアへの家宅捜索ニュースが取り上げられている。

「今日はそれじゃないだろう!」

そう思いながら、チャンネルを変えると、今度は今日行われるヒューザー社長の証人喚問についてのニュース。

「これは・・・関連はあるけれども、そうじゃなくて!」

またチャンネルを変える。時刻はまもなく5時46分になるところである。

まだ暗い景色の中で、炎がゆらめいている。11年前のこの時間、ほんの一瞬で多くの人の人生が大きく変わってしまった。いろんな思いが頭をよぎる。

あれから11年の間に、さまざまな災害が日本を襲った。直近の雪害でも多くの方々が苦労されている。だが、災害地域にいない人にとっては、どれだけ報道されていても「自分のこと」に置き換えることは非常に困難である。

あれだけ地震での建物倒壊があって、建築基準法も改正になっているのに、なぜ耐震強度不足の建物を作ってしまったのだろうか。

今問題のマンションだけではない。戸建住宅でも、自分の家の耐震性能についてどれだけの人が気にして家を建てているだろうか。

今日、関西では朝、昼、夜とサンテレビで震災特番が放送されるほか、夕方のローカルワイド番組枠やニュース枠でも震災についての報道がなされる。普段は記憶のかなたにあって、忘れ去られようとしている事柄を、今日だけはもう一度思い起こしておきたい。

|

« それ魅力!神戸空港発行き先不明の旅 | トップページ | どうでしょうDVD第7弾は3枚組? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。