« 「サウンドロゴ」も立派な「音楽」 | トップページ | 「神はサイコロを振らない」けど・・・ »

2006.01.06

新発想・2つのレンズをもつデジカメ

以前からデジタルカメラを買おうとして、いろいろ調べているのだが、調べれば調べるほど迷ってしまっていまだに購入できていない。

例えば、昨年発売されたリコーのCaplio R3なんかだと、広角撮影が出来て、望遠も200ミリまであって、さらに手ぶれ防止機能までついているという、ものすごくよさげなカメラなのだが、撮影時にレンズが出っ張ってくるのがあまり好みではない。三洋のザクティE6なんかだとレンズが前に出ないタイプなのでいいなあと思うのだが、広角側が38ミリからになるので、あまり魅力的には感じない。

広角撮影が出来て、レンズが前に出ないカメラなんて出来ないのかなあと思っていたら、見つけてしまった。

超広角+3倍ズームを1台で――2眼レンズ搭載コダック「V570」(ITmedia)

23ミリ相当の広角レンズと、39~117ミリの光学3倍ズームレンズの2つを1台のカメラに内蔵した非常にユニークなカメラである。光学三倍ズームレンズは、前に出っ張ってこない屈曲光学系を採用している。まさに「理想のカメラ」である。

発売は2月上旬、予想価格は5万円前後ということで、かなり心惹かれるデジカメである。さて、どこから5万円を捻出するかを考えなければ・・・厳しいなあ。

|

« 「サウンドロゴ」も立派な「音楽」 | トップページ | 「神はサイコロを振らない」けど・・・ »

物欲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。