« 旅に出ます! | トップページ | サンテレビの「どうクラ・サイコロ3第1夜」で気づいたこと »

2006.02.26

神戸空港発目的未定の旅(1)

実家からの帰り、無性に旅に出たくなり、三ノ宮駅近くのネットカフェでいろいろ探していたところ、ちょうどスカイマークの羽田行きに空席を発見、運賃1万円の魅力に引かれ、即購入。特に目的を決めることも無く、ただ旅に出たい、どうせなら神戸空港から飛び立ちたい、それだけの理由で旅に出ることになってしまった。

とりあえず行きの足は確保したので、後は宿と帰りの足の確保である。宿は、いつものネット予約でいつもの宿を・・・と思ったら空きが無く、いろいろ検索してネットにつなげる宿を確保した。問題は帰りの足である。

出来ることなら、神戸空港へ帰って来たいのだが、スカイマークは午後便がすべて満席。それならばと、マイレージをためているJALを調べるとこちらも午後の便は満席である。どうしようか・・・そのときJALの空席情報の中に、伊丹行きの空席を発見。出発は16:30だが特便割引の運賃が前後の飛行機よりかなり安い。そんなに遅い時間に帰っても仕方が無いので、早速予約。これで行き帰りと宿が確保できたので、一安心である。

後は到着後の予定(といっても到着するのは19時を回るので実質翌日のスケジュールとなる)を考えるだけなのだが、特に思いつかないまま、飛行機の発着時刻が近づいてきたので、ネットカフェを後にしてポートライナーで神戸空港へ向かう。

神戸空港は相変わらず見学者でごった返している。スカイマークのカウンターでチケットを受け取り、早速搭乗ゲートをくぐる。特に問題なく、すっと中に入って一番西のスカイマークの搭乗口へ向かうと、ちょうど男子カーリングの決勝を大型プラズマテレビで中継している。これを搭乗を待つ人々のほとんどがじっと見ている。やはり、このトリノオリンピックでカーリングへの関心がかなり高まっていることを改めて実感した。2006_022526kotsuhakubutsukan0005

待つことしばし、搭乗開始である。飛行機は3-3列で満席であるが、それほど息苦しさは感じない。そしていよいよ離陸、通路側なので外の景色は余り見えないのだが、神戸の夜景がチラッと見える。

離陸してしばらくして、いつも伊丹や関空から乗る感覚とは違うことに気が付く。離陸してからなかなか高度を上げていかないのである。伊丹と関空の空域を邪魔しないように、低い高度で飛ばないといけないというのは聞いたことがあったのだが、実際乗っているとそれをもの凄く感じる。いつまでたっても飛んだ気がしない。
そして、気流の関係で揺れる。結構揺れる。もちろん飛行に支障が無いのは分かっているのだが、初めて乗る飛行機でもあるため、多少心配である。揺れが収まらないまま、気づけば羽田に到着。予定より20分も早い到着であった。しかし、降りるまでが一苦労。満席のため、なかなか通路を前に進むことが出来ない。ここで少しストレスを感じながら、ようやく飛行機を降りて、本日の宿をめざす。

京浜急行の羽田空港駅から乗り込む電車の行き先は・・・2006_022526kotsuhakubutsukan0008

「宗吾参道」・・・どこだ?京成電鉄の駅らしいのだが、初めて見る行き先である。降りる駅は、直通運転している都営浅草線の人形町なので、そこに停まってくれさえすればよい。無事に人形町に到着。多少迷いながらも本日の宿に到着した。

近くのコンビニで調達した夕食を食べつつ、明日の予定を考えながら、テレビに目を移すと、先日の女子フィギュアスケートの録画放送が行われている。リアルタイムでは見ることが出来なかったので、日本人3選手の演技を見ることにした。結果はもちろん知っているのだが、荒川さんの演技はやはりすごい。「イナバウアー」からの観客席の盛り上がり方が他の選手とは全く違っているように感じた。そして、ニュースをはさんで今度はフィギュアスケートの「エキシビジョン」の録画放送が始まった。

「エキシビジョン」といえば、「サイコロ1」の「アトラクションと勘違いしている大泉さん」を思い浮かべてしまうのだが、これがまた競技のときよりも見ごたえがある。出演する選手が「採点される」ことから開放されて、生き生きと滑走しているわけだから当然といえば当然である。また目が離せなくなってしまった。

村主さんは、ボールの中から何かを取り出し観客席に投げ出すし(思わず「ビッキーズ」の飴投げを思い出した)、いきなりリンクの上にイスがあったり、しりもちついた状態で後ずさりしたり、バイオリニストが生演奏する中で滑走したり、見ていてもの凄く楽しめる内容であった。そして最後には、出演した全員が登場。BGMにはマドンナの「Hung Up」。例の「Gimme Gimme Gimme」がサンプリングされてる曲である。思わずひざを叩きそうになってしまった。終わったのはもう3時過ぎ。明日(というか今朝か)はいったい何時に起きられるのだろうか・・・。

|

« 旅に出ます! | トップページ | サンテレビの「どうクラ・サイコロ3第1夜」で気づいたこと »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。