« ただ今旅の途中 | トップページ | 「HEY!HEY!HEY」に大泉さん登場 »

2006.02.12

伝説の「壇ノ浦レポート」現場を訪れる

昨日夕方から実家においてある車に乗って旅に出た。途中SAやPAで休憩しながらも、ひたすら西へ西へと車を走らせること9時間強、目的地へとたどり着いた。
訪れた場所は、「サイコロ2」で高知から博多へ深夜バスで移動する途中に休憩場所として立ち寄り、あの伝説の「レポート」が行われた「壇ノ浦PA」である(番組内では「壇ノ浦SA」となっているが実際にはPAである)。
まずは、「壇ノ浦レポート」のファーストカットである、売店建物がこちら。
dannoura01









当時テントにあった「壇ノ浦売店」の文字はなくなっているが、自動販売機の明かりが非常に強いのは恐らく当時と同じではないだろうか。

そして、二人がレポートを行った場所はこちら。

dannoura02









ここは当時とほぼ変わらない状態である。後方に見えるのは「関門橋」の橋脚部分である。
当時は、乗ってきた深夜バスがこの写真の後方に停車していたのだが、残念ながらそこには停まっていなかった。
と思ったら、同じ駐車場内に2台の深夜バスを発見。ただ、乗客が降りている様子は無く、乗務員の休憩のために停まっている様であった。
dannoura03









この後、関門橋を渡り門司ICで高速を降り、今度は「関門トンネル」で本州側へ戻ることにした。kanmon01









通行料200円を払って下関へ戻り、そこから再び高速に乗ってあとはひたすら戻ることになる。途中、睡魔に襲われ何度もSAやPAで仮眠を取りつつ、約8時間半で実家に車を戻すことが出来た。

普段、鉄道やバスなどでの長距離移動には慣れているのだが、自分で車を運転しての長距離移動は、10年位前までスキー旅行で片道15時間くらい運転したとき以来である。やはりあの頃に比べれば、体への負担は大きく感じるが、想像していたよりはつらくはなかった。またどこか行きたいところが出てくれば、車という選択肢も考えられることを認識できた今回の「長距離ドライブ」であった。

|

« ただ今旅の途中 | トップページ | 「HEY!HEY!HEY」に大泉さん登場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。