« DSが欲しくなるソフト「SUDOKU 数独」 | トップページ | 復旧しました、が・・・ »

2006.03.28

今年は「ブログ型」だそうで

毎年この時期になると話題になるのが、その年の新入社員をあらわす言葉。今年はこんな言葉で表現された。

新入社員は「ブログ型」 社会経済生産性本部が命名(Yahoo!ニュース-共同通信-)

記事によれば、「表面上は従順だがさまざまな思いを秘め、時にインターネット上の日記を通じ大胆な自己主張をする」という理由から、今年の新入社員を「ブログ型新入社員」と命名したそうである。

ブログという言葉がかなり一般化してきたからこそこのような命名になったのだろうが、本当にそんな言葉一つでくくっていいのかなと思ったりもする。ただ、何年か経って振り返ったときに、その時代を表す言葉が入っていることが実はポイントなのかもしれない。

少し調べてみたら、この「○○型新入社員」という命名は、現代コミュニケーションセンター所長の坂川さんと言う方が1973年に命名をしたのが始まりとの事(ちなみにこの年は「パンダ型」。おとなしく可愛いが、人になつかず世話が大変とのこと)。

それ以降、2002年まで命名されていたのだが、新入社員の属性が多様化し一言で纏めることが難しくなったということで命名をやめてしまい、社会経済生産性本部がその後の命名を引き継いでいる。

ちなみに、自分自身の入社した年を調べてみたら「もつなべ型」であった。理由は、「一見得体知れずで厄介だが、煮ても焼いても食えそう」とのこと。ああ、得体知れずで厄介ねえ・・・そのまんまやん!当たりすぎててちょっと怖い気もする。

参考にさせていただいたこちらのサイトに2005年までの命名と理由が一覧となっている→「今年の新入社員の傾向は・・・?」(グリーンサン企画)。

|

« DSが欲しくなるソフト「SUDOKU 数独」 | トップページ | 復旧しました、が・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。