« 地域名+商品名=地域ブランド | トップページ | 「霊在月」に妖怪そっくりさん大集合!? »

2006.04.09

過去のMD資産を無駄にしない「Hi-MDウォークマン」

いまや外出中に音楽を聴くといえば、iPodをはじめとするデジタルオーディオプレーヤーが主流であるが、少し前まではMDを使っている方も多かったのではないだろうか。

1枚のディスクに74~80分、LPモードなら144~160分の音楽を再生できるというのは、今のHDDプレーヤーからすると少ないが、その分お気に入りの選曲でディスクを作るといった「センス」を問われる部分もあったような気がする。

恐らく、MDを使っていた方々は、そのMD資産が眠ったままになっていることが多いのではないだろうか。そんなMD資産を再活用するのにぴったりなハードがまもなく発売されることを、たまたま暇つぶしにと思って購入した「DIME」の記事で発見した。そのハードとはこちらである。

SONY Hi-MDウォークマン MZ-RH1

Hi-MDとは、それまでのMDよりも大きな1GBの容量を実現し、さらにリニアPCM録音もできるという優れものの規格である。ただ、これまでに爆発的に売れているかというと、そんなイメージはない。

しかし、今回のMZ-RH1に付属するソフト「SonicStage Ver.3.4」によって、従来のMDに記録されている音楽を、WAVファイルとしてパソコンに取り込むことが出来る。これは非常に大きな出来事である。
WAVファイルということは、CDに焼くことはもちろん、WMAやMP3といったファイルに変換することで、ポータブルオーディオプレーヤーで聞くことも可能になる。さらに、タイトルの付いていない曲については、曲データの波形を読みこみ、データベースと照合して楽曲情報を取得するというから、これまたありがたい。

今手元には昔自主制作していたDJ番組や、旅先で録音した音源などがいくつかある。以前「Net MD」を購入して、PCに取り込もうかとも思ったのだが、取り込んだあとの使い回しが難しいことから断念したことがある。WAVファイルなら、そのあたりも解決されるし、これはかなり欲しいハードの一つになりそうである。

予想価格は4万円程度らしい・・・い、今すぐはちょっと難しいかなあ。

|

« 地域名+商品名=地域ブランド | トップページ | 「霊在月」に妖怪そっくりさん大集合!? »

物欲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。