« そんなん「商売」にしていいのかな? | トップページ | 「超エリア限定」戦隊登場!? »

2006.04.12

5メガから500ギガ、そしてさらに上へ・・・

5メガと聞いてパッと思い浮かぶのは、今主流のデジタルカメラの画素数だが、今から50年前、PCユーザーにとって必要不可欠な「アレ」はこのサイズから始まったそうである。

5Mバイトからのスタート HDD誕生から50年(ITmedia)

今年の9月13日でHDDが生まれてから50年になるそうである。最初のHDD(IBM製)は、24インチ(約61センチ)のディスク×50枚で、容量わずか5MBだったとのこと。今現在では、3.5インチ(約8.9センチ)のディスク1枚で容量160GB、記録密度は5000万倍!さらに、新しい記録方式「垂直磁気記録方式」が実用化されると、「1けた上」というから1TBという、とてつもなく巨大な記録空間を持つことができるようになる。

思い起こせば、初めてHDDを購入したのはもう10年以上前の話である。EPSONの98互換機を使っていて、「一太郎Ver.5」を使うがために40MBのHDDを購入した記憶がある。もう値段は覚えていないが、結構高かったような気がする。それから何台かPCを買い換えてきたが、そのたびに内蔵HDDの容量は増えていき、今メインマシンとなっているVAIOノートには、先日換装した40GBのHDDが載っているし、キューブ型PCには80GB+250GB+300GB=合計630GBものHDDが載っている。

それでもいろんなデータを詰め込んでいくとあっという間に容量が足りなくなってしまう。たとえTB単位になったとしても、保持するデータはどんどん増えていき、また容量が足りなくなるのだろうなあ・・・そして、大事なときに「クラッシュ」して、取り返しの付かないことになりそうな予感・・・これだけ容量が大きくなるとバックアップを取るのも一苦労である。そうなればやはり「RAID」ということになるのだろうねえ・・・。

|

« そんなん「商売」にしていいのかな? | トップページ | 「超エリア限定」戦隊登場!? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!
自分がPCを触り始めた頃が製品PCに入ってるHDDが2G位で凄いといわれてた時代です。
それが今や○00Gですもんね~
Tの時代もそう遠くはなさそうですね(笑

投稿: べねろっぷ | 2006.04.13 17:24

べねろっぷ様
コメントありがとうございます。
「GB」なんて単位は、想像も付かないほど大きなサイズだと思ってましたけど、いまや当たり前ですものねえ。メモリですら「GB」単位で載せる時代ですから。
近い将来、HDDは「TB」、メモリは「GB」が当たり前になりそうですね。

投稿: K_S | 2006.04.13 21:04

この記事へのコメントは終了しました。

« そんなん「商売」にしていいのかな? | トップページ | 「超エリア限定」戦隊登場!? »