« 横長っ! | トップページ | 買い増しするか、秋まで待つか・・・ »

2006.05.14

散財シリーズ(1)「本末転倒な旅」に出る(5)

5月14日日曜日、いよいよ旅も最終日である。ホテルをチェックアウトし、駅のロッカーに荷物を預ける。身軽になり、さてどこに行こうか・・・特に思い浮かぶ場所もなく、みどりの窓口で時刻表の路線図を眺めてみる。

「あ、これ乗ったことないなあ・・・行くか!」

みどりの券売機で切符を買って乗り込んだのは、東北新幹線である(モブログ記事)。前に乗ったのはいつだろうか・・・ずいぶん久しぶりである。まだその頃には、E4系はデビューしていなかったように思う。そのE4系に乗り込んで向かった先は・・・福島である。

Yamabikotsubasa 福島で山形新幹線「つばさ」との連結作業を眺めた後、改札を抜けて向かった先は、こちら。

Fukushimastn 福島からは2つの未乗鉄道がある。一つは福島交通飯坂線、そしてもう一つがこれから乗る阿武隈急行である。旧国鉄丸森線を引き継ぎ、さらに未成区間を開通・全線電化した第三セクターである阿武隈急行は、東北本線の福島と槻木間54.9キロを結んでいる。

Abukumakyuko Abukumaline 2両編成の電車に乗り込み出発。しばらくJR東北本線の上を走り、途中で分かれて阿武隈急行の線路に入っていく。途中、あぶくま駅には阿武隈川を舟で下る「阿武隈ライン」の乗舟場もあり、阿武隈川に沿って電車が走っていく。丸森駅に着く少し前には、川を下っていく舟の姿を見ることが出来た。

終点槻木駅の一つ手前、東船岡駅で車内アナウンスが流れる。東北本線が強風の影響でダイヤが大幅に乱れているとのこと。その関係で対向列車が10分ほど遅れているため停車するという。これは少しまずいことになった。槻木駅で仙台行きの列車に乗り継げるのか?いったい何時に仙台に着くのか?10分遅れで槻木駅に到着。駅のアナウンスによれば、仙台行きは30分遅れているという。

Jreastsendai

待つこと30分、ようやく仙台行きが到着。車内は大混雑か、と思いきやそれほどでもない。何とか1時前には仙台に到着。昼食を取る時間が取れそうだ。

何を食べるか・・・迷った挙句とりあえずさくら野百貨店へ。仙台入り以来毎日通い続けていることになる。今日はHTBグッズコーナーには立ち寄らずに、イートインコーナーへ向かう。一番奥の「南家」のスープカレーに決め、並ぶ。時間帯がちょうど良かったのか、食べ終わっていく人が多く、思ったより早く席につくことが出来た。
食べたのはこちら。
Minamiya チキンベジタブルカレーである。辛いのかと思ったら、全くそんなことはなく、大変美味しくいただくことが出来た。

時計を見るとまもなく2時になる。空港に向かうことを考えるとそろそろバスに乗ったほうがよさそうである。荷物をロッカーから取り出し、バス乗り場に向かうとちょうど空港行きのバスが停まっていたので、乗り込むとすぐに発車。

途中渋滞することもなく、無事に仙台空港に到着した。まずは自動チェックイン機に航空券を入れる。おまかせコースで席を確保すると「81A」の座席番号である。この番号は、「クラスJ」の座席につく番号であるのだが、確か今日乗る便に「クラスJ」の設定はないはず。どういうことなのだろうか・・・まあ乗れば分かるかと思い、手荷物検査場を抜けて中に入る。それほど待ち時間もなく、搭乗時間になった。機内に入ると、そこには「クラスJ」の座席がある。そして自分の席は一番前である。どうやら座席改修が終わった機材を使っているようである。追加料金なしでゆったり座れるのはありがたい。

途中やや揺れはあったものの、疲れからか少し眠っている間に無事神戸空港に到着。ポートライナーに乗ると、市民広場からもの凄い人数が乗車してきた。何かイベントをやっていたのだろうか。人の多さに少しやられながらも三宮に到着。乗り換えて、ようやく自宅に到着。新聞受けの大量の新聞を取り、洗濯機を回し、夕食を何にするか考えて・・・といつもの生活モードに入った。

いつも旅の終わりは、次の日からの日常生活を考えてどうしても憂鬱になりがちである。しかし、良く考えてみれば、日常生活があるからこそたまに出かける「旅」の楽しさが倍増するという面もある。次はいつ、どこへ旅に出ようか、それを考えるのもまた楽しい。さあ、今日のところは早く寝て、明日からに備えることにしよう・・・。

|

« 横長っ! | トップページ | 買い増しするか、秋まで待つか・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。