« 散財シリーズ(1)「本末転倒な旅」に出る(3) | トップページ | MAX! »

2006.05.13

散財シリーズ(1)「本末転倒な旅」に出る(4)

5月13日土曜日、旅も3日目である。昨晩予定が定まらないなあと思っていたところに、仙台のどうでしょうファンさんからメールを頂く。明日も朝から物産展に行かれるとのことだったので、ご一緒することに。

Gyouretsu 朝食をとった後、待ち合わせ場所である仙台駅へと向かう。ペデストリアンデッキを見ると、すでに物産展目当て(というかHTBショップ目当て)の行列が出来ている。雨の中の行列は大変そうである。
仙台駅で待っていると、どうでしょうファンさんからメールが・・・寝過ごしたらしい。待ち合わせ時間に遅れるとのことで、しばし時間つぶし。お茶でもしようかと、スタバに行ったら満席だったので、他を探してみるが、空いているところが見つからないまま、無事合流。

外に出てみると、すでにペデストリアンデッキの行列はなくなっている。今日はたいしたことないのかな?そう思いながらさくら野百貨店の2階から入店。すると・・・

HTBショップの行列の最後尾がすぐに見えてきた。待ち時間は120分の表示がある。さすがである。とりあえず気長に待つしかない。それでも、結構早く進んで1時間半弱で売り場に到着。同行のどうでしょうファンさんは、簡易onちゃんを被って写真を撮ってもらってご満悦。

グッズを買い終わって、エレベーターホールにおいてあるいすに座る。その後、パネルの「安田さんonちゃん」とツーショット写真を撮ってあげたりしながら、着ぐるみonちゃんの登場を待つ。昨日は昨日ミスター登場の後に来たらしい。果たして今日の登場はあるのだろうか?何の確信もないままひたすら待ち続ける。

Ajisai 途中物産展内のイートインで「あじさい」の塩ラーメンを食べたりしながら、3時ごろまで待ち続けたが、やはり今日の混雑具合では出てくることはなさそうである。

後ろ髪をひかれる思いで、物産展を後にして、「阿部かま中央店」の名物「ひょうたんあげ」なるものを食べる。かまぼこにアメリカンドッグの衣をつけてあげたもので、なかなか変わったお味である。

その後、すぐ近くのお店でお茶しながらうだうだしゃべって、気がつけばもう5時を回っていた。ここでどうでしょうファンさんとはお別れし、一路ホテルへ向かおうと思ったのだが、今夜の夕食がまだ決まっていない。そこで、再びさくら野百貨店に向かい、物産展内をうろうろする。昨日は海産物系だったので、今日は別の方向性でいきたい・・・いい物を見つけたので購入。それがこれ。
Butadon 十勝豚丼「いっぴん」さんの豚丼弁当、880円也。豚肉の厚みもかなりあるし、タレがまたうまい。豚丼の素や、タレ単品も販売していたようなので、気が向けば明日買ってみようかなと思った。

いよいよ、明日は旅の最終日。午後の飛行機で神戸へと帰ることになる。あまり時間はないが、明日は何をしようかなあ・・・。

|

« 散財シリーズ(1)「本末転倒な旅」に出る(3) | トップページ | MAX! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。