« 「現在フランスの『通過』はユーロ」? | トップページ | 架線がなくても大丈夫、川崎重工が「可能」にします »

2006.06.12

西へと向かう旅(3)

さて、旅の続きである。
人吉駅に戻り、階段を上り下りしてくま川鉄道に乗り換える。

2006_060911kyushu0044レールバス2両編成の車内は、かなり空いている。
「2両もいるのかなあ?」と思っていたのだが、途中駅で学校帰りの学生がかなり乗り込んでくる。通学の足として欠かせない存在のようである。とはいえ、途中駅でどんどんその学生も下車して行き、人吉出発時点よりも少ない人数で終点の湯前駅に到着した。
折り返しの列車に乗って人吉駅まで戻る。
ここで1時間ほどの待ち時間。駅から少し離れたところにコンビニを発見したので、昼食を調達し、駅に戻ってくると、乗車する「九州横断特急」の改札が始まっていたので早速乗り込み、車内で遅めの昼食を取る。

食事を終えた頃にようやく列車が発車時刻となった。球磨川に沿って列車は進み、無事熊本に到着。この日は熊本駅前に宿を確保していたので早速チェックイン。この宿には大浴場が設置されていたので、ゆっくりと風呂につかり、夕食は駅前のラーメン屋ですませ、あとは寝るだけ・・・。

翌日の朝、朝食をとった後、駅で帰りの指定席券を発券してもらう。割引切符ゆえ、途中下車が出来ないので、一気に帰るしかない。9時半に熊本駅を出発。リレーつばめとのぞみを乗り継いで、15時前には帰宅。いつもならもう少し寄り道しつつ帰ってくるのが常なのだが・・・今回は仕方がない。

今回利用した「九州往復割引きっぷ」、安くて便利な切符ではあったが、途中下車できないのは自分の旅スタイルにあわないかもしれないなあと改めて思った。でも、久々の「西へ向かう旅」が楽しかったのも事実である。次は「青春18きっぷ」シーズンかなあ・・・。

|

« 「現在フランスの『通過』はユーロ」? | トップページ | 架線がなくても大丈夫、川崎重工が「可能」にします »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。