« 「青春18きっぷ」の季節到来! | トップページ | 東京ミニトリップ(2)NHKスタジオパークを見学する »

2006.07.23

東京ミニトリップ(1)ゆりかもめ延伸区間に乗る

東京旅の続きである。
朝、いつもの時間に起きて、外を見ると雨は上がっているようである。今日の「所用」は午後一番からなので、午前中どうするか考えなければならないのだが、特に案もなく、とりあえず宿をチェックアウトして地下鉄で東京駅へ向かう。

ここで、ふと思い出す。

「そういえば『ゆりかもめ』って延伸してから乗ってないよなあ」

新橋からお台場方面を結ぶ新交通・ゆりかもめには以前乗車したことがあるのだが、2006年3月に有明駅から豊洲駅まで延伸されており、この区間は未乗のままであった。ということで、ゆりかもめに乗りに行くことに決定した。

次に考えなければならないのは、そのルートである。普通なら新橋まで行き、始発から終点まで乗ればいいのだが、今は夏休み・そして「お台場」ではイベントが開催されている。混雑は間違いない。それに、ゆりかもめは、お台場エリアをぐるっと回る形になっているので、結構乗車時間が長い。この後の予定も考えると、新橋から乗るのは難しそうだ。

そこでちょっと変わったルートを思いついたので、それを実行してみることにした。

東京駅から、京葉線で新木場駅へ。新木場駅からは東京臨海高速鉄道りんかい線に乗り、国際展示場駅へ。ここから歩いてすぐのところに、ゆりかもめの有明駅がある。ここから延伸区間のみを乗車し、終点の豊洲駅からは地下鉄有楽町線へ乗り換えるというルートである。

まずは東京駅の京葉線地下ホームへ向かう。いつも思うのだが、これがかなり遠い。同じ「東京駅」を名乗って欲しくないと思うくらい遠い。何とかホームにたどり着き、快速電車で新木場駅に到着。改札を抜け、りんかい線の改札をSuicaで通り抜け、ホームに停車中の電車に乗り込んだらすぐに発車。絶妙なタイミングである。2つ目の駅である国際展示場駅で下車し、有明駅まで歩く。

F1000047 こんどは「パスネットカード」を改札に通して、ホームへと上がる。ちょうど出発したあとだったのでしばしホームで待つ。といっても運転本数は多いのですぐに列車がやってきたので、乗車。車内はがらがらである。先頭車両に乗り込み、前方の展望を楽しみながら終点豊洲駅に到着。

改札を出て、今度は地下鉄有楽町線のホームへと向かい、電車に乗り込む。次の行き先を考えなければならない。
「所用」の場所は、原宿あたりである。とりあえずはその方向へ向かったほうが良いだろうと判断。有楽町駅で下車し、山手線に乗り換え。
F1000058 車内は結構空いていたのだが、品川駅で一気に乗客が増える。結構な混雑状況のままで、原宿に到着。
原宿といえば、以前ある「企画」で訪れた場所である。ここからしばらくいったところにある明治神宮の入口で「サイコロキャラメル」を振っているところを撮影したことを思い出した。
さすがに休日とあって、駅周辺はもの凄い人。人混みは苦手なので、とりあえず人の少ない方を探して移動する。その移動している間に、ある「場所」が見えてきて、ふと思いついた。

「あの場所か・・・行ってみるか!」

続きは次の記事にて・・・。

|

« 「青春18きっぷ」の季節到来! | トップページ | 東京ミニトリップ(2)NHKスタジオパークを見学する »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。