« 高千穂鉄道、半分以上「廃線」でどうなる? | トップページ | 存在の近さ »

2006.09.06

何を買う?水曜どうでしょう新グッズ発表!

本日、水曜どうでしょうの新グッズが発表された。藤村Dによる公式HPの日記は、グッズ発表時には御馴染みの「宣伝一色モード」となっている。

新グッズの詳細については、グッズのページをご覧頂くとして、ここでは数ある新グッズの中から個人的に気になるものについて取り上げてみることにする。

まず1つ目は、「水曜どうでしょう10周年記念 オリジナルフレーム切手シート&手紙どうでしょうセット」である。

「壇ノ浦レポート」や「だるま屋ウィリー事件」など、どうでしょう珠玉の名場面が印刷された切手シート(80円切手×10枚)に、便箋・封筒・絵はがき・ボールペン、そしてこれらを収めるボックス型のペーパーバッグがついてお値段4千円。

切手シートもさることながら、「絵はがき」は「絵はがきの旅の絵はがき」とかかれており、恐らく「絵はがきの旅」企画で使われた絵はがきからチョイスされるものと思われる。いったいどの場所が登場するのか、こちらも大変楽しみな逸品である。

続いて2つ目は「 水曜どうでしょう10周年記念復刻 2007年名セリフカレンダーミニ」である。
2001年、番組の5周年を記念して、ホームページで募集した視聴者が選ぶ「名セリフ」を日めくりカレンダーにした、あの貴重なカレンダーが、サイズ・重量を小さく・軽くして復刻するとのこと。お値段は2100円。

2001年12月に発売された「名セリフカレンダー」は、HTBオンラインショップでも発売されたのだが、あっという間に売り切れとなり、追加で作られたら今度は思いっきり売れ残ってしまったという逸品である(笑)。個人的にも、ネット通販で商品を購入したのはこの「名セリフカレンダー」が初めてだったということもあって、思い入れのある商品である。
(参考:このときの名セリフの投稿データをエリア別に分析した「ウラ」も、ぜひお読みいただきたいと思う。今に続くDVD予約状況による勢力分布の始まりはここにある)

あと、カレンダーが小型化されたのは使い勝手が良くなって良かったなと思う一方、「どうてちょう」がなくなったのは少し寂しい。やはり昨年の「布てちょう」売れ行き不振(物産展で「トリオ・ザ・タイツ」のステッカーをつけて何とか売ろうとしていた)も原因なのだろうか。

それから「Tシャツ」は、あの球団からクレーム来るんじゃねえか?という感じもしなくはないし、「スポーツタオル」は偶然だろうが、今流行の「青」である。

当然全部買えばえらいことになるので、取捨選択していかなければならないのだが、どうでしょうグッズで大事なことは、唯一つである。

「迷ったら買え!」

その昔「常に初陣」の扇子を迷った挙句、買えなかったという過去があるだけに、特に作るのが大変そうなもの(今回であれば「水曜どうでしょうオリジナルジッポー」であろう)で、少しでも「欲しい!」と思えば、多少無理してでもこの機会に手に入れておくべきだと思うのである。後でオークションとかで手に入れるのは、大変だし、お金の無駄である。まあ、個人的には「ジッポー」は欲しいと思わないけれども。

いずれのグッズも、HTBオンラインショップでの購入が可能。また一部商品はロッピーさんでも予約ができる。また、9月末から渋谷パルコで行われる「水曜どうでしょう小祭」会場でも販売されるグッズがあるとのこと。ただ、小祭会場で買うのは、大混雑および品切れの可能性も高いことが予想される。ここは素直にHTBショップ&ロッピーさんのお世話になるのが「吉」かな?・・・家の近所のローソンはついこの間閉店しちゃったけどね・・・。

|

« 高千穂鉄道、半分以上「廃線」でどうなる? | トップページ | 存在の近さ »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。