« 到着! | トップページ | 渋谷小祭参戦の旅(2)いよいよ突入! »

2006.09.30

渋谷小祭参戦の旅(1)途中休憩一切ございません!

というわけで、渋谷のパルコミュージアムで行われている「水曜どうでしょうEXPO渋谷PARCO小祭」に行ってきた。その内容について書いていくことにしたいのだが、まずは現地にたどり着くまでのことを書くことにする。

以前の記事にも書いたように、本来は9月29日(金)の初日朝からパルコに出陣するはずが出来なくなり、出発は29日の夜となった。

朝早くから並ぶことは想定されたので、行きの手段として考えられるのは、着いたらすぐ現地に向かうことが出来る「深夜バス」しかない。

東京行きの深夜バスは、たくさん出ているがその中で関西から渋谷へ向かうバスは意外と少ない。姫路から三ノ宮を経由して渋谷へ向かう神姫バスの「プリンセスロード」号、そして今回利用した枚方・宇治・京都から渋谷へ向かう京阪バス(ケイビーバス共同運行)の「東京ミッドナイトエクスプレス京都(宇治)」号の2つである。

自宅からであれば、「プリンセスロード」のほうがバス停も近く便利なわけだが、今回「東京ミッドナイトエクスプレス京都」を使った理由は、渋谷への到着時刻が早かったということである。「プリンセスロード」は渋谷着6時30分に対して、「東京ミッドナイトエクスプレス京都」(ああ、もう長いな!名前が!!)号は、渋谷着が5時45分。少しでも早くついたほうがいいということで、京都駅八条口の乗り場から、乗車することになったのである。

しかし、この「東京ミッドナイトエクスプレス京都」号には、一つ問題があった。
乗客の途中休憩が一切ないのである。もちろん、乗務員の休憩のために何箇所かで停車はするのだが、その際乗客は車外に出ることが出来ない。一度乗ってしまえば、渋谷に到着するまで席に拘束されることになる。今ままで何度か深夜バスに乗ってきたがこれは初めてのことである。のどが渇いたからといって飲み物も調達できないし、眠れないから気分転換に外の空気を吸うことも出来ない。果たして無事に渋谷に着くことができるのだろうか・・・。

仕事が終わったのが19時半ごろ。一旦家に帰るには少し遅いが、京都に向かうには早すぎるという非常に「ちゅーとはんぱ」な時間を、ヨドバシ・ソフマップのウインドウショッピングでごまかした。
F1000315 さらに京都に着いてからは、駅から少し歩いたところにある「新福菜館」の中華そばを夕食として食べることで、何とか時間を費やしていた。

それでも時間が余ったので、バス停近くに行ってみるとちょうどインターネットカフェがあったので、そこでさらに時間をつぶして、バスの発車時刻を待った。

F1000318_1 やってきたバスは、京阪バスと共同運行しているケイビーバスの車両。3列シートの座席に身をゆだね、京阪三条・山科駅を経由し、車内消灯。いよいよ戦いの始まりである。

シートのリクライニングは、普通の深夜バス同様なので、先日乗車した「スーパーシート」や「プレミアムシート」に比べれば、快適性は落ちる。いろいろと態勢を変えながら、なんとか眠ろうとするのだが、なかなか眠れない。熟睡できないまま、気がつけばバスは停車していた。しばらくして照明がつき、再びバスは動き出す。もうすぐ渋谷に到着である。

体へのダメージは、それほどないのだが、これから4時間以上並ばなければならないことを考えると若干の不安もある。バスを降り、パルコのあるスペイン坂へ向かって少々小走りで向かっていった。果たしてもう並んでいるのであろうか・・・続きは次の記事にて。

|

« 到着! | トップページ | 渋谷小祭参戦の旅(2)いよいよ突入! »

旅行・地域」カテゴリの記事

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。