« アピーリング10月号を購入する | トップページ | 「青函連絡船」復活!? »

2006.09.23

どうクラ「サイコロ4第3夜」を見る

本日サンテレビさんの「水曜どうでしょうクラシック」は、「サイコロ4」第3夜である。
前枠は、オリジナルの「水曜どうでしょう」と同じものが使われている。恐らく「カルトクイズ世界大会」のときに撮影されたと思われるのだが、そこでこんなテロップが登場した。

本日、本編中で樋口了一さんのオリジナル版1/6の夢旅人が聞けます。

このテロップは「クラシック」用に後付されたものだと思われるが、「水曜どうでしょう」本編内で、「1/6の夢旅人」が使われたのは、この回が初めてである。ちょうど、信濃大町から伊勢へレンタカーで移動するシーンでBGMとしてワンコーラス使われているのだが、映像と音楽がうまくハマっていて、何度も見返してしまう。

改めて「サイコロ4」第3夜を見ると、のちの企画への「ネタフリ」が見られる。レンタカーで伊勢に向かうシーンで、深夜バス「はかた号」と併走するのだが、どうでしょう班はこんなことを言っている。

「いやーかわいそう」「やだやだ」「乗りたくないねえ」「何の目を出して博多に連れてかれてんるんでしょうね?彼らは」「あとひと晩あるけどもあれはやめようや」「あれはやっぱ人間の乗るもんじゃない」「あれはやっぱり人間どんどんダメになってくよ」「ゲンが悪いよ」「早いねー」「なぜそう自ら死に急ぐのかなあ?」

もちろんこの時点で彼らは、後に「はかた号」に自らやられてしまうことを知らないのだが、彼らのやり取りは「ネタフリ」にしか聞こえない。

久しぶりに見る「サイコロ4」、かなり見応えのある企画だ。
来週はいよいよ東北へ。今週の「赤福」に続いて、「黄緑色のにくいヤツ」が登場、2週連続「ミスター生き地獄」である。

|

« アピーリング10月号を購入する | トップページ | 「青函連絡船」復活!? »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。