« 呑気で行きたい!生きたい! | トップページ | さよなら、六プリ »

2006.11.03

日帰りびわ湖一周の旅

3連休初日、朝から良い天気ということもあり、どこかに出かけようと思い立った。特にどこに行こうという計画もなく、とりあえず時刻表片手に電車に乗り、時刻表を繰りながら行き先を考えた。

乗車した電車は、たまたま新快速の敦賀行きであった。このまま乗車し続けて、敦賀に行くのも面白いなあ・・・と思っていたのだが、京都についた時点でそのプランは取りやめになった。

というのも、京都まで12両で運転していた新快速が、後ろ8両が京都止まりで切り離し、前4両が敦賀行きになるというのである。後ろの車両に乗っていたので、ホームに下りて前の車両に向かったのだが、車内は通勤ラッシュ並みの混雑。こんな状況で乗車する気にはならない。

満員の4両の新快速を見送り、次にやってきた普通電車で東海道線を東へ向かう。そこでさらに時刻表を眺めて、ふと思いついた。

「北陸線から敦賀に行って、湖西線で戻ってびわ湖一周してみるか」

ただ、今乗車している普通は野洲行き。草津で乗り換えなければならない。この後に来る新快速に乗って、近江塩津まで行って、そこで敦賀行きに乗り換えて・・・いや、待てよ?あまりにも普通すぎるなあ・・・そのときまた別のプランを思いついたのでそれを実行することにした。

草津で電車を降り、向かったのは草津線ホーム。柘植行きの普通電車に乗り込む。途中、今話題の新幹線予定地などを見ながら、貴生川に到着。

F1000005 ここから乗車するのは「近江鉄道」である。土・日・祝日には大人550円で全線乗り放題のフリーきっぷが発売されている。こちらを購入して、まずは八日市行きの電車に乗り込む。

2両編成、車内は転換クロスシートで、大きな窓、旅をするには最適の車両である。約20分ほどで、八日市に到着。ここで、近江八幡行きの電車に乗り換える。

18分ほどで近江八幡に到着すると、向かい側のホームから八日市行きの電車がすぐに発車。次の八日市行きまでは30分以上あるので、一旦駅を出て、軽く昼食を取る。

F1000009 駅に戻ってしばらくすると、折り返し八日市行きになる電車が到着。ボディーにはエレベーターメーカーであるフジテックの広告が入っている。そういえば、近江鉄道線沿いに事業所があり、「フジテック前」という駅もある。
この「フジテック」電車で、八日市へ戻り、米原行きの電車に乗り換える。

F1000012 F1000015電車の速度と揺れ具合、そこに差し込む日差しの心地よさで、かなり眠たくなってくる。気がつけば乗り換えるべき駅を過ぎていたので、あわてて、彦根で降りる。
ちょうど、向かいのホームに止まっていたのが、乗ろうと思っていた多賀大社前行きの電車だったので、乗り込むとすぐに発車。今来た線路を戻り、高宮から別の路線に入り、多賀大社前に到着。 駅前には大鳥居が立っている。

折り返しの電車は米原行き。米原に到着したのは15時半を回っていた。ここから、先月電化方式が交流から直流に変わり、新快速電車が直通するようになった北陸線を北上していく。

F1000020_1 到着した新快速は、12両編成。ただ、ここで後ろ8両を切り離し、近江塩津まで行くのは4両だけである。

車内は、朝京都駅で見た状況とは違い、乗客は多いものの、立っている人はあまりいない。何とか座席を確保して、出発。

途中の駅は、新快速の直通運転にあわせて改装されていて、以前の寂しい無人駅の雰囲気はない。特に長浜から先の駅は、待望の新快速直通ということもあるのだろう。降りるお客も結構多い。びわ湖方面にゆっくりと日が落ちていくのを見ながら終点の近江塩津に到着。

F1000025近江塩津では、30分以上の待ち合わせ。日も落ちてきて、寒さが身にしみるホームで待つことしばし、湖西線経由でやってきた4両編成の新快速に乗車。終点の敦賀につく頃には外はもう真っ暗であった。

折り返し京都行きとなる電車に乗り込み、今度は湖西線経由で京都へ向かう。先ほどとは逆の方向からびわ湖を見る形になるのだが、外はもう真っ暗で何も見えない。

京都からは、混んでいるであろう新快速を避けて、快速電車でゆっくりと帰宅の途についた。

1日かけて琵琶湖の周りを電車で一周する今回の旅、なかなか乗りごたえのある旅であった。

|

« 呑気で行きたい!生きたい! | トップページ | さよなら、六プリ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。