« マナーを守って楽しく乗ろう! | トップページ | おサイフケータイdeチェックイン »

2006.11.26

超広角レンズを使ってみる

先日記事にした北海道への旅では、いつもの携帯電話についているカメラに加えて、直前に衝動買いしたデジタルカメラ「Finepix V30」と、もう1台、以前から所有していた一眼レフカメラ「PENTAX MZ-50」を持っていった。

このMZ-50には、購入したときにつけた28-80mmのレンズがついていたのだが、今回旅に出るにあたり、新しいレンズをつけてみた。

Tokinaの19-35mmの超広角レンズ「AF193」である(写真は楽天のショップへリンク)。

以前から超広角レンズへの憧れはあり、本当はデジカメを買うときに最低でも28mmから撮影できるものを購入するつもりだったのだが、普通のデジカメを買ってしまったので、代わりに一眼レフの方に超広角レンズをつけることにしたのである。

実際、北海道では天気も良くなくあまり撮影することが出来なかったため、フィルムを使い切れないまま放置していたのだが、この23日・25日の祝・土を使って、近場をうろうろしたときにいろいろと撮影し、フィルムを使い切ることが出来たので、早速今日現像に出してプリントしてみた。その写真を何点かUPしてみる。

ただし、本来であればスキャナで取り込んでUPするべきなのだが、手元のスキャナの調子が良くなかったので、プリントをデジカメで撮影したものをUPしているので画質は気にしないでいただきたい。

2006_1126hokkaidowide0004

JR北海道の小樽駅のコンコース。高い天井と壁面のランプが特徴的である。

2006_1126hokkaidowide0005

こちらは、有名な小樽運河の夕景。左上の光は、デジカメで撮影したときに映りこんだ家の照明である(苦笑)。フラッシュをたかずに手持ちで撮影したのだが、割とうまく撮れたと思う。

2006_1126hokkaidowide0006_1

こちらはおなじみ平岸高台公園。いつもとは違って、高いところから撮影してみた。こちらから撮影されていた前枠・後枠もあったように記憶している。

2006_1126hokkaidowide0008_1

そして、こちらがいつもの見慣れた下からの風景。年内にここで枠撮りが行われるはずである。

2006_1126hokkaidowide0009

こちらは、先日乗車した近鉄特急「さくらライナー」の写真。同じ位置からデジカメで撮影したものと比べると、19mmのすごさが良く分かる。

デジカメで撮影したのがこちら。

2006_1125kansai3day0015

運転席部分しか撮影できていない。

このレンズを買うときに店員が「このレンズ使えますよ!」と言っていたのだが、本当に「使えるレンズ」である。値段もかなり安くなっており、1万円台前半で購入できる。これからの旅のお供には欠かせない存在になりそうである。

|

« マナーを守って楽しく乗ろう! | トップページ | おサイフケータイdeチェックイン »

物欲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。