« 桜島 | トップページ | 宮崎といえばやっぱり「チキン南蛮」! »

2007.02.10

JR九州スタンプラリーの旅(1)

それでは、今回の旅について少しずつ書いていくことにする。

2月の3連休にどこかに行こうと計画を具体化し始めたのはつい1週間ほど前である。気になっていたのはJR九州の「スタンプラリー20」である。ちょうど、JR九州の完全乗車も南九州の一部を残すのみとなっていたので、ついでにそれも果たしてこようと思ったのである。

今回のスタンプラリー用に便利な切符として発売されている「九州特急フリーきっぷ」を使うことも考えたのだが、今回の南九州完乗をメインで考えると、金額的にあまりメリットがないと判断、今回は「周遊きっぷ」を利用することにした。

8日に旅行代理店で周遊きっぷを購入し、翌9日会社帰りにそのまま新幹線に乗車し、まずは小倉に到着。ここからまずは、この列車に乗り込む。

2007_0210kyushu0046
「ドリームにちりん」である。本当は、小倉駅から指定席を取りたかったのだが、あいにく満席だったため、途中の中津駅から「グリーン席」を確保、中津までは自由席で移動となった。

早めに並んでいたおかげで、無事に座席を確保でき、まずは中津まで。中津からグリーン車に移動して、一息つく。

途中、大分駅では約2時間の停車時間。車内にいても仕方ないので、駅前のネットカフェで時間をつぶす。

再び乗り込み、終点の宮崎空港駅で下車。

2007_0210kyushu0005
折り返しの列車まで1時間半くらい待たねばならないので、ここはバスを使って宮崎駅まで戻る。バスの到着がぎりぎりになったので、ダッシュでホームに駆け上がり、止まっていた列車に乗り込んで座ったとたんに扉が閉まった・・・何とか乗り継ぎ成功である。


乗り継いだ列車は特急「きりしま」。

2007_0210kyushu0006
途中、霧島神宮駅で下車。ここには、「スタンプラリー20」のスタンプが設置されている。まずは、この駅で最初のスタンプを押印(記事はこちら)。次にやってきた普通列車で鹿児島中央駅へ向かう。

ここからは、昨年末の旅で訪れた場所への再訪となる。特別快速「なのはなDX」に乗車。

2007_0210kyushu0014
この列車の終点・指宿駅も「スタンプラリー20」のスタンプ設置駅である。ここで2つ目のスタンプを押印(記事はこちら)。

そして、前回の旅で建物の前まで行ったにもかかわらず時間の都合で入ることの出来なかった、砂むし会館「砂楽」へ。
料金を払い、浴衣に着替えて海岸へ下りていく。

2007_0210kyushu0058
写真の奥の暗くなっているところに砂むし場がある。砂の上に寝転び、砂をどんどん掛けられる。背中のほうからじんわりと暖かさが広がってくる。聞こえてくるのは、波の音と砂をかけるシャベルの音だけ。のんびりとした時間が流れ、気持ちがどんどんリラックスしていくのが分かる。

約10分ほどで起き上がってみると、全身から汗が流れていて、確かに心地よい。その後、普通の温泉の湯船に使ってさっぱりした後、再び指宿駅へと向かう。

特別快速「なのはなDX」に再び乗車し、鹿児島中央駅へ。ここから、今日の宿を取っている宮崎へ向かう。乗車したのは、先ほども乗車した特急「きりしま」である。

2007_0210kyushu0060
途中、桜島の景色を眺めながら、疲れも出てきたこともあり、ほぼ終点の宮崎到着まで熟睡。宮崎駅到着後、徒歩10分ほどの宿へ向かって歩いた。

明日は、早朝より移動開始である。

|

« 桜島 | トップページ | 宮崎といえばやっぱり「チキン南蛮」! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜島 | トップページ | 宮崎といえばやっぱり「チキン南蛮」! »