« JR九州スタンプラリーの旅(2) | トップページ | あの「書体」がグレードアップ! »

2007.02.14

JR九州スタンプラリーの旅(3)

今回の旅最終日の朝、6時前にはホテルをチェックアウトし、特急「きりしま」に乗り込み、都城へ向かう。

2007_0212kyushu0008
都城から、肥薩線の吉松までを結ぶ吉都線。これが、JR九州完全乗車最後の路線となる。都城から約1時間半で、吉松に到着。これで、JR九州全路線完全乗車である。

2007_0212kyushu0010

これで、今回の旅の一つの目的は達成できた。あとはひたすらスタンプを集めることになる。まずは、肥薩線で霧島温泉へ。ここで、特急「はやとの風邪」を捕まえる。

2007_0212kyushu0013

そして、無事に四つ目のスタンプを押印(記事はこちら)。再び吉松に戻り、待つことしばし、「しんぺい」に乗車する。

2007_0212kyushu0018

「いさぶろう・しんぺい」に乗車するのはもう3、4回目になるのだが、指定席に乗ったのは今回が初めてであった。こちらで、五つ目のスタンプを押印(記事はこちら)。
日本三大車窓の一つである、矢岳越えの車窓を眺めながら、終点の人吉へ向かう。

2007_0212kyushu0019


人吉からは、すぐの連絡で「九州横断特急」に乗車。こちらで六つ目のスタンプを押印(記事はこちら)。

球磨川沿いに下り、八代を過ぎたところで車内販売の方がお寿司を持ってくる。実は、お昼ごはんに駅弁を買おうと思っていたのだが、人吉の駅では買えなかったので、車内販売で購入すべく訪ねたところ、ちょうど直前で売切れてしまった。仕方なく諦めていたところ、八代で新たに積み込みをするとのことだったので、お願いをしていたのである。購入したのはこちら。

2007_0212kyushu0039

「このしろ寿司」である。

2007_0212kyushu0040

中を開くと、銀色に輝くこのしろが目に飛び込んでくる。味はもちろん、量もちょうどよいくらいで、満足のいく遅めの昼食となった。

熊本からは豊肥本線に入り、立野の三段スイッチバックを超えて、阿蘇で下車。ここで、七つ目のスタンプを押印(記事はこちら)。

ここで、「あそ1962」を捕まえる。こちらで八つ目のスタンプを押印し(記事はこちら)、熊本まで乗車。今回の旅では、合計8つのスタンプを押すことが出来た。残りは12である。

熊本からは、リレーつばめ、ソニックを乗り継ぎ、小倉からのぞみに乗って帰宅となった。

最初に立てていた予定では、もう少しゆったり行くつもりが、現地でいろいろと思いつき、結局早朝から夜遅くまで移動し続ける結果となってしまった(いつものパターン)。

残りのスタンプ12をコンプリートする計画もこれからたてていかねばならない。最短で2日あれば全部回れそうなのだが、そうすると本当に早朝から深夜まで移動し続けになってしまうので、さすがにそれはやめておきたい。期間は7月16日まであるので、じっくりとコンプリートを目指していければと思っている。

|

« JR九州スタンプラリーの旅(2) | トップページ | あの「書体」がグレードアップ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JR九州スタンプラリーの旅(2) | トップページ | あの「書体」がグレードアップ! »