« あのSLが復活へ! | トップページ | JR北海道の20周年企画は「日本一周早回り12日間」 »

2007.03.01

20年前に欲しかった!「ラジオサーバー」

最近はあまり聞く機会がなくなってしまったラジオ。中高生のころは、毎晩のように聴いていたものである。同録したカセットテープも100本どころでは済まない数を持っていたように思う。

しかし、カセットテープはかさばるし、必ず劣化していく。もちろん、MDにダビングしたりPCに取り込んだりすればいいのだが、手間がかかるのでなかなか手をつけにくい。

最初からデジタルデータで保存できれば・・・そんなことが簡単にできるものが発売される。

オリンパス、ラジオ番組を最大2500時間録音できる「ラジオサーバー」(デジタルARENA)

このラジオサーバー、37GBのHDDにステレオスピーカーとAM/FMチューナーを搭載している。さらに、タイマー録音が可能でWMA形式で保存されるという。予約は20件、放送局のメモリーも20局登録でき、録音したデータは録音日時や放送局での検索が可能だという。

録音時間は長時間モードで最大2500時間、高音質モードでも約625時間というから、例えば2時間の生ワイド帯番組(月~金)を録音したとすれば、1250日分(長時間モード)・・・5年間くらいは保存できることになるのだろうか。もしカセットテープだったら、保存するのにどれだけのスペースが必要になるか、考えただけでも恐ろしい。

こんな機械が20年前にあったら・・・番組を片っ端から録音しまくっていたに違いない。

参考:オリンパスイメージング(発売元)http://olympus-imaging.jp/

|

« あのSLが復活へ! | トップページ | JR北海道の20周年企画は「日本一周早回り12日間」 »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あのSLが復活へ! | トップページ | JR北海道の20周年企画は「日本一周早回り12日間」 »