« ふらっと長野の旅(2) | トップページ | 桃鉄&銚子電鉄のコラボ再び »

2007.04.24

旅の帰り道に「寄り道」をする

さて、長野の旅からの帰り道、名古屋に着いたのがちょうどお昼時だったので、昼食を名古屋でとろうと思い立ち、途中下車した。

先日名古屋に来たときには、味噌かつと煮込みうどんを食べたので、別の名物を食べてみたい。というわけで、地下鉄を乗り継ぎ、駅から歩くこと数分、その店の前に到着した。

2007042122naganonagoya0070 2007042122naganonagoya0090_2

「ひつまぶし」の登録商標を持つ「あつた蓬莱軒」の本店「蓬莱陣屋」である。店の前には多くの人がいて、駐車場に入ろうとする車がズラッと並んでいる。

中に入ってみると、店の人が受付をしていたので、聞いてみると30分待ちとのこと。せっかくきたので名前を告げて、待つことにする。

周りにはコンビニ等もなく、所在無く店の近くで待つこと30分、店の玄関先に行ってみるとちょうど名前を呼ばれたので、店内に入る。

靴を脱いで、2階の座敷に通される。注文をしてからさらに待つこと30分、ようやくご対面である。2007042122naganonagoya0077_2

「ひつまぶし」税込み2,520円である。では早速いただくことに。まずはお櫃の中のうなぎとご飯を4等分する。
一膳目は、そのまま。2007042122naganonagoya0080_1280x960

二膳目は、ネギ・きざみ海苔・わさびで。2007042122naganonagoya0082_1280x960

三膳目は、だしをかけて「茶漬け」で。

2007042122naganonagoya0087_1280x960最後の一膳は、半分薬味のみ、半分茶漬けでいただいた。

食べるまでに1時間も待ったわけだが、その価値は十二分にあった。味はもちろん、量的にも大満足であった。
満腹の状態で店を出て、そのあとはすぐに名古屋駅に戻り、帰宅の途へ着いた。
帰宅した時間は遅くなったが、この「寄り道」は価値ある「寄り道」であった。またぜひ「ひつまぶし」を食べに行きたいと思う。

|

« ふらっと長野の旅(2) | トップページ | 桃鉄&銚子電鉄のコラボ再び »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふらっと長野の旅(2) | トップページ | 桃鉄&銚子電鉄のコラボ再び »