« 大人向け(?)「おもちゃ電車」登場! | トップページ | 旅に出たくなる(?)新グッズ »

2007.04.04

「キヨスク」から「キオスク」へ(東日本だけ)

JRの駅構内にある売店といえば、「キヨスク」である。アニメ「ちびまる子ちゃん」のオープニング曲である「踊るポンポコリン」の歌詞にも登場し、知らない人はまずいないだろう。
そんな「キヨスク」の名前が変わるらしい。

「キオスク」と呼んで!ただし東日本だけ(Yahoo!ニュース-読売新聞-)

<JR東日本>「キヨスク」を「キオスク」に変更へ(Yahoo!ニュース-毎日新聞-)

記事によれば、JR東日本の売店を運営する「東日本キヨスク」という会社が、7月から社名変更(JR東日本リテールネット)するのにあわせて、駅売店の「キヨスク」を「キオスク」に変更するとのこと。

もともとトルコ語で「あずま屋」を意味する「KIOSK」という言葉が由来で、「気安く」「清く」という意味を込めて「キヨスク」と名づけられたのだが、「KIOSK」をローマ字読みすると「キオスク」となり、読み方が混同されていることから、「キオスク」にするということのようである。

最近では駅構内の売店もコンビニが増えていて、上で紹介した毎日新聞の記事によれば、東日本キヨスクの売上高のうち、2006年度のキヨスクの売り上げは34%。一方で駅で展開しているコンビニ「ニューデイズ」の売り上げは35%となっており、今後はコンビニ形店舗に転換を進めていくそうである。

確かに、JR西日本でも駅ホームの売店が、中に入って商品を手にとってレジに持っていくコンビニスタイルのものが増えてきている。商品の点数もこちらの方が多い。

だが、朝の時間がないときに、いちいちレジに並んで商品を買うというのは、なかなか大変である。これまでのキヨスク型店舗も、残っていくことは間違いないだろう。

なお、他のJR各社では名称変更の予定は今のところないそうである。

|

« 大人向け(?)「おもちゃ電車」登場! | トップページ | 旅に出たくなる(?)新グッズ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大人向け(?)「おもちゃ電車」登場! | トップページ | 旅に出たくなる(?)新グッズ »