« ついにテレビ朝日で新作放送決定・・・ | トップページ | DMV・今度は九州へ »

2007.05.16

東名阪がIC乗車券で移動可能に(条件付)

来年春、JR本州3社のIC乗車券を利用する方にとっては、便利さが増すことになる。

IC乗車券で都市間の移動がもっと便利に!(JR西日本)

JR東日本の「Suica」とJR西日本の「ICOCA」は、すでに相互利用できるようになっているが、これにくわえてJR東海の「TOICA」が、平成20年3月より相互利用できるようになるとのこと。

ただし、注意しなければならないのは、それぞれのIC乗車券エリアをまたがっての利用はできない。
例えば、ICOCAで、大阪駅から乗車し、東海道線を経由して名古屋駅で降りるとか、TOICAで静岡駅から乗車し、東海道線を経由して東京駅で降りるといったことは出来ない。各社とも、すべての路線でIC乗車券が利用できるわけではないので、これは仕方のないところであろう。

しかし、JR東海とJR西日本が共同で提供している会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員に新たに発行する「エクスプレスICカード」を利用すると、東海道新幹線と、各社のIC乗車券利用エリアがシームレスで使えるという。

特に、TOICA機能付の「エクスプレスICカード」や「エクスプレス予約ICサービス」を利用できる「モバイルSuica」では、1枚(1台)で東海道新幹線とSuica・TOICA・ICOCAの各エリアの在来線がシームレスで使えるというから、これはかなり便利である。

ちなみに、ICOCAの場合は別途発行される「エクスプレスICカード」と「ICOCA」の2枚を重ねて新幹線乗換改札機にタッチすることで、東海道新幹線とSuica・TOICA・ICOCAの各エリアの在来線がシームレスに利用できるとのこと。ちょっと面倒である。

また、「モバイルSuica」ではJR東日本の新幹線をチケットレスで利用できる「「モバイルSuica特急券」のサービスが導入される。これを使えば、東海道・東北・上越・秋田・山形・長野の各新幹線とSuica・TOICA・ICOCAの在来線が使える最強のIC乗車券となる。

後は、北海道・四国・九州のJR各社がIC乗車券を導入し、さらに各社路線でのIC乗車券利用エリアを拡大し、最終的にはIC乗車券ひとつですべてのJR線、さらには他の民鉄も含めて利用できることになれば、これほど便利なことはない。ただ、そうなると今以上に気軽に旅に出てしまいそうで、ちょっと怖い気もするのだが(苦笑)。

|

« ついにテレビ朝日で新作放送決定・・・ | トップページ | DMV・今度は九州へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついにテレビ朝日で新作放送決定・・・ | トップページ | DMV・今度は九州へ »