« 「祝!アニメ化 鉄子の旅 出発進行スペシャル」を見る | トップページ | ちょっと日帰り岡山の旅 »

2007.05.28

電子マネーも相互利用進む

ICカード乗車券の相互利用は、ずいぶんと普及しているが、「電子マネー」部分での相互利用は今のところ出来ない。ICOCAで、JR東日本のコンビニで買い物することは出来ない。

しかし、これもついに相互利用が出来るようになるそうである。

「Suica」と「ICOCA」、電子マネーも相互利用へ(Business Media 誠)

記事によれば、来年3月をめどに、JR東日本が発行する「Suica」とJR西日本が発行する「ICOCA」の電子マネーの相互利用を開始することで両者が合意したとのこと。

鉄道会社に限らず、流通でもさまざまな電子マネーが登場し、それぞれが相互利用できないと、カード(あるいは携帯内のアプリ)ばかりが増えて、不便この上ない。出来るだけ少ないカードでたくさんの場所で使えるほうがよいのは当然である。

これに関連してこんなニュースも見つけた。

他社電子マネーも使えます──流通各社、共通端末で囲い込み本格化(ITmedia News)

こちらの記事では、イオンが自社発行の電子マネー「ワオン」のほかに、Suica、Pasmo、iDの4種類の電子マネーを読み取れる共通端末を導入したことや、5月28日より全国のセブンイレブンで利用できるようになった「nanaco」を発行するセブン&ワイでは、この夏からJCBのクイックペイが利用できるようになるほか、その他の電子マネーも使えるような共通端末を導入しているそうである。

また、ファミリーマートが7月からエディとiDに全国の店舗で対応(首都圏ではSuicaにも対応済み)、ローソンは8月下旬からiD、クイックペイ、edyに対応するという。そういえば、先日乗車した「メガドリーム号」の休憩場所である足柄SAにあるローソンではすでにedyが使えた。

ただ、携帯電話に複数の電子マネーアプリが入っている場合は、どの電子マネーで決済するかをレジ側で指定しないといけないそうで、電子マネーの特徴である決済スピードの速さが損なわれるという意見もあるようだが、それでも財布の中から小銭を探す時間を考えれば十分早いだろうし、出来るだけ現金をレジの中に置かないことで、犯罪を防止することも出来る。

いずれにせよ、利用者にとって複雑にならないような形で、普及を図ってほしいものである。

|

« 「祝!アニメ化 鉄子の旅 出発進行スペシャル」を見る | トップページ | ちょっと日帰り岡山の旅 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「祝!アニメ化 鉄子の旅 出発進行スペシャル」を見る | トップページ | ちょっと日帰り岡山の旅 »