« 「どこでもテレビ」を手に入れる | トップページ | 自宅で出来る「JR・私鉄全駅制覇」 »

2007.06.17

三岐鉄道に乗ってみる

朝起きたらとてもいい天気だったので、ちょっと出かけてみた。

電車を乗り継いで、たどり着いたのは近鉄富田駅。ここから三岐鉄道三岐線に乗車してみる。

2007_0617sangi_railway0008

いったん改札を出て購入した切符は硬券である。改札鋏ではなく、スタンプ押印なのが残念。

再びホームに戻り、停車中の3両編成の電車に乗り込む。

2007_0617sangi_railway0001

 

もともと、セメントの原料を運び出すために作られた鉄道ということもあって、貨物車両や電気機関車をたくさん見ることが出来る。

2007_0617sangi_railway0016

2007_0617sangi_railway0017

終点の西藤原駅は、駅舎がSLの形になっている。

2007_0617sangi_railway0040

駅構内には、SLの模型や三岐鉄道のジオラマが展示されている。

2007_0617sangi_railway0027

2007_0617sangi_railway0029

そして、ホームには、過去に使われていた機関車が展示保存されている。

2007_0617sangi_railway0019

2007_0617sangi_railway0020

2007_0617sangi_railway0023

また、駅前には「ウィステリア鉄道」という施設があり、ミニSLやミニ新幹線に「無料」で乗車することが出来る。

2007_0617sangi_railway0032

銀河ステーションという建物の中にも鉄道模型のほかに、表示盤やタブレット閉塞機などが展示されている。

2007_0617sangi_railway0034

2007_0617sangi_railway0035

2007_0617sangi_railway0036

折り返しの電車に乗って、近鉄と見た駅まで戻り、今度は桑名駅へ向かう。
駅から歩いて少しいったところに、三岐鉄道のもうひとつの路線、北勢線の西桑名駅がある。

2007_0617sangi_railway0054

以前は近鉄の路線だったのだが、赤字のため廃線の意向が出たため、2003年に地元自治体が支援して三岐鉄道の路線となった。

車両は、線路の幅が762mmと非常に狭い(ナローゲージと呼ばれている)ため、小さい。

2007_0617sangi_railway0055

どこかおもちゃの電車のようにも見える。車内ももちろんこじんまりとしている。

2007_0617sangi_railway0057

途中には「大泉」駅もある。

2007_0617sangi_railway0060_1

終点の阿下喜駅の隣には、なにやらミニ鉄道らしきものが見える。

2007_0617sangi_railway0064

駅を降りてしっかり見ればよかったのだが、折り返しの電車を逃すと、帰りの時間がかなり遅くなってしまうので、泣く泣く断念。再び西桑名駅へ戻った。

桑名からは、JRに乗車。快速みえと新幹線を乗り継いで帰宅の途についた。
さすがに、先日の「鉄子の旅ツアー」のように「全駅乗下車」は無理だが、これで三岐鉄道も完乗・・・ということは、三重県の鉄道はすべて乗車したことになる。

これで近畿圏の鉄道はほぼ乗りつくしたような気がするのだが・・・まだ「和歌山電鉄」には乗車できていない。南海電鉄時代には乗車したことがあるのだが、やはり経営主体も変わっているので、もう一度乗車しなければならないと思っている。

|

« 「どこでもテレビ」を手に入れる | トップページ | 自宅で出来る「JR・私鉄全駅制覇」 »

地方交通」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「どこでもテレビ」を手に入れる | トップページ | 自宅で出来る「JR・私鉄全駅制覇」 »