« JR九州20周年スタンプラリーの旅(完結編) | トップページ | 航空券が消える? »

2007.07.09

「ホビスタ」に行ってみる

モブログでもUPしたが、先日の九州行きの前に尼崎の「ホビスタ」に行ってみた。
店内は写真撮影禁止かと思っていたのだが、中央にある巨大ジオラマ(レイアウト)だけは撮影可だったので、いろいろと撮ってみた。

20070630_hobbista0010_1

20070630_hobbista0008

模型を運転できる「運転台」は2箇所設置されている。実際の鉄道車両に使われているものを改造したとあって、かなりリアルな運転が楽しめるものと思われる。

20070630_hobbista0011

こちらは神戸の町並みを再現したもの。ポートタワーがホントよく出来ている。

20070630_hobbista0021

タワーといえば忘れてならない大阪の通天閣ももちろんある。後ろには、HEPナビオの観覧車も見える。

20070630_hobbista0022

当然、京都タワーもある。タワーの奥に見えているのは・・・

20070630_hobbista0016

梅小路蒸気機関車館である。そしてその後ろには・・・

20070630_hobbista0019

金閣寺があり、さらにその後ろには・・・

20070630_hobbista0018

銀閣寺もある。その左手には、叡山電鉄のレイアウトもあるのだが、うまく撮影できなかった。

20070630_hobbista0024

懐かしい京阪京津線の路面区間も再現されている。

20070630_hobbista0014

情景は、一定の時間で昼と夜が再現されるようになっており、夜には建物の照明が付くようになっている。左奥の青い建物が梅田スカイビル、手前中央は中ノ島公会堂、右奥は大阪城である。

20070630_hobbista0020

海遊館と天保山の大観覧車も再現されており、観覧車はぐるぐると回り続けている。

20070630_hobbista0026

天井には星空が現れ、流れ星も流れるようになっている。

現在完成しているのは、京阪神の情景部分のみで、他の部分は随時製作されていき、「広島」「名古屋」エリアが9月ごろ、「富山・立山」「山陰・出雲」エリアが11月ごろ完成するとのこと。行く度に完成度を増していくレイアウトも、ここホビスタの魅力となりそうである。

なお、周りの店舗は撮影できなかったのだが、ジオラマショップ「だいおらま」さんには、40万円もする東京駅の模型や、小型のレイアウトなど、見ているだけでもかなり楽しめるものが商品として並べられていたし、トレインカフェ &ダイニングバー「銀座パノラマ」では、店の中央に模型を走らせるスペースが設置されていた。

30~40分くらい滞在していたのだが、全く飽きることはなかった。また機会を見てぜひとも訪れたい場所である。

参考:ホビスタHP

|

« JR九州20周年スタンプラリーの旅(完結編) | トップページ | 航空券が消える? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JR九州20周年スタンプラリーの旅(完結編) | トップページ | 航空券が消える? »