« 意外と近くにある「機械遺産」 | トップページ | 重い決断 »

2007.08.09

どうでしょうの「お詫び」について

もうあらゆるところで書かれているので、今さらという感じもするが、やはり「どうラー」としては何か書いておかねばならないだろう。

水曜どうでしょうの企画の中でも、高い人気を誇る名企画「原付西日本制覇」。
ミスターどうでしょう・鈴井貴之さんが、映画「マンホール」を撮るために半 年間番組が休みに入る、その直前の企画である。各地での「対決」は、後の名企画「対決列島」の原点でもあるし、各地での「積荷」は、バックショットオン リーの映像を楽しませてくれた。

そんな積荷のひとつが「鳥取砂丘の砂」であった。砂の重みで明らかにへこむカブの後輪タイヤ、その映像は今でも覚えている。

その「鳥取砂丘」の砂を持ち帰ることは「自然保護法」に違反している・・・そんな指摘を受けたのは、番組のロケから7年以上も経った後。それまでに、「水 曜どうでしょう」本放送、「どうでしょうリターンズ」、そして今回の「水曜どうでしょうクラシック」と3回も放送されているのに、誰もこの「法律違反」に 気づかなかったのである。

もし、「水曜どうでしょう」がここまで全国区の人気になっていなければ、鳥取で放送されることもなかっただろうし、恐らく今回の件も誰も気がつかないままだっただろう。

また、この「自然保護法」や「鳥取砂丘の砂を持ち帰ると法律違反」という事実を、いったいどれだけの人が認知していたのだろうか。そのことを知っている人が、「どうでしょう」を見て、「違反行為」だと気づいて、指摘する・・・変な言い方だが、「どうでしょう」が幅広い視聴者に見られる番組になったことを表す出来事なのかもしれない。

HTBの対応(コメント 発表および放送・番組販売の停止)も迅速であったし、オフィスキューのHPでは、鈴井さんと大泉洋さんの連盟によるコメントが「社長室」に掲載されているので、これ以上話が難しい方向に行くことはないと思いたい。

参考記事:
HTB「水曜どうでしょう」 7年前、鳥取砂丘で砂を違法採取 地元放送で発覚(北海道新聞)
7年ぶりに違法行為発覚!「水曜どうでしょう」が鳥取砂丘でルール違反(Yahoo!ニュース-産経新聞-)

|

« 意外と近くにある「機械遺産」 | トップページ | 重い決断 »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

 どうもお久しぶりです。

 一報を道新で読んで愕然としました。
 違法発覚と報じられているけど、ホームページで白状しているし、全国でも最低一回は放映されたシーンで誰も指摘しなかったというのは発覚以前の問題じゃないかと。

 事実上の放映封印(幸い?にも先月ラスト・ランが放映された)で事態収拾してくれるのは望みます。

 ただ、どうしても、こんな解決法しかなかったのかという想いが拭えません。

 まるで三十余年前、何度も再放送されていたのに、雑誌付録がきっかけで大騒動となり、結果封印されてしまった某番組某話。
 それ以降、何か問題が起きたら<臭い物に蓋>するように迅速に封印決定してしまう風潮と慣れてしまって反論しない状況。


 七月二十日にうれしーが書いていた日記が現実味を帯びたような気がしたのは当方だけでしょうか。

 せめて。DVDは発売して欲しい。反面教師として。
 予約特典は自然保護法全文のコピーでいいから。
 偽らざる本音です。
 それでは。

投稿: ZAP01533 | 2007.08.10 00:15

ZAP01533様
コメントありがとうございます。

今回のHTBの対応についてですが、鳥取県が環境省へ報告するというアクションを起こそうとしている中では、こうせざるを得なかったのではないかと思います。
今後その報告を受けた環境省が、どのような判断をするのか次第で、HTBがどのように対応するのか・・・「放送・番組販売の停止」から、別の対策を打ち出すことが出来るか、そこにも注目したいと思います。

投稿: K_S | 2007.08.10 06:22

これまでの視聴者全員が気付かなかったとは思えません。番組ファンということもあって,気付いても指摘しなかったんでしょう。
「「どうでしょう」が幅広い視聴者に見られる番組になったことを表す出来事」私もまさにそういうことなんだろうと思っています。
砂は現状復帰が原則だそうですね。視聴者プレゼントを受け取った人がまた砂丘に帰してくれたらどうでしょうらしいんだけどな,と勝手に思っています。

投稿: ゆみぞう | 2007.08.10 12:51

ゆみぞう様
コメントありがとうございます。

確かにその「事実」に気づいていた視聴者はいたでしょうね。ただ、番組ファンの立場からすれば、なかなか指摘するという行為まで至るのは難しいというのも事実でしょうね。

視聴者プレゼントの「砂」を帰しに行く人、実際に出てきそうな気もします。あるいは、鳥取市役所に送付する人が出てくるかもしれませんね。

投稿: K_S | 2007.08.10 13:13

初めてコメントします。今後この事件がどのようになるか
いささか心配してはいます。
たかが砂されど自然保護法に抵触する。
私も鳥取の砂を持って帰るのは違法とは知りませんでした。

何せここに来た観光客の大半は鳥取砂丘を歩いてますしその時
故意ではないにしろ多かれ少なかれ砂はついてます。それでも持って帰ったら違法だと思います。
鳥取県は私は行ったことがないので反論があるかと思いますが
砂を持って帰ることを違法と終始徹底して呼びかけていたのか
不明です。他の観光地では山野草等の動植物をむやみに狩らな
いように至る所に看板とか出ています。そういう物があったのか
疑問です。

 

投稿: えぼちゅう | 2007.08.22 02:16

えぼちゅう様
コメントありがとうございます。
とりあえず、どうでしょうの公式BBSで藤村Dが、
「詳細については、いろんなことがハッキリしてから、たっぷりお話します。」
とおっしゃっているので、その報告を待ちたいところですね。

私自身は鳥取には何度か行ったことがありますが、残念ながら砂丘までは足を伸ばしたことがありません。一度は行ってみたいと思っているのですが・・・。

投稿: K_S | 2007.08.22 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意外と近くにある「機械遺産」 | トップページ | 重い決断 »